遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ヒグルミ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

 

Emヒグルミ
ペンデュラム・効果モンスター
星4/炎属性/魔法使い族/攻1000/守1000
【Pスケール:青5/赤5】
「Emヒグルミ」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示の「Em」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。その後、自分は500ダメージを受ける。
【モンスター効果】
①:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから「Emヒグルミ」以外の「Em」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

 

エンタメイジの新しい仲間です。

アークファイブにてデニス・マックフィールドが権現坂戦で使用したカードであり、

権現坂のフィールドに送りつけけて権現坂を悪役に仕立て上げた他、

化けの皮がはがれた卑劣な悪となった際には

邪悪なる召喚法によってエクストラデッキから特殊召喚され

そのままエクシーズ素材になったりとエンタメに戦術に幅広く活躍したカードです。

 

 

エンタメイジとしては初のペンデュラムカードです。

スケールも5とレベル4のペンデュラム召喚をするのに丁度いいスケールです。

このカードのおかげでエンタメイジにペンデュラム召喚を取り入れやすくなるでしょう。

またペンデュラムモンスターとしては攻撃力が1000である事も特徴の1つです。

これはペンデュラム召喚の天敵の1つである奈落の落とし穴に引っかからない攻撃力です。

 

 

ペンデュラム効果は自分フィールドのエンタメイジが破壊された場合に

ペンデュラムゾーンのこのカードを特殊召喚し、

その後500ダメージを受けるというものです。

なんとなくEMファイア・マフライオを意識しているのでは?と感じる効果です。

OCG化の際に500ダメージを受ける効果が追加されています。

一見デメリットが追加されたようにも見えますがエンタメイジには

フレイムイーターやハットトリッカー等ダメージをトリガーにするカードも多く

エンタメイジ向けに調整された結果と言えるでしょう。

墓地にH・C サウザンド・ブレードがあれば同時に2体並ばせる事が出来るので

使い所を見極めれば優秀に働いてくれる効果と言えます。

 

 

モンスター効果はヒグルミが戦闘・効果で破壊された場合に手札からヒグルミ以外の

エンタメイジを特殊召喚できる効果でした、アニメ版では。

なんとOCG化する際にデッキからも特殊召喚できるという超強化です。

能動的に破壊する事でも効果を発動できる為、自主的に効果を使いたい場合は

何かしらヒグルミを破壊できるカードを入れておくといいでしょう。

とりあえず伏せておく壁としても実に優秀です。

 

 

なんというか単純に強いカードです。

【エンタメイジ】や【クラウンブレード】における新たなキーカードになりうる存在です。

特殊召喚するカードはEmトリック・クラウンが筆頭候補になると思いますが

Emスティルツ・シューターを簡単に場に出せる貴重な手段でもあります。

このカードによってスティルツシューターはぐっと使いやすくなったと言えるでしょう。

スティルツシューターを主軸とするバーンデッキを組んでみるのも面白いと思います。

ただ現状ではまだヒグルミ以外にエンタメイジのペンデュラムの情報は出ていません。

ペンデュラム召喚を狙う場合エンタメイジ以外のペンデュラムを用意する必要があります。

アニメではヒグルミ以外のエンタメイジのペンデュラムモンスターも数多く出ていました。

早くそれらのカードの登場が望まれる所ですね。

 

デニス6

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

天空の虹彩

自分フィールドのカードを破壊しつつオッドアイズをサーチできるカードです。

Emヒグルミのモンスター効果を能動的に発動したい場合に役立つ1枚です。

またヒグルミもオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンのサーチに対応している為、

さらにヒグルミを場に出して破壊、サーチするといった事も可能です。

 

 

魔装戦士 ドラゴディウス

【魔装クラウンブレード】というデッキが流行した事からも分かるように

エンタメイジと実に相性のいいペンデュラムモンスターです。

スケールが2でありEmヒグルミと一緒にペンデュラムスケールをセットすれば

レベル3から4のペンデュラム召喚が可能です。

このカードとEmヒグルミのレベルも同じく4であり、

Emヒグルミとペンデュラムスケールをセットする相方としてはピッタリな1枚です。

関連記事

遊戯王カード考察:トリックスター・ブルム 手っ取り早くヒヨスやマンドレイクの効果を使いたい時に

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ガガガヘッド

今回紹介するのは漫画版遊戯王ZEXAL9巻の付録になっているこのカードです。  

記事を読む

【SPYRAL(スパイラル)】:遊戯王テーマ考察  相手のデッキトップを調べつつ破壊工作せよ

9月9日にEXTRA PACK 2017(エクストラパック2017)が発売され それに伴い海外

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:左腕の代償

最近ずっとモンスターハンターXやっております。 ニャンターがすごく楽しいです。 ブーメラ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第16話『潜入SOL電脳要塞』感想

遊戯王VRAINS16話の感想です。 ゴーストガールからSOL社データバンクのセキュリティホー

記事を読む

プロキシー・ドラゴン:遊戯王カード考察  素材指定の緩いLINK2登場、これでエクストラデッキの枠が確保しやすく!

4月21日にVジャンプ6月号が発売されます。 今回はそのVジャンプ6月号の付録カードの紹介です

記事を読む

遊戯王カード考察:フォーマッド・スキッパー レベル5以上のサイバースと一緒に出張させよう

今回紹介するのはLINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)よりこのカードです。

記事を読む

弾帯城壁龍(ベルトリンク・ウォール・ドラゴン):遊戯王カード考察  カウンターの増減をしっかり把握しよう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

スリーバーストショット・ドラゴン:遊戯王カード考察  かなり戦闘向きな汎用LINK-3

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

セフィラの神意(しんい)、セフィラの星戦(せいせん):遊戯王カード考察

まだまだセフィラは戦える!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・フロイライン 手札からポンと出てきて3000攻撃力ポンとくれたぜ(ライフコストいるけど)

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラ

→もっと見る

    • 5,072,020 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑