遊戯王カード考察:キメラテック・メガフリート・ドラゴン サイバー・ドラゴンの除去性能さらにアップ

とうとうこのブログの総アクセス数が500万行きました!

皆さんありがとうございます。

今回紹介するのはRARITY COLLECTION -20th ANNIVERSARY EDITION-よりこのカードです。

 

 

 

キメラテック・メガフリート・ドラゴン
融合・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」モンスター+EXモンスターゾーンのモンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
①:このカードの元々の攻撃力は、
このカードの融合素材としたモンスターの数×1200になる。

 

 

キメラテック・オーバー・ドラゴン、

キメラテック・フォートレス・ドラゴン、

キメラテック・ランページ・ドラゴンに続く4体目のキメラテックです。

パープルメタリックに輝くワイバーン型の機械竜です。

キメラテック・フォートレス・ドラゴンが飛行形態になったようにも感じます。

あちらと同じく円形の発進口から小型の機械竜が顔をのぞかせており

恐らく空を飛び回りながら砲撃をしまくるのでしょう。

フリートとは艦隊の事であり、小さな機械竜を多数その身にやどしたこのモンスターは

まさにそのものが巨大艦隊とも言うべき存在です。

見た目や名前からもフォートレス・ドラゴンを強く意識したカードでしょう。

 

 

「サイバー・ドラゴン」モンスター+EXモンスターゾーンのモンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。

キメラテック・フォートレス・ドラゴンと同じように

該当するモンスターをお互いのフィールドから墓地へ送る事で

融合カード必要なしでEXデッキから特殊召喚が可能です。

このカードに必要な素材はサイバー・ドラゴンと名の付くモンスター1体と

EXモンスターゾーンのモンスター1体以上です。

つまり相手がEXモンスターゾーンにモンスターを置いてさえいれば

サイバー・ドラゴンを用意する事で除去しつつこのカードを特殊召喚できる事を意味します。

相手がエクストラリンクでもしていない限り除去できるのは1枚のみとなりますが

相手がEXデッキを使用しないデッキでない限りは除去を狙う事が出来る為、

非常に汎用性が高いです。

キメラテック・フォートレス・ドラゴンと同様に

墓地へ送れないペンデュラムは素材にできない点には注意しましょう。

 

 

①:このカードの元々の攻撃力は、
このカードの融合素材としたモンスターの数×1200になる。

このカードの攻撃力は融合素材×1200となります。

サイバー・ドラゴンと相手のモンスターの2体で特殊召喚した場合は2400、

自分のEXモンスターゾーンのカードも一緒に素材にした場合は3600となります。

3600あればアタッカーとしては十分な攻撃力だと言えるので

余裕があれば自分もEXデッキからモンスターを出してそれを素材にするといいでしょう。

簡易融合を使うなりリンクリボーあたりをリンク召喚するなりしてもいいので

そう狙うのも難しくないと思います。

2体素材の2400という攻撃力も下級モンスターを倒すには十分な数値です。

少なくとも同じく2体素材で出したフォートレスの2000よりも大分頼りになるでしょう。

 

 

3体素材で特殊召喚できればアタッカーとしても活躍できるカードですが何よりも

「サイバー・ドラゴンでEXモンスターゾーンのカードを除去できるようになる」

という点が何よりもサイバー流にとって強化とも言えるカードです。

単純にサイバー・ドラゴンで行える選択肢が増えるわけであり

そういう意味ではEXデッキの枠さえ確保できれば確実な強化と言えます。

特にサイバー・ドラゴン・コアで魔法罠をサーチしつつこのカードの特殊召喚をするのは

低攻撃力のサイバー・ドラゴン・コアを場に残さないという意味でも重宝します。

 

 

またキメラテック・フォートレス・ドラゴンと違い

「サイバー・ドラゴン」ではなく「サイバー・ドラゴンと名の付くモンスター」

を融合素材に指定しています。

この為トゥーン・サイバー・ドラゴンを素材に特殊召喚が可能となっています。

魔力カウンター目当てにトゥーンのもくじを採用しているようなデッキの場合

いっしょにトゥーン・サイバー・ドラゴンも採用しておけば

いざという時の除去手段として機能してくれるでしょう。

同じようにサイバー・ドラゴン・ノヴァやインフィニティを素材にする事も可能です。

サイバー・ドラゴン・ノヴァのエクシーズ召喚を狙えるようなデッキであれば

サイバー・ドラゴン・インフィニティで相手モンスターを除去しつつ

さらにそこから相手のEXモンスターゾーンのカードを素材に

このカードを特殊召喚するといった連続除去も狙えたりします。

意外とサイバー流以外でも採用する価値のあるカードです。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:幻創(げんそう)のミセラサウルス

なんか恐竜族にすっごいの来た!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王アークファイブ第69話『疾走するディーバ』感想

遊戯王ARC-V69話の感想です。 今回は柊柚子VSエンジョイ長次郎。 シンクロ次元に来

記事を読む

『蘇生制限』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説  召喚条件無視って聞くと出来るって思っちゃうよね

「何このカードゲーム難しい・・・」 そんな感想をいだく遊戯王初心者の為の解説コーナー、

記事を読む

遊戯王カード考察:撃滅龍(げきめつりゅう) ダーク・アームド 幻影騎士団ラウンチを使いやすいランク7

今回紹介するのはVジャンプ7月号の応募者全員サービスである レジェンダリードラゴンズのこのカー

記事を読む

白闘気白鯨(ホワイト・オーラ・ホエール)遊戯王カード考察  貴重なレベル8水シンクロ、除去要員としてもアタッカーとしても優秀

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:外神(がいしん)アザトート

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:リジェクト・リボーン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG,7月の制限改定を個人的に予想してみる

新しいリミットレギュレーションの時期も近づいて来ましたね。 かなり群雄割拠の環境ですがそれでも

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:修禅僧(しゅぜんそう) ゲンドウ

結構いやらしいです、こいつ   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

遊戯王アークファイブ第148話(最終回)『ペンデュラムが描く奇跡』感想

遊戯王ARC-V148話の感想です。 3年続いたアークファイブもついに最終回を迎える事になりま

記事を読む

Comment

  1. 名無し より:

    エクストラリンクされてても相手のEX2体素材に3600にして出せるんじゃない?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,563,482 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑