遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)トリック・クラウン

新カード、まだまだたくさんありますね。

今回はこのカードを紹介させていただきます。

 

Emトリック・クラウン
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1600/守1200
「Emトリック・クラウン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「Em」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
その後、自分は1000ダメージを受ける。

 

 

原作でデニス・マックフィールドが使っていたカードでありエンタメイジの新しい仲間ですね。

原作ではダメージを受ける効果はありませんでしたがOCG化に伴い追加されており、

ダメージをトリガーに特殊召喚できるEmフレイム・イーターとシナジーするように作られています。

このカードとフレイム・イーターを組み合わせれば、

Emトラピーズ・マジシャンを召喚する事も簡単になるでしょう。

他にもダメージをトリガーに発動するカードはある為、

このダメージをデメリットにするかメリットにするかは構築次第となるでしょう。

 

「墓地に送られた場合」という非常に緩い条件で蘇生効果が発動可能になります。

この為おろかな埋葬や曙光の騎士等でデッキから墓地に送っても効果を発動できる他、

エクシーズ素材にしても効果を発動できる為とっても便利です。

 

またこの手のカードにしては珍しく自身を特殊召喚できる事も大きな特徴です。

エンタメイジのみならず、ランク4のエクシーズ召喚を狙うデッキであれば、

多くのデッキにこのカードを採用する意義があると思われます。

 

とりわけダメージをトリガーに墓地から特殊召喚できるH・C サウザンド・ブレードとは抜群の相性を誇ります。

サウザンド・ブレードとトリック・クラウンを組み合わせれば、

比較的容易にレベル4のモンスターを2体並ばせる事も可能です。

ランク4エクシーズ召喚を連続でしやすくなるだけでなく、

FNo.0未来皇ホープの召喚につなげる事も十分に狙えます。

 

非常に強力な効果ですが「1ターンに1度しか使用できない」という点はしっかりと頭に入れておきましょう。

便利な効果故にこの制約に引っかかる場面は非常に多いです。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

 

ガード・ペンギン

フレイム・イーターと同様にダメージをトリガーに手札から特殊召喚できる効果を持っています。

鳥獣族である為、トラピーズ・マジシャンの素材には出来ませんが、

こちらはEmしか特殊召喚できないという制約がありません。

トラピーズ・マジシャン以外のエクシーズ召喚を狙う場合にはこちらを使う事になります。

フレイム・イーターとは一長一短である為、デッキによって採用するカードを決めましょう。

勿論両方を採用しても問題ありませんがフレイム・イーターの効果で呼び出す場合には、

フレイム・イーターのEmしか特殊召喚できない制約には気をつけましょう。

 

 

ピンポイント・ガード

トリック・クラウンの効果は便利ですが、何度も使っているとダメージも馬鹿になりません。

ダメージを少しでも防ぐ為に相手の攻撃を防ぐ手段は用意しておくべきでしょう。

ピンポイント・ガードならば相手の攻撃を防ぎつつ、

トリック・クラウンをさらに再利用できる為相性がよくオススメです。

 

 

トリック・ボックス

エンタメイジ用のサポートカードですがとりわけトリック・クラウンとは相性がいいです。

破壊をトリガーに発動するカードであり、

同時にトリック・クラウンの効果の発動条件も満たせます。

さらに相手の場にトリック・クラウンを呼び出す為、

次のターンにはもう一度トリック・クラウンを再利用できます。

ただし自身を蘇生してしまうと相手の場に呼び出せなくなってしまう為、

墓地に他のエンタメイジがある時に使用しましょう。

関連記事

遊戯王OCG:2018年10月の制限改定を個人的に予想してみる

9月になりました。まだ死ぬほど暑いんですけど! こんなの残暑じゃないよ!残酷暑だよ! そ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:眠れる巨人ズシン

ずっと君のOCG化を待っていた!6年待ったぞ!   今回紹介するのはコレクター

記事を読む

弾帯城壁龍(ベルトリンク・ウォール・ドラゴン):遊戯王カード考察  カウンターの増減をしっかり把握しよう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:瑚之龍(コーラル・ドラゴン)

シンプルながらも便利な効果が2つ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:マジシャン・ガール ” ムービーパック他”

ブラック・マジシャン・ガール     すいませんこの人

記事を読む

遊戯王カード考察:セフィラ・メタトロン 実は結構いろんなデッキで使えるリンク3

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

デューテリオン:遊戯王カード考察 これ三沢くんより梶木くんの方が使いこなせるんじゃ・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:幻影騎士団(ファントムナイツ)

11月14日に黒咲隼とユートが表紙を飾るブースターSP-ウィング・レイダーズ-が発売されます。

記事を読む

遊戯王カード考察:超戦士の萌芽

墓地肥やししつつ儀式召喚!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:屍界(しかい)のバンシー アンデットワールド最重要カードと言ってもいいです

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-アンデットワールド-よりこのカ

ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-と一緒に揃えておきたいカードは? アンデット族に欲しいものが大体ある

昨日9月22日に発売されたアンデットワールドR。 収録されて

遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売され

ソード・ワールド2.5ルールブックⅡ登場!新種族「メリア」やバードやフェアリーテイマーなどの仕様変更など

ソード・ワールド2.0のバージョンアップとなるソード・ワールド2.5。

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのは

→もっと見る

    • 5,653,077 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑