遊戯王カード考察:サイバー・ドラゴン・ズィーガー サイバー流がまた1キル狙いやすく

4月14日に新しいパック、

CYBERNETIC HORIZON(サイバネティック・ホライゾン)が発売されます。

今回紹介するのはそのサイバネティック・ホライゾンよりこのカードです。

 

 

 

サイバー・ドラゴン・ズィーガー
リンク・効果モンスター
光属性/機械族/攻2100/LINK-2
【リンクマーカー:左 下】
\ ↑ /
  →

「サイバー・ドラゴン」を含む機械族モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
②:このカードが攻撃宣言をしていない自分・相手のバトルフェイズに、
自分フィールドの攻撃力2100以上の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで2100アップする。
この効果の発動後、
ターン終了時までこのカードの戦闘によるお互いの戦闘ダメージは0になる。

 

 

サイバー流はエクシーズだけに飽き足らずリンク召喚にも手を伸ばしました。

そんなサイバー・ドラゴンの派生となる光属性機械族のLINK-2です。

サイバー・ドラゴン特有の白銀のボディを有しつつ

体に青いラインが稲妻のように走っていたり

頭部の周辺に青いサークルのようなものが出来ているのが特徴的です。

割と元のサイバー・ドラゴンの正統進化って感じのデザインしてますね。

ズィーガーとはドイツ語で勝利者を意味します。

勝利を追求するヘルカイザーにぴったりのネーミングだと言えるでしょう。

 

 

【リンクマーカー:左 下】
「サイバー・ドラゴン」を含む機械族モンスター2体

リンク素材には機械族2体でかつ片方にサイバー・ドラゴンを指定しています。

フィールドでサイバー・ドラゴンとして扱うカードは多く、

サイバー・ドラゴンを軸とするデッキであればリンク召喚の手段には困らないでしょう。

特にサイバー・ドラゴン・コアを墓地に送りつつリンク召喚に繋げられるのは便利です。

リンクマーカーは左と下とEX、メインモンスターゾーンどちらでも活用できる向きです。

 

 

①:このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。

①の効果はフィールドか墓地に存在している間

カード名をサイバー・ドラゴンとして扱うというものです。

フィールドだけでなく墓地でもサイバー・ドラゴンとして扱えるのが特徴で

特にサイバー・ドラゴン・ノヴァで墓地から蘇生できる点は覚えおいて損はありません。

EX召喚枠を増やすという意味でもこのカードを蘇生させる価値は大きいです。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが攻撃宣言をしていない自分・相手のバトルフェイズに、
自分フィールドの攻撃力2100以上の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで2100アップする。
この効果の発動後、
ターン終了時までこのカードの戦闘によるお互いの戦闘ダメージは0になる。

②の効果は1ターンに1度、このカードが攻撃していないバトルフェイズ中に

ターン終了時までこのカードの戦闘で戦闘ダメージが発生しなくなるのと引き換えに

自分の場の攻撃力2100以上の機械族モンスター1体の攻撃力守備力を

そのターンの間2100アップさせるというものです。

2100というのは攻撃力強化効果としては相当な数値であり

前提条件を考えると最低でも4200打点という高い攻撃力を確保可能です。

特に連続攻撃効果を持つサイバー・ツイン・ドラゴンや

キメラテック・ランページ・ドラゴンあたりが効果の対象として狙い目であり

1ターンキルのチャンスを飛躍的に増やすことが可能です。

また戦闘ダメージこそ与えられなくなるものの攻撃自体は問題なく可能であり

自身も効果の対象に出来る為4200打点で戦闘をする事もできます。

相手ターンに発動できるのもポイントでこのカードが場にいる状態であれば

相手は迂闊に攻撃力2100以上の機械族を攻撃する事ができなくなります。

 

ちなみに攻撃力だけでなく守備力も上昇させる事が出来るので

超重武者にも恩恵があるのですが肝心の「攻撃力2100以上」の条件を満たせるのが

超重荒神スサノ-Oぐらいしかいないのが悩みどころです。

 

 

いやぁ強いよこれ

出しやすく優秀であり、何よりも戦術の幅を広げてくれるありがたいカードです。

効果もそうですがEX召喚枠の確保としても大事な存在となってくれるでしょう。

②の効果が機械族全般に効果があるのもポイントで

そういったデッキにサイバー・ドラゴンをいくつか出張させる事でも

このカードの恩恵を受ける事が可能です。

特に連続攻撃を持つモンスターを有するようなデッキ、

例えば【アンティーク・ギア】や【ダイナミスト】あたりに

サイバー流を出張させてみるのも面白いと思います。

こうやって出張させる時にも手札から特殊召喚がしやすく

他のデッキに混ぜやすいサイバー・ドラゴンの存在はありがたいですね。

関連記事

遊戯王カード考察:トポロジック・ガンブラー・ドラゴン ①の発動を上手く避けて②の効果を発動しろ

アニメの様々なキャラクターに関連するカードが多数収録される コレクターズパック2018が5月1

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣一閃

とうとうブレイカーズ・オブ・シャドウのCMが流れましたね。 今回はそのCMで判明したこのカード

記事を読む

遊戯王アークファイブ第62話『大エンタメデュエル大会!!』感想

遊戯王ARC-V62話の感想です。 デュエルを通じて長次郎にエンジョイを取り戻す事が出来ました

記事を読む

マスター・ピース:遊戯王カード考察

さあみんなでかっとビングだ!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ツインツイスター

最近メタルギアオンライン3にはまっております。 重装メインでやってますがやっぱり茨の道っぽいで

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン

ついに出た!ブラック・マジシャンのリメイクモンスター!   4月9日に新しいパ

記事を読む

ドラゴノイド・ジェネレーター:遊戯王カード考察  毎ターントークンを2体生成、相手のトークンはどう利用する?

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛-五光-(カーディアン ごこう)

カーディアンの切り札、ついに登場!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:次元障壁(じげんしょうへき)

とっても使いやすいメタカード   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇団のカーテンコール EXデッキから全員集合

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

Comment

  1. ななし より:

    サイバー・ドラゴン・ツヴァイには連続攻撃の効果はありません。サイバー・ツイン・ドラゴンの間違えでしょうか?(^^;

    今回の様な強化も良いですが、メインデッキの強化も欲しいところですね。

  2. 匿名 より:

    シゲルwww

  3. 匿名 より:

    妙に凝ったネタ画像のチョイス好きです笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,476,958 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑