遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ヒグルミ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

 

Emヒグルミ
ペンデュラム・効果モンスター
星4/炎属性/魔法使い族/攻1000/守1000
【Pスケール:青5/赤5】
「Emヒグルミ」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示の「Em」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。その後、自分は500ダメージを受ける。
【モンスター効果】
①:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから「Emヒグルミ」以外の「Em」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

 

エンタメイジの新しい仲間です。

アークファイブにてデニス・マックフィールドが権現坂戦で使用したカードであり、

権現坂のフィールドに送りつけけて権現坂を悪役に仕立て上げた他、

化けの皮がはがれた卑劣な悪となった際には

邪悪なる召喚法によってエクストラデッキから特殊召喚され

そのままエクシーズ素材になったりとエンタメに戦術に幅広く活躍したカードです。

 

 

エンタメイジとしては初のペンデュラムカードです。

スケールも5とレベル4のペンデュラム召喚をするのに丁度いいスケールです。

このカードのおかげでエンタメイジにペンデュラム召喚を取り入れやすくなるでしょう。

またペンデュラムモンスターとしては攻撃力が1000である事も特徴の1つです。

これはペンデュラム召喚の天敵の1つである奈落の落とし穴に引っかからない攻撃力です。

 

 

ペンデュラム効果は自分フィールドのエンタメイジが破壊された場合に

ペンデュラムゾーンのこのカードを特殊召喚し、

その後500ダメージを受けるというものです。

なんとなくEMファイア・マフライオを意識しているのでは?と感じる効果です。

OCG化の際に500ダメージを受ける効果が追加されています。

一見デメリットが追加されたようにも見えますがエンタメイジには

フレイムイーターやハットトリッカー等ダメージをトリガーにするカードも多く

エンタメイジ向けに調整された結果と言えるでしょう。

墓地にH・C サウザンド・ブレードがあれば同時に2体並ばせる事が出来るので

使い所を見極めれば優秀に働いてくれる効果と言えます。

 

 

モンスター効果はヒグルミが戦闘・効果で破壊された場合に手札からヒグルミ以外の

エンタメイジを特殊召喚できる効果でした、アニメ版では。

なんとOCG化する際にデッキからも特殊召喚できるという超強化です。

能動的に破壊する事でも効果を発動できる為、自主的に効果を使いたい場合は

何かしらヒグルミを破壊できるカードを入れておくといいでしょう。

とりあえず伏せておく壁としても実に優秀です。

 

 

なんというか単純に強いカードです。

【エンタメイジ】や【クラウンブレード】における新たなキーカードになりうる存在です。

特殊召喚するカードはEmトリック・クラウンが筆頭候補になると思いますが

Emスティルツ・シューターを簡単に場に出せる貴重な手段でもあります。

このカードによってスティルツシューターはぐっと使いやすくなったと言えるでしょう。

スティルツシューターを主軸とするバーンデッキを組んでみるのも面白いと思います。

ただ現状ではまだヒグルミ以外にエンタメイジのペンデュラムの情報は出ていません。

ペンデュラム召喚を狙う場合エンタメイジ以外のペンデュラムを用意する必要があります。

アニメではヒグルミ以外のエンタメイジのペンデュラムモンスターも数多く出ていました。

早くそれらのカードの登場が望まれる所ですね。

 

デニス6

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

天空の虹彩

自分フィールドのカードを破壊しつつオッドアイズをサーチできるカードです。

Emヒグルミのモンスター効果を能動的に発動したい場合に役立つ1枚です。

またヒグルミもオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンのサーチに対応している為、

さらにヒグルミを場に出して破壊、サーチするといった事も可能です。

 

 

魔装戦士 ドラゴディウス

【魔装クラウンブレード】というデッキが流行した事からも分かるように

エンタメイジと実に相性のいいペンデュラムモンスターです。

スケールが2でありEmヒグルミと一緒にペンデュラムスケールをセットすれば

レベル3から4のペンデュラム召喚が可能です。

このカードとEmヒグルミのレベルも同じく4であり、

Emヒグルミとペンデュラムスケールをセットする相方としてはピッタリな1枚です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:混沌の使者

繰り返し使用できるコンバットトリック!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:覇王烈竜(はおうれつりゅう)オッドアイズ・レイジング・ドラゴン

エクシーズ・ペンデュラムモンスター、2体目   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王OCG,7月の制限改定を個人的に予想してみる

新しいリミットレギュレーションの時期も近づいて来ましたね。 かなり群雄割拠の環境ですがそれでも

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSY(サイ)フレーム・サーキット

ハイスピード・ライダーズのCMも公開されましたね。 今回紹介するのはそのCMで判明したこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破戒蛮竜(はかいばんりゅう)-バスター・ドラゴン

ようやく秋らしい涼しさになってきましたね。 自分は完全に冬型の人間で暑いのが大の苦手なので助か

記事を読む

ディアバウンド・カーネル:遊戯王カード考察

毎ターン相手の攻撃力を下げてやれ!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王OCG:デッキ枚数を減らす事、増やす事それぞれの意義について

「デッキ枚数はどれくらいがいいのか?」 遊戯王においてたびたび検証される永遠の議題ですね。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:竜剣士マスターP(ペンデュラム)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:デストーイ・マーチ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重輝将(ちょうじゅうきしょう)ヒス-E(イー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
アマゾネス王女(プリンセス)、アマゾネス女帝(エンプレス):遊戯王カード考察  アマゾネスも10期仕様に!実施的な万能サーチ

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこの

ミキサーロイド:遊戯王カード考察 露骨すぎるスピードロイド対策、でも意外とスピードロイドでも活用できる?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこの

スローライフ:遊戯王カード考察  通常召喚一切活用しないデッキって結構少ないんですよ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

東方鈴奈庵第51話『博麗霊夢の誤算(後編)』感想

鈴奈庵51話の感想です。 ・前回のあらすじ 魔理沙「君は行

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,312,603 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑