遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)スティルツ・シューター

今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベリオンよりこのカードです。

 

 

Emスティルツ・シューター
効果モンスター
星6/地属性/魔法使い族/攻2200/守   0
「Emスティルツ・シューター」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したターン、自分は通常召喚できない。
②:自分の墓地にこのカード以外の「Em」モンスターが存在し、
相手にダメージを与える魔法・罠・モンスター効果が発動した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
相手に2000ダメージを与える。

 

ギリギリギリギリジンジン♪ギリギリギリジンジンジン♪

スティルツとは竹馬や高下駄の事です。

余談ですが「路上のギリジン」は名曲だと思います。

 

日本竹馬連合会の刺客エンタメイジの仲間です。

作中ではデニス・マックフィールドが柊柚子とデュエルした時に使用し、

フレイム・ボールのダメージを大幅に上昇させています。

アニメでは②の効果はちょっと使いづらい発動条件でしたが、

OCG化された際に発動条件が緩和され、また2000ダメージに固定になっています。

 

①の効果は自分、相手共にモンスターが存在しない場合に手札から特殊召喚でき、

またその場合に通常召喚できなくなる効果です。

この特殊召喚の条件を満たすのはかなり困難であり、

大体先行1ターン目か、全体除去を使った後のターンぐらいになるでしょう。

また特殊召喚できたとしても通常召喚できないデメリットが発生し、

中々展開につなげるのも難しくなってしまいます。

この効果を積極的に利用するのは正直難しいと思うので。

特殊召喚条件を満たせたらラッキーぐらいの気持ちでいた方がいいでしょう。

 

②の効果はこのカード以外のエンタメイジが墓地にいる状態で、

相手にダメージを与える効果が発動した時にこのカードを除外する事で、

2000ポイントのダメージを与えるバーン効果です。

2000ダメージというのはかなり強烈なダメージであり、

最近ではEmトリック・クラウンの効果を発動する為に1000ポイントのライフを

ガンガン支払う相手も多いのでそういった相手に手痛いダメージを与えられます。

エンタメイジではフレイム・イーターがバーン効果を持っていますので、

効果の発動条件を満たすのは難しくないでしょう。

 

現状では唯一のレベル4、ランク4でないエンタメイジです。

その為あまり他のエンタメイジとは相性がよくないのですが、

②の効果の関係上他のエンタメイジと併用する事になるでしょう。

ただ問題はこのカードを墓地に送る手段です。

エンタメイジは墓地に他に送りたいカードが多い為、

中々このカードを能動的に墓地に送る機会は。

また手札に来た場合の処理の仕方も考える必要があります。

総じて事故要因になりやすいカードですが、それでも2000ダメージは魅力的です。

ちなみにこっそりカメンレオンに対応しているのもポイントです。

このカードと組み合わせれば神樹の守護獣-牙王

天穹覇龍ドラゴアセンションをシンクロ召喚する事が可能になります。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

星因士 シャム

スティルツ・シューターと組み合わせればそれだけで3000ダメージを与える事が可能です。

元々エンタメイジというテーマがランク4のエクシーズを狙うテーマと共用しやすい為、

いくつかのテラナイトと混ぜても問題なく運用が可能と思われます。

スティルツ・シューターを使うのならば是非採用したいモンスターです。

発動条件を満たせるのならばブリザード・ファルコンを使うのも手です。

 

 

D・D・R

Emダメージ・ジャグラーを採用しているのならば是非入れたいカードです。

墓地のダメージ・ジャグラーを除外してスティルツ・シューターをサーチしつつ、

このカードでスティルツ・シューターを墓地に落とし、

なおかつダメージ・ジャグラーを再利用可能になります。

スティルツー・シューターを効率よく手札から処理できるカードであり、

さらにさらにスティルツ・シューターの発動条件を満たしやすくするカードです。

 

 

魔法の筒

せっかくのバーンカードですし攻撃反応罠を採用するのでしたら、

ミラーフォースやエアフォースよりもこちらを採用したい所です。

アドに繋がらない為軽視されがちなカードですがデュエリスト暦の長い人であるならば、

まず間違いなくこのカードで引導を渡された経験はあると思っています。

仮に3000打点相手に発動できればスティルツ・シューターと合わせて5000ダメージです。

スティルツ・シューターの発動条件にもなれる為相性は良好です。

クラウンブレードなどでライフをついつい消費しちゃう相手に是非鉄槌を食らわせてやりましょう。

実際に「バーンカードによってトリック・クラウンの効果を無闇に使わせづらくする」というのは

クラウンブレードに対する1つの対策になるのではないかと自分は考えています。

関連記事

DDD運命王ゼロ・ラプラス:遊戯王カード考察

わが社は新マスタールールも見越している!   4月4日に漫画版遊戯王ARC-V

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トルクチューン・ギア

チューナーのユニオン登場!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超戦士カオス・ソルジャー、超戦士の儀式

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第61話『ドローを捨てた男』感想

遊戯王ARC-V61話の感想です。 榊遊矢VS徳松長次郎のデュエルが開始されました。 強

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:大欲な壺

もう除外ゾーンは安全ではない   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王カード考察:星刻の魔術師(せいこくのまじゅつし)

闇属性魔法使い族なんでもサーチ!   12月23日にストラクチャーデッキ-ペン

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛-五光-(カーディアン ごこう)

カーディアンの切り札、ついに登場!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:赤馬零羅のCCCってあれどうやってOCG化しよう?

アニメ遊戯王には数多くのカードが登場しています。 そして実際に数多くのカードがOCGに効果を調

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-アイス・ベル

展開しながらバーンダメージ!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ジュラゲド

  今回はデュエリストパック決闘都市編よりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,205,909 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑