サブテラーの導師:遊戯王カード考察 サーチも出来るし妨害もできるし展開の補助もできる

9月21日にVジャンプ11月号が発売されます。

今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカードです。

 

 

 

サブテラーの導師
リバース・効果モンスター
星4/地属性/ドラゴン族/攻1600/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキから「サブテラーの導師」以外の「サブテラー」カード1枚を手札に加える。
②:このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1対を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードを裏側守備表示にする。
自分フィールドにこのカード以外の「サブテラー」カードが存在する場合、
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

サブテラーの新しい仲間となるレベル4ドラゴン族です。

サブテラーとしては初の下級リバースモンスターとなります。

レベル1からレベル12まで1種類ずついるサブテラーでしたが

このカードの登場で唯一レベル4だけ2枚登場する事になりました。

 

巨大な剣とローブを身にまとった竜人のようなモンスターです。

サブテラーが結構ファンタジー色が強いのでドラゴニュートでしょうか。

導師という事を考えると神官戦士なのかもしれませんね。

 

 

①の効果はこのカードがリバースした場合に

デッキから同名カード以外のサブテラーカードを手札に加えるサーチ効果です。

フィールド魔法である地中界シャンバラを手札に加えられない以外は

サブテラーにおける万能サーチとして重宝します。

リバース効果なのでそのままではすぐに発動する事がありませんが

地中界シャンバラやサブテラーの決戦でフォローが可能です。

 

 

②の効果はこのカードともう1体の表側表示モンスター1体を選択、

その2枚を裏側守備表示に出来るというものです。

条件の関係上このカード以外に表側表示のモンスターがいない場合

そもそも発動が出来ない点には注意してください。

①の効果の再利用を狙えるだけでなくサブテラーマリスが共通で持つ

「自分のモンスターが全て裏側守備表示になった時に特殊召喚できる」

という条件のトリガーを満たすのに非常に重宝します。

また相手モンスターを裏側守備表示にする事も出来るので

大天使クリスティアなどの厄介なモンスターの対処としても使えます。

これに加え他にサブテラーカードが自分の場に存在していれば

フリーチェーンで発動する事が可能です。

相手ターンにサブテラーマリスの特殊召喚を狙っていく事が出来ますし

好きなタイミングで相手モンスターを裏側守備表示に出来るので

展開の妨害としても役立ってくれるでしょう。

 

 

特にサブテラーの激闘と相性が良く

いつでも②の効果をフリーチェーンで発動する事が可能となり

また相手モンスター1体を裏側守備表示にできれば

最低でも守備力2300を確保できるので壁としても優秀です。

またフィールドにこのカードしかサブテラーがいない状態であっても

サブテラーの決戦やサブテラーマリスの潜伏を発動した直後であれば

そのカードがフィールドに存在する扱いになるので

そのタイミングだけ②の効果をフリーチェーンで発動する事が可能です。

テクニックの1つとして覚えておくといいでしょう。

効果破壊されそうになった時にサブテラーマリスの潜伏を発動、

それにチェーンして裏側守備表示になって破壊耐性を得るという芸当も可能です。

 

 

サブテラーにとって万能サーチや妨害手段として機能してくれるだけでなく

唯一の下級リバースモンスターという事で

サブテラーマリスの妖魔のリンク素材としても重宝してくれます。

②の効果でサブテラーマリスの展開を助けてくれる事もあり、

安定性の強化に繋げてくれる優等生です。

 

 

これはVジャンプ3冊買う価値がありますね

関連記事

遊戯王アークファイブ第102話『非情の狩人』感想

遊戯王ARC-V102話の感想です。 沢渡と権現坂を倒したカイトは怒りの矛先を次は遊矢に向けて

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:何故黒咲は赤馬零王の事を知っていたのか?

レジスタンスがスタンダード次元に来た理由、 そしてLDSを襲っていた理由について黒咲隼はこう答

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トラミッド・ハンター、トラミッド・ダンサー

フィールド魔法をガンガン張り替えろ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュー

記事を読む

見切りの極意:遊戯王カード考察  使いやすさ重視のカウンター罠、灰流うらら等は初見で見切れます

何かけものフレンズ2期でたつき監督が降板されたとかで大騒ぎになってるみたいですね。 今回紹介す

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ライトフェニックス

オッPよりもペンデュラム召喚しやすいオッドアイズ!   今回紹介するのはシャイ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨竜の守護騎士(ガーディアン・オブ・フェルグラント)

レヴァライダーみたいな事ができるぞ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-ソウル・シェイブ・フォース

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

覇王紫竜(はおうしりゅう)オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴン:遊戯王カード考察

覇王シリーズはまだ終わらない!   5月13日にコレクターズパック2017が発

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-驟雨のライキリ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

トポロジック・ボマー・ドラゴン:遊戯王カード考察 特殊召喚効果が全て破壊効果に化ける!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,414,011 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑