サブテラーの導師:遊戯王カード考察 サーチも出来るし妨害もできるし展開の補助もできる

9月21日にVジャンプ11月号が発売されます。

今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカードです。

 

 

 

サブテラーの導師
リバース・効果モンスター
星4/地属性/ドラゴン族/攻1600/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキから「サブテラーの導師」以外の「サブテラー」カード1枚を手札に加える。
②:このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1対を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードを裏側守備表示にする。
自分フィールドにこのカード以外の「サブテラー」カードが存在する場合、
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

サブテラーの新しい仲間となるレベル4ドラゴン族です。

サブテラーとしては初の下級リバースモンスターとなります。

レベル1からレベル12まで1種類ずついるサブテラーでしたが

このカードの登場で唯一レベル4だけ2枚登場する事になりました。

 

巨大な剣とローブを身にまとった竜人のようなモンスターです。

サブテラーが結構ファンタジー色が強いのでドラゴニュートでしょうか。

導師という事を考えると神官戦士なのかもしれませんね。

 

 

①の効果はこのカードがリバースした場合に

デッキから同名カード以外のサブテラーカードを手札に加えるサーチ効果です。

フィールド魔法である地中界シャンバラを手札に加えられない以外は

サブテラーにおける万能サーチとして重宝します。

リバース効果なのでそのままではすぐに発動する事がありませんが

地中界シャンバラやサブテラーの決戦でフォローが可能です。

 

 

②の効果はこのカードともう1体の表側表示モンスター1体を選択、

その2枚を裏側守備表示に出来るというものです。

条件の関係上このカード以外に表側表示のモンスターがいない場合

そもそも発動が出来ない点には注意してください。

①の効果の再利用を狙えるだけでなくサブテラーマリスが共通で持つ

「自分のモンスターが全て裏側守備表示になった時に特殊召喚できる」

という条件のトリガーを満たすのに非常に重宝します。

また相手モンスターを裏側守備表示にする事も出来るので

大天使クリスティアなどの厄介なモンスターの対処としても使えます。

これに加え他にサブテラーカードが自分の場に存在していれば

フリーチェーンで発動する事が可能です。

相手ターンにサブテラーマリスの特殊召喚を狙っていく事が出来ますし

好きなタイミングで相手モンスターを裏側守備表示に出来るので

展開の妨害としても役立ってくれるでしょう。

 

 

特にサブテラーの激闘と相性が良く

いつでも②の効果をフリーチェーンで発動する事が可能となり

また相手モンスター1体を裏側守備表示にできれば

最低でも守備力2300を確保できるので壁としても優秀です。

またフィールドにこのカードしかサブテラーがいない状態であっても

サブテラーの決戦やサブテラーマリスの潜伏を発動した直後であれば

そのカードがフィールドに存在する扱いになるので

そのタイミングだけ②の効果をフリーチェーンで発動する事が可能です。

テクニックの1つとして覚えておくといいでしょう。

効果破壊されそうになった時にサブテラーマリスの潜伏を発動、

それにチェーンして裏側守備表示になって破壊耐性を得るという芸当も可能です。

 

 

サブテラーにとって万能サーチや妨害手段として機能してくれるだけでなく

唯一の下級リバースモンスターという事で

サブテラーマリスの妖魔のリンク素材としても重宝してくれます。

②の効果でサブテラーマリスの展開を助けてくれる事もあり、

安定性の強化に繋げてくれる優等生です。

 

 

これはVジャンプ3冊買う価値がありますね

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

「マスター・オブ・ペンデュラム」の新カードの情報が出ました。 早速考察していきたいと思います。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・プレデター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:アクアアクトレス

せっかく新テーマも出ている事ですしちょっとそちらの考察もしていきましょうか。 新テーマはカード

記事を読む

ペンデュラム・パラドックス:遊戯王カード考察  ペンデュラム召喚しないデッキでも結構有用

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

真紅眼の黒刃竜(レッドアイズ・スラッシュドラゴン):遊戯王カード考察  墓地へ送られて発動する戦士族が大活躍するレッドアイズの新たな可能性

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:妖精伝姫(フェアリーテイル)-シラユキ

あまりにも豪快な蘇生条件!     今回紹介するのはザ・ダーク

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔界大道具「ニゲ馬車」

三十六計逃げるが勝ちだ!   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこの

記事を読む

遊戯王OCG,2016年1月の制限改定を個人的に予想してみる

とうとう今年もあと1ヶ月となりました。 来年の1月には新しいリミットレギュレーションが出ます。

記事を読む

ミキサーロイド:遊戯王カード考察 露骨すぎるスピードロイド対策、でも意外とスピードロイドでも活用できる?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリアウィング・ファスト・ドラゴン

シンクロペンデュラムモンスター第2弾!   2016年10月4日に漫画版アーク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:クリフォート・ゲニウス 機械族全般で有用、スキルドレインのお供に

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

パワーコード・トーカー:遊戯王カード考察 今度のコードトーカーは脳筋担当

12月9日に新しいストラクチャーデッキ、パワーコード・リンクが発売され

セキュリティ・ドラゴン:遊戯王カード考察 そろそろトーチ・ゴーレム許されなさそう

10月21日にVジャンプ12月号が発売されます。 今回紹介するの

アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの

→もっと見る

    • 4,727,034 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑