サブテラーマリスの妖魔/Subterror Behemoth Fiendess:遊戯王カード考察 リバーステーマ全般を強化!

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

 

 

 

サブテラーマリスの妖魔/Subterror Behemoth Fiendess
リンク・効果モンスター
地属性/幻竜族/攻2000/LINK-2
リバースモンスター2体
【リンクマーカー:左下 右下】
\ ↑ /
←   →

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした
「サブテラー」モンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
②:自分メインフェイズに発動できる。
デッキからリバースモンスター1体を墓地へ送り、
手札からモンスター1体をこのカードのリンク先に裏側守備表示で特殊召喚する。
③:1ターンに1度、
このカードのリンク先のモンスターがリバースした場合に発動する。
自分のデッキ・墓地からリバースモンスター1体を選んで手札に加える。

 

 

サブテラーのLINK-2リンクモンスターです。

何気に初の幻竜族リンクモンスターとなります。

 

蝙蝠のような羽をもつ青紫を基調としたドラゴンです。

全体的な色合いや意匠がサブテラーの妖魔とかなり似ています。

もしかしたらサブテラーの妖魔が竜に変身した姿なのかもしれませんね。

 

 

リンク素材としてリバースモンスター2体を要求しています。

何気にリバースモンスターを素材とするのはリンクモンスターのみならず

融合、シンクロ、エクシーズモンスターを見ても初だったりします。

サブテラーのみならずシャドール、占術姫、クローラーといった

リバーステーマ全般でリンク召喚を狙う事が出来るでしょう。

ゴーストリックのような

「リバース効果を持っているがリバースモンスターではないモンスター」

も存在するのでそういったモンスターは素材にできない点には注意です。

あとちゃんと表側表示にしてから出ないと素材にできないので注意です。

リバースモンスターだからってそこは甘えさせてくれません。

リンクマーカーは左下と右下の2つ。

効果もリンク先を参照するものが中心なので

EXモンスターゾーンに出すのが基本となります。

 

 

①の効果はサブテラーをリンク素材にした場合に

そのサブテラーの元々のレベル×100だけ自身の攻撃力を上昇させるというものです。

素材となりリバースモンスターのサブテラーは

最低レベルがサブテラーマリス・アクエドリアの5レベルであり

アクエドリア2体を素材にしただけでも攻撃力は3000に到達、

レベル12のサブテラーマリス・バレスアッシュ2体を素材にすれば

その攻撃力は4400に到達します。

 

 

②の効果はデッキからリバースモンスター1体を墓地に送る事で

リンク先に手札のモンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚できるというものです。

各種サブテラーマリスの持つ手札からの特殊召喚効果は

サブテラーマリスの妖魔が存在している状態では発動する事が出来ないのですが

この効果で特殊召喚できなくなる問題点をある程度補う事が可能となります。

墓地肥やしの方もサブテラーの妖魔が持つ蘇生効果や

サブテラーの激闘が持つ墓地回収効果の布石として重宝します。

また手札から特殊召喚できるのはリバースモンスターに限りません。

ドドドガッサーとかも問題なく特殊召喚が可能です。

 

 

③の効果は1ターンに1度、

このカードのリンク先のモンスターがリバースした場合に

デッキか墓地からリバースモンスター1体を手札に加えるというものです。

②の効果で特殊召喚したモンスターをリバースすればそのまま効果発動を狙えますが

それには1ターン待つ必要がある上にこのカードに特に耐性の類が無い為

地中界シャンバラなどで能動的に表側表示にする手段は用意しておいた方がいいでしょう。

 

 

サブテラーにとって強力な打点要員の確保や墓地肥やし、

そしてアドバンテージの確保と様々な恩恵のあるカードです。

ただリンクモンスター特有の裏側表示にできないという特徴はサブテラーにとって痛手で

「表側表示のモンスターがいない状態になった時に特殊召喚できる」

というサブテラーマリスの展開効果はこのカードが存在していると成立不可能です。

②の効果で展開を補いつつ墓地肥やしやハンドアドバンテージの確保が十分に出来たら

アドバンス召喚のリリース要因にして場からどかすなどメリハリをつけた運用をするといいでしょう。

 

 

①の効果以外はサブテラー関係なくリバースモンスター全般で重宝する効果です。

特に聖占術姫タロットレイとの相性は抜群で

タロットレイが持つ③の効果による蘇生対象をこのカードの②の効果で確保しつつ

タロットレイが持つ①の効果でこのカードがもつ③の効果の発動を容易に狙えます。

これにはミエルちゃんもご満悦です。

 

また墓地へ送られた時に発動する効果を持つシャドールも

②の効果によって墓地肥やしが出来る恩恵が高いですし

クローラーも星遺物の傀儡があれば③の効果の発動を積極的に狙っていけます。

とにかくリバーステーマ全般において非常に有用なリンクモンスターと言えます。

関連記事

遊戯王OCG:2017年7月の制限改定を個人的に予想してみる

6月になりました。暑い・・・・・・ 5月から遊戯王の新アニメ、遊戯王VRAINSも放送され

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・エンペラー

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。    

記事を読む

【サブテラー/Subterror】:遊戯王テーマ考察

サブテラーマリスの妖魔/Subterror Behemoth Fiendess:遊戯王カード考察

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)キメラフレシア

これで捕食植物も融合デッキだ!   2016年の11月12日に新しいブースター

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第37話『我が母なる樹』感想

遊戯王ヴレインズ37話の感想です。   前回のあらすじ:お兄様がヒロイ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:チェーン・リゾネーター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)ダークヴルム:遊戯王カード考察

だから1枚でスケールセッティングできるのやばいって   今回紹介するのはマキシ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ドラマチックシアター

脳筋こそエンタメイトの本質だと思うあなたへ・・・   3月19日に2016年度

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,344,544 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑