遊戯王カード考察:サイバー・ドラゴン・ヘルツ 実はかなり汎用性の高い手札コスト

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

 

サイバー・ドラゴン・ヘルツ
効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 100/守 100
このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで5にする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地からこのカード以外の
「サイバー・ドラゴン」1体を選んで手札に加える。

 

 

サイバー流の新規となる光属性機械族のレベル1モンスターです。

青いケーブルが各所に繋げられた白いサイバー・ドラゴンです。

随所にみられるヘクス状のマークが特徴的ですね。

ヘルツとは周波数や振動数の単位・・・・・・ではなく

この場合はドイツ語で「心臓」の事でしょう。

サイバー・ドラゴン・コアを意識したネーミングだと思われ

形状や色からもサイバー・ドラゴン・コアと同一や対比が各所で見られます。

 

 

①:このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。

①の効果は場か墓地にいる間サイバー・ドラゴンとして扱う名称変更効果です。

サイバー・ドラゴン関連のモンスターではすっかりお馴染みの効果であり

サイバー・ドラゴン・ズィーガーのリンク素材にしたり

キメラテック・メガフリート・ドラゴンの素材にしたりと便利です。

このカードの場合機械複製術から

サイバー・ドラゴン2体を特殊召喚する事も可能です。

 

 

このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで5にする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。

②の効果は1ターンに1度、特殊召喚に成功した場合に

そのターンの間だけ自身のカードのレベルを5にする事が出来るレベル変動効果です。

サイバー・ドラゴン・ノヴァをエクシーズ召喚したい場合に重宝します。

特殊召喚に成功した場合で通常召喚では効果を発動できませんが

レベル1の為ワン・フォー・ワンや金華猫などで特殊召喚が狙えます。

効果の発動後、機械族しか特殊召喚できない制約が発生しますが

機械族のランク5エクシーズにはサイバー・ドラゴン・ノヴァの他にも

超量機獣マグナライガーやNo.33 先史遺産-超兵器マシュ=マックなどがあり

意外とエクシーズ召喚の選択肢はあったりします。

 

 

このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地からこのカード以外の
「サイバー・ドラゴン」1体を選んで手札に加える。

③の効果は1ターンに1度、このカードが墓地へ送られた場合に

デッキか墓地から自身以外のサイバー・ドラゴン1体を手札に加えるというものです。

墓地でサイバー・ドラゴンとして扱うカードはかなり多く

【サイバー・ドラゴン】デッキにおいて幅広いカードを墓地から回収可能です。

条件が墓地へ送られた場合と非常に緩く

エクシーズ素材や手札コストとして墓地へ送られても効果を発動可能です。

②の効果とどちらか片方しか同じターンに発動できない為、

サイバー・ドラゴン・ノヴァのエクシーズ召喚に繋げた場合などは

そのターンは墓地へ送らないようにするなどの工夫をするといいでしょう。

 

 

要約すればサイバー・ドラゴン・ノヴァの素材になれるし

サイバー・ドラゴンの補充もしてくれるという非常に便利な奴です。

レベル1というのも大きく【サイバー・ドラゴン】デッキに

ワン・フォー・ワンや金華猫といったレベル1サポートを採用する選択肢も出来ました。

ちょっと個人的にはダイナミストあたりと混ぜたサイバーデッキ作りたいですね。

 

 

また③の効果は墓地にもう1枚サイバー・ドラゴン・ヘルツがあれば

そちらを回収する事も可能です。

上手く手札と墓地にそれぞれこのカードを用意する事が出来れば

毎ターン利用できる手札コストとしても活用する事が可能です。

しかもいざという時には場に出す事で相手のEXモンスターゾーンのカードと共に

キメラティック・メガフリート・ドラゴンにもなれる為、

単なる手札コストに収まらないポテンシャルを持っています。

メガフリート・ドラゴンと共に様々なデッキに

手札コスト要員として出張させるのも大いにアリです。

関連記事

遊戯王アークファイブ第137話『反逆の覇王眷竜』感想

遊戯王ARC-V137話の感想です。 説得もむなしくズァークに倒されてしまった素良とエド、

記事を読む

遊戯王カード考察:再臨の帝王 素直にリリース要員に使う以外ではエクシーズ素材とかにも

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:ダイナミスト

ブレイカーズ・オブ・シャドウにも様々な新テーマが登場しています。 そのうちの1つがこのゾイドや

記事を読む

遊戯王カード考察:閃刀姫(せんとうき)-ハヤテ 相手プレイヤーを狙い撃つぜ!

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

ツイン・トライアングル・ドラゴン:遊戯王カード考察  出しやすくて使いやすいドラゴン族用リンク

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

剣闘獣(グラディアルビースト)ノクシウス:遊戯王カード考察  負けパターンの対策手段として機能する剣闘獣のメイン盾

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

デスペラード・リボルバー・ドラゴン:遊戯王カード考察 コイントスを最大限に意識してます

11月11日に遊戯王シリーズの歴代デュエリスト達のリメイククカードを収録した 「デュエリストパ

記事を読む

ライトロード・ドミニオン キュリオス:遊戯王カード考察 墓地肥やしにありがたい効果が満載

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:パンデミック・ドラゴン

フィールドに病原体を撒き散らせ!   今回紹介するのはTHE DARK SID

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:リジェクト・リボーン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,251,661 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑