《導かれし烙印》遊戯王OCGカード考察 ビーステッドが手札誘発などの妨害手段に強くなりました

今回紹介するのはPHOTON HYPERNOVA(フォトン・ハイパーノヴァ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

導かれし烙印
永続罠
①:1ターンに1度、自分フィールドの
「ビーステッド」モンスター1体のみを対象とするカードの効果を相手が発動した時、
または自分の「ビーステッド」モンスターの効果の発動にチェーンして相手がカードの効果を発動した時、
自分または相手の墓地の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、その発動した効果を無効にする。

wiki

 

烙印の新規となる永続罠です。

 

撃鉄竜リンドブルム赫焉竜グランギニョル深淵の獣ルベリオンと対峙しており

肩の2つの突起から青いエネルギーを発射しています。

この後に烙印の光へと続くことを考えると見事この2体に対して勝っているわけで

とんでもない強さですね撃鉄竜リンドブルム。

 

スポンサーリンク

 

対象に取る効果やチェーン発動を無効に

①:1ターンに1度、自分フィールドの
「ビーステッド」モンスター1体のみを対象とするカードの効果を相手が発動した時、
または自分の「ビーステッド」モンスターの効果の発動にチェーンして相手がカードの効果を発動した時、
自分または相手の墓地の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、その発動した効果を無効にする。

その効果は1ターンに1度、

自分の場のビーステッド1体を対象とする効果を相手が発動するか

自分のビーステッドのモンスター効果に対して相手がチェーンをした時に

お互いの墓地にある光属性か闇属性1体を除外する事で

その効果を無効にするというものです。

深淵の獣アルバ・ロスを相手の除去から守ったり

無限泡影やエフェクト・ヴェーラーのような妨害手段を無効にして無理矢理効果を通したりが可能です。

墓地コストが必要なもののもし相手が光属性か闇属性を墓地に送っていれば

相手の墓地アドバンテージを奪いつつ発動出来るため美味しいです。

 

 

総じて墓地コストさえ確保できるのであれば

各種ビーステッドの展開や制圧をより強固にしてくれる優秀なカードです。

永続罠故に除去されなければ繰り返し発動出来るというのもポイントで

場に意地出来ればお互いのターンに発動を狙えたりもするでしょう。

一度セットしなければ発動できないという永続罠故の弱点も

深淵の獣ルベリオンでデッキから直接表側で置くことでカバーが可能です。

 

 

敵の大ボスクラスみたいな存在2体を

持ち前の科学力で打倒するとかキットちゃん半端ないですね。

コメント

  1. 匿名 より:

    そのために鉄獣の謎エネルギーを解明するためセリオンズに行ったわけですからね
    断じて遊んでたわけではないのです

  2. 匿名 より:

    どっちかというとルベリオンに向けて撃ったのをカルテシアが割り込んできたっぽく見える

タイトルとURLをコピーしました