遊戯王カード考察:サイバー・ドラゴン・ヘルツ 実はかなり汎用性の高い手札コスト

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

 

サイバー・ドラゴン・ヘルツ
効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 100/守 100
このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで5にする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地からこのカード以外の
「サイバー・ドラゴン」1体を選んで手札に加える。

 

 

サイバー流の新規となる光属性機械族のレベル1モンスターです。

青いケーブルが各所に繋げられた白いサイバー・ドラゴンです。

随所にみられるヘクス状のマークが特徴的ですね。

ヘルツとは周波数や振動数の単位・・・・・・ではなく

この場合はドイツ語で「心臓」の事でしょう。

サイバー・ドラゴン・コアを意識したネーミングだと思われ

形状や色からもサイバー・ドラゴン・コアと同一や対比が各所で見られます。

 

 

①:このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。

①の効果は場か墓地にいる間サイバー・ドラゴンとして扱う名称変更効果です。

サイバー・ドラゴン関連のモンスターではすっかりお馴染みの効果であり

サイバー・ドラゴン・ズィーガーのリンク素材にしたり

キメラテック・メガフリート・ドラゴンの素材にしたりと便利です。

このカードの場合機械複製術から

サイバー・ドラゴン2体を特殊召喚する事も可能です。

 

 

このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで5にする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。

②の効果は1ターンに1度、特殊召喚に成功した場合に

そのターンの間だけ自身のカードのレベルを5にする事が出来るレベル変動効果です。

サイバー・ドラゴン・ノヴァをエクシーズ召喚したい場合に重宝します。

特殊召喚に成功した場合で通常召喚では効果を発動できませんが

レベル1の為ワン・フォー・ワンや金華猫などで特殊召喚が狙えます。

効果の発動後、機械族しか特殊召喚できない制約が発生しますが

機械族のランク5エクシーズにはサイバー・ドラゴン・ノヴァの他にも

超量機獣マグナライガーやNo.33 先史遺産-超兵器マシュ=マックなどがあり

意外とエクシーズ召喚の選択肢はあったりします。

 

 

このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地からこのカード以外の
「サイバー・ドラゴン」1体を選んで手札に加える。

③の効果は1ターンに1度、このカードが墓地へ送られた場合に

デッキか墓地から自身以外のサイバー・ドラゴン1体を手札に加えるというものです。

墓地でサイバー・ドラゴンとして扱うカードはかなり多く

【サイバー・ドラゴン】デッキにおいて幅広いカードを墓地から回収可能です。

条件が墓地へ送られた場合と非常に緩く

エクシーズ素材や手札コストとして墓地へ送られても効果を発動可能です。

②の効果とどちらか片方しか同じターンに発動できない為、

サイバー・ドラゴン・ノヴァのエクシーズ召喚に繋げた場合などは

そのターンは墓地へ送らないようにするなどの工夫をするといいでしょう。

 

 

要約すればサイバー・ドラゴン・ノヴァの素材になれるし

サイバー・ドラゴンの補充もしてくれるという非常に便利な奴です。

レベル1というのも大きく【サイバー・ドラゴン】デッキに

ワン・フォー・ワンや金華猫といったレベル1サポートを採用する選択肢も出来ました。

ちょっと個人的にはダイナミストあたりと混ぜたサイバーデッキ作りたいですね。

 

 

また③の効果は墓地にもう1枚サイバー・ドラゴン・ヘルツがあれば

そちらを回収する事も可能です。

上手く手札と墓地にそれぞれこのカードを用意する事が出来れば

毎ターン利用できる手札コストとしても活用する事が可能です。

しかもいざという時には場に出す事で相手のEXモンスターゾーンのカードと共に

キメラティック・メガフリート・ドラゴンにもなれる為、

単なる手札コストに収まらないポテンシャルを持っています。

メガフリート・ドラゴンと共に様々なデッキに

手札コスト要員として出張させるのも大いにアリです。

関連記事

遊戯王カード考察:雷神龍(らいじんりゅう)-サンダー・ドラゴン 何気に除去効果に回数制限なし

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバース・マジシャン、サイバネット・リチューアル リンクじゃないよ儀式だよ

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD双暁王(そうぎょうおう)カリ・ユガ

7月に発売されるディメンション・オブ・カオスのカードが早くも一部判明しました。 今回紹介するの

記事を読む

遊戯王カード考察:輝光竜(きこうりゅう)フォトン・ブラスト・ドラゴン 是非とも攻撃力を上げてあげよう

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

デュアル・アセンブルム:遊戯王カード考察 対象に取らない除外効果!攻撃力低下はバックドアでフォローしよう

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ 攻撃力6000が3回殴りつけてくる

歴代のデュエリストにちなんだカードを収録したパック デュエリストパック-レジェンドデュエリスト

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリストロン・インパクト、クリストロン・エントリー、クリスタルP(ポテンシャル)

全部強いです。   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー)α、電磁石の戦士β、電磁石の戦士γ

磁石の戦士、新時代へ突入!   武藤遊戯のカードを収録したストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:天空の虹彩

マスター・オブ・ペンデュラムより今回はこのカードの紹介です。    

記事を読む

ペンデュラム・フュージョン:遊戯王カード考察

融合召喚の新しい可能性!   今回紹介するのはPREMIUM PACK 19よ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,754,596 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑