【サブテラー/Subterror】:遊戯王テーマ考察

公開日: : 最終更新日:2017/09/15 遊戯王, 遊戯王テーマ考察, 遊戯王OCG ,

サブテラーマリスの妖魔/Subterror Behemoth Fiendess:遊戯王カード考察

サブテラーの導師:遊戯王カード考察

↑関連記事(クリックで該当ページに移動)

 

アガルタ伝説

地球は中身の詰まった球体ではなく中の空洞なゴムボール状で

地球の裏側に幻の地底王国シャンバラが存在すると言われる

地球空洞説の1つです。

「ラ・ギアスみたいなもの」

と言えばなんとなく分かる人もいるのではないでしょうか。

今回はそんなアガルタ伝説がモチーフとなった海外テーマ、

サブテラーの紹介をしたいと思います。

 


サブテラーの妖魔/Subterror Fiendess
効果モンスター
星1/地属性/魔法使い族/攻 800/守 500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、
自分フィールドの「サブテラー」モンスター1体を対象として発動できる。
その発動を無効にする。
その後、対象のモンスターを裏側守備表示にする。
②:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にし、
自分の手札・墓地の「サブテラー」モンスター1体を選んで
表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。

 


サブテラーの刀匠/Subterror Nemesis Defender
効果モンスター
星2/地属性/獣戦士族/攻 100/守2000
①:自分フィールドの裏側表示モンスター1体のみが相手の効果の対象になった時、
または相手モンスターの攻撃対象に選択された時、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、
その裏側表示モンスター以外の自分フィールドの
モンスター1体を対象として発動できる。
その対象を正しい対象となるそのモンスターに移し替える。
②:自分フィールドに裏側表示モンスターが存在する限り、
このカードは戦闘・効果では破壊されない。

 


サブテラーの射手/Subterror Nemesis Archer
効果モンスター
星3/地属性/天使族/攻1600/守1400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにこのカード以外の「サブテラー」モンスターが存在し、
このカードが相手の裏側守備表示モンスターを
攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターを持ち主のデッキに戻す。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され
墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「サブテラー」モンスター1体を
表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。

 


サブテラーの戦士/Subterror Nemesis Warrior
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守1200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:デッキから「サブテラー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
元々のレベルの合計がその「サブテラー」モンスターのレベル以上となるように、
このカードと自分フィールドのモンスター1体以上をリリースし、
その「サブテラー」モンスターを
表側守備表示また裏側守備表示で墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:自分フィールドの「サブテラーマリス」モンスターが
リバースした場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
墓地のこのカードを特殊召喚する。

 

サブテラーの導師
効果モンスター
星4/地属性/ドラゴン族/攻1600/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキから「サブテラーの導師」以外の「サブテラー」カード1枚を手札に加える。
②:このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1対を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードを裏側守備表示にする。
自分フィールドにこのカード以外の「サブテラー」カードが存在する場合、
この効果は相手ターンでも発動できる。

 


サブテラーマリス・アクエドリア/Subterror Behemoth Stygokraken
リバース・効果モンスター
星5/地属性/海竜族/攻1400/守2600
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、
自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
③:このカードがリバースした場合、
自分フィールドの「サブテラーマリス」モンスターの数だけ、
フィールドにセットされたカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 


サブテラーマリス・アルラボーン/Subterror Behemoth Dragossuary
リバース・効果モンスター
星6/地属性/アンデット族/攻2400/守1600
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、
自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
③:このカードがリバースした場合に発動できる。
このターン、
自分フィールドの「サブテラー」カードは相手の効果では破壊されない。

 


サブテラーマリス・リグリアード/Subterror Behemoth Umastryx
リバース・効果モンスター
星7/地属性/爬虫類族/攻2000/守2700
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、
自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
③:このカードがリバースした場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。

 


サブテラーマリス・グライオース/Subterror Behemoth Phospheroglacier
リバース・効果モンスター
星8/地属性/水族/攻2600/守2500
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、
自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
③:このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。

 


サブテラーマリス・ボルティニア/Subterror Behemoth Voltelluric
リバース・効果モンスター
星9/地属性/雷族/攻1900/守3000
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、
自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
③:このカードがリバースした場合、
相手フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールを次の自分エンドフェイズまで得る。

 


サブテラーマリス・ジブラタール/Subterror Behemoth Stalagmo
リバース・効果モンスター
星10/地属性/岩石族/攻2800/守2100
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、
自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
③:このカードがリバースした場合に発動できる。
手札から「サブテラー」モンスター1体を捨て、
自分はデッキから2枚ドローする。

 


サブテラーマリス・エルガウスト/Subterror Behemoth Speleogeist
リバース・効果モンスター
星11/地属性/悪魔族/攻3000/守1400
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、
自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
③:このカードがリバースした場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターが守備表示の場合、表側攻撃表示にする。
そのモンスターの攻撃力は0になる。

 


サブテラーマリス・バレスアッシュ/Subterror Behemoth Ultramafus
リバース・効果モンスター
星12/地属性/炎族/攻3000/守1800
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、
自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
③:このカードがリバースした場合に発動できる。
このカード以外のフィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。

 


サブテラーマリスの妖魔/Subterror Behemoth Fiendess
リンク・効果モンスター
地属性/幻竜族/攻2000/LINK-2
リバースモンスター2体
【リンクマーカー:左下 右下】
\ ↑ /
←   →

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした
「サブテラー」モンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
②:自分メインフェイズに発動できる。
デッキからリバースモンスター1体を墓地へ送り、
手札からモンスター1体をこのカードのリンク先に裏側守備表示で特殊召喚する。
③:1ターンに1度、
このカードのリンク先のモンスターがリバースした場合に発動する。
自分のデッキ・墓地からリバースモンスター1体を選んで手札に加える。

 


サブテラーの激闘/Subterror Cave Clash
永続魔法
①:自分フィールドの「サブテラー」モンスターの攻撃力・守備力は、
フィールドの裏側表示モンスターの数×500アップする。
②:1ターンに1度、
自分の「サブテラー」モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時、
「サブテラーの激闘」以外の自分の墓地の
「サブテラー」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 


地中界シャンバラ/The Hidden City
フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「サブテラー」モンスター1体を手札に加える事ができる。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドの裏側守備表示の
「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。
③:1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分フィールドの裏側守備表示の
「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。
その後、その攻撃を無効にできる。

 


サブテラーの決戦/Subterror Final Battle
通常罠
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする。
●自分フィールドの裏側表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで
表側攻撃表示または表側守備表示にする。
●フィールドの表側表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで
裏側守備表示にする。
●フィールドの表側表示の「サブテラー」モンスター1体を選び、
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、
その元々の攻撃力と守備力を合計した数値になる。
●このターン、「サブテラー」カードの発動する効果は無効化されない。

 


サブテラーマリスの潜伏/Subterror Behemoth Burrowing
通常罠
①:自分の墓地から「サブテラー」モンスター1体を除外して発動できる。
ターン終了時まで、
自分フィールドの裏側表示モンスターは効果では破壊されず、
相手の効果の対象にならない。
②:フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「サブテラー」モンスター1体を手札に加える。
③:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「サブテラー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。

 

 

実に多くのカードが存在しますね。

テーマの特徴を挙げると以下の通りです。

・地底世界の住人や怪物達のテーマである

・地属性で統一されているが種族もレベルもバラバラである

・ていうかレベル1からレベル12まで全部揃っている

・上級、最上級のリバースモンスターを下級モンスターでサポートしていく

・リバースのサブテラーマリスは自分のモンスターが全て裏側守備表示になった時に

特殊召喚可能でさらに1ターンに1度裏側守備表示になれる

・裏側守備にする手段が豊富でリバース効果を繰り返し使いやすい

・デカァァァァァいッ説明不要!!

 

 

下級モンスターのサブテラーと上級・最上級モンスターのサブテラーマリスに別れており

サブテラーは人間に近い姿をしていますが

サブテラーマリスはまさに怪物そのものといった姿をしています。

何気にサブテラーマリスのイラストには小さく人の姿が描かれており

いかに巨大なモンスターであるかが分かります。

サブテラーの射手がいかにもなエルフである事を考えると

かなり王道なファンタジー世界が広がっているのだと推測されます。

名前の由来は地下を意味する「サブタレイニアン」と

恐怖を意味する「テラー」からだと思われます。

またサブテラーマリスの名前は

アクエドリア:アドリア海
アルラボーン:アルバロン海
リグリアード:リグリア海
グライオース:イオニア海
ボルティニア:ティレニア海
ジブラタール:ジブラルタル海峡
エルガウスト:エーゲ海
バレスアッシュ:バレアレス海

といずれも地中海の名前がモチーフになっています。

 

 

属性こそ地属性に統一されていますが種族やレベルはバラバラで

なんと1レベルから12レベルまで全てのレベルのモンスターが存在しています。

ワームや占術姫、クローラーに続くリバースを主軸としたテーマであり

上級、最上級モンスターであるサブテラーマリスはいずれもリバースモンスター、

またそのいずれもが自分のモンスターが裏側守備表示になり

その結果表側表示のモンスターがいなくなった時に特殊召喚できる効果と

1ターンに1度、自分から裏側守備表示に出来る効果を持っています。

一方の下級モンスターであるサブテラーは多くのカードが

サブテラーをデッキや墓地から裏側守備表示で特殊召喚できる効果を持っており

リバースモンスターであるサブテラーマリスをサポートする存在となっています。

 

 

サブテラーマリスのリバース効果は相手モンスターを除外するリグリアードに

手札1枚を捨てる代わりに2枚ドローできるジブラタール、

自分以外の全てを裏側守備にできるバレスアッシュと優秀なものが揃っています。

これらのリバース効果を地中界シャンバラでリバースさせてすぐさま発動可能であり

リバーステーマでありなら初動から結構積極的に動けます。

実際に地中界シャンバラはこのテーマの動きにかなり影響を与えるので

テラ・フォーミングなども採用して積極的に確保していきたい所です。

 

 

また専用のサポートカードとしてはサブテラーの決戦もポイントです。

表側表示化、裏側表示化、ステータス強化、耐性付与の4つの効果を持ち

これらの効果のいずれかを発動する通常罠となっています。

いずれの効果もサブテラーにとって有用である上に

カードの発動後再びセット状態に戻る為にしかも繰り返し効果を発動する事が出来る為、

毎ターン積極的に効果を発動する事が可能です。

ただ効果の発動後、このカードがセットする効果が続くために

特に2番目の裏側守備表示にする効果はサブテラーマリスが共通で持つ

「裏側守備表示になった時に手札から特殊召喚できる効果」を発動しようとしても

タイミングを逃してしまう点には注意が必要です。

これ、実際にかなり間違えやすいです。

 

 

全体的に特殊召喚に関する効果を持ったカードが多く展開力に優れる上に

上級、最上級モンスターが多い関係上攻撃力の高いモンスターを複数並べやすく

リバーステーマの中でもかなり豪快な代物となっています。

トリッキーさと豪快さを兼ね備えた面白いテーマだと思います。

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

 

 

星遺物-『星鎧』

モンスターが反転召喚した時に手札から特殊召喚が可能なカードです。

サブテラーであれば反転召喚という条件を満たしやすい上に

同じくレベル7のサブテラーマリス・リグリアードと一緒に並べる事で

ランク7のエクシーズ召喚を狙う事が可能です。

 

 

聖占術姫タロットレイ

墓地のリバースモンスターを蘇生しつつ

そのリバースモンスターを表にしたり裏にできたりできる儀式モンスターです。

各種サブテラーマリスの展開や効果の活用に効果的であり

またサブテラーマリスはレベルの高いモンスターが多く

儀式召喚の為のリリース要因も1枚で確保しやすいです。

同じくリバーステーマである占術姫はサブテラーとサポートカードを共有しやすく

いっその事占術姫との混合デッキを組んでみるのも面白いです。

関連記事

アンダークロックテイカー:遊戯王カード考察 連続リンクの繋ぎに最適

そろそろ新しい制限改定が発表される時期でドギマギしてます。 今回紹介するのはEXTREME F

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:次元障壁(じげんしょうへき)

とっても使いやすいメタカード   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第105話『レジスタンスの絆』感想

遊戯王ARC-V105話の感想です。 父榊遊勝に憎しみを抱くエドに出会った遊矢でしたが

記事を読む

覇王白竜(はおうはくりゅう)オッドアイズ・ウィング・ドラゴン:遊戯王カード考察 Pゾーンにいってからが本番だ

4月28日にマスターガイド5が発売されます。 今回紹介するのはその付属カードとしてついてくるこ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:重装甲列車アイアン・ヴォルフ

新しい機械族ランク4候補!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCGリンク召喚解説:「リンク・スパイダー」と「ハニーボット」でエクストラデッキから特殊召喚する枠を作ろう

新マスタールールにおける一番の変更点、EXモンスターゾーン。 このエクストラデッキ専用のモンス

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ジャンク・チェンジャー

ランク3にシンクロギミックを混ぜたい時に!   今回紹介するのはPREMIUM

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン、オッドアイズ・アドベント

10月に発売されるブレイカーズ・オブ・シャドウのカード情報もちらほら出て来ました。 今回はそん

記事を読む

ランカの蟲惑魔(こわくま):遊戯王カード考察  ほらほら、セットカード破壊してもいいんだよ?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:霊獣の誓還(れいじゅうのせいかん)

ガスタ・ファルコ、ウィンダと共に無事帰還!   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,732,191 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑