遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ヒグルミ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

 

Emヒグルミ
ペンデュラム・効果モンスター
星4/炎属性/魔法使い族/攻1000/守1000
【Pスケール:青5/赤5】
「Emヒグルミ」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示の「Em」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。その後、自分は500ダメージを受ける。
【モンスター効果】
①:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから「Emヒグルミ」以外の「Em」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

 

エンタメイジの新しい仲間です。

アークファイブにてデニス・マックフィールドが権現坂戦で使用したカードであり、

権現坂のフィールドに送りつけけて権現坂を悪役に仕立て上げた他、

化けの皮がはがれた卑劣な悪となった際には

邪悪なる召喚法によってエクストラデッキから特殊召喚され

そのままエクシーズ素材になったりとエンタメに戦術に幅広く活躍したカードです。

 

 

エンタメイジとしては初のペンデュラムカードです。

スケールも5とレベル4のペンデュラム召喚をするのに丁度いいスケールです。

このカードのおかげでエンタメイジにペンデュラム召喚を取り入れやすくなるでしょう。

またペンデュラムモンスターとしては攻撃力が1000である事も特徴の1つです。

これはペンデュラム召喚の天敵の1つである奈落の落とし穴に引っかからない攻撃力です。

 

 

ペンデュラム効果は自分フィールドのエンタメイジが破壊された場合に

ペンデュラムゾーンのこのカードを特殊召喚し、

その後500ダメージを受けるというものです。

なんとなくEMファイア・マフライオを意識しているのでは?と感じる効果です。

OCG化の際に500ダメージを受ける効果が追加されています。

一見デメリットが追加されたようにも見えますがエンタメイジには

フレイムイーターやハットトリッカー等ダメージをトリガーにするカードも多く

エンタメイジ向けに調整された結果と言えるでしょう。

墓地にH・C サウザンド・ブレードがあれば同時に2体並ばせる事が出来るので

使い所を見極めれば優秀に働いてくれる効果と言えます。

 

 

モンスター効果はヒグルミが戦闘・効果で破壊された場合に手札からヒグルミ以外の

エンタメイジを特殊召喚できる効果でした、アニメ版では。

なんとOCG化する際にデッキからも特殊召喚できるという超強化です。

能動的に破壊する事でも効果を発動できる為、自主的に効果を使いたい場合は

何かしらヒグルミを破壊できるカードを入れておくといいでしょう。

とりあえず伏せておく壁としても実に優秀です。

 

 

なんというか単純に強いカードです。

【エンタメイジ】や【クラウンブレード】における新たなキーカードになりうる存在です。

特殊召喚するカードはEmトリック・クラウンが筆頭候補になると思いますが

Emスティルツ・シューターを簡単に場に出せる貴重な手段でもあります。

このカードによってスティルツシューターはぐっと使いやすくなったと言えるでしょう。

スティルツシューターを主軸とするバーンデッキを組んでみるのも面白いと思います。

ただ現状ではまだヒグルミ以外にエンタメイジのペンデュラムの情報は出ていません。

ペンデュラム召喚を狙う場合エンタメイジ以外のペンデュラムを用意する必要があります。

アニメではヒグルミ以外のエンタメイジのペンデュラムモンスターも数多く出ていました。

早くそれらのカードの登場が望まれる所ですね。

 

デニス6

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

天空の虹彩

自分フィールドのカードを破壊しつつオッドアイズをサーチできるカードです。

Emヒグルミのモンスター効果を能動的に発動したい場合に役立つ1枚です。

またヒグルミもオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンのサーチに対応している為、

さらにヒグルミを場に出して破壊、サーチするといった事も可能です。

 

 

魔装戦士 ドラゴディウス

【魔装クラウンブレード】というデッキが流行した事からも分かるように

エンタメイジと実に相性のいいペンデュラムモンスターです。

スケールが2でありEmヒグルミと一緒にペンデュラムスケールをセットすれば

レベル3から4のペンデュラム召喚が可能です。

このカードとEmヒグルミのレベルも同じく4であり、

Emヒグルミとペンデュラムスケールをセットする相方としてはピッタリな1枚です。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:レッド・ワイバーン

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッド・ウルフ

シンクロ召喚以外でも使って見る?   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-涙雨のチドリ

ブラックフェザーの高打点担当!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光波分光(サイファー・スペクトラム)

消すと増えます   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCG:「電影の騎士ガイアセイバー」から考えるリンクモンスターの傾向予測、まだ不明瞭な点など

リンク召喚の登場と新マスタールールにおけるエクストラデッキの制限により 遊戯王の環境が激変、各

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:メタモル・クレイ・フォートレス

連続攻撃を決めろ!   今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DI

記事を読む

虹彩の魔術師(こうさいのまじゅつし):遊戯王カード考察

ブレイブアイズがさらに出しやすくなりました   今回紹介するのはペンデュラム・

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:法眼の魔術師

Vジャンプのレジェンダリーコレクション、皆さんは入手できたでしょうか? ホープゼアルは人気出る

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:マジシャン・ガール ” ムービーパック他”

ブラック・マジシャン・ガール     すいませんこの人

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:サモン・ゲート

あ、やっぱり禁止カード行きってそういう扱いなんですね   今回紹介するのはイン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑