遊戯王OCGカード考察:《鉄獣の邂逅(トライブリゲード・ランデブー)》もうすっかりネタキャラになったエクレシアちゃん

今回紹介するのはBLAZING VORTEXよりこのカードです。

 

 

カード説明

鉄獣の邂逅
速攻魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのリンク状態の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを
任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで700アップする。
②:自分フィールドのリンク状態の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが
戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

wiki

 

獣族、獣戦士族、鳥獣族用のサポートとなる速攻魔法です。

アルバスの落胤とエクレシアがスプリガンズ達に捕えられています。

周りを囲んでいるスプリガンズ達の中に鉄獣戦線キットも混ざっており彼らと仲がいい様子が確認できます。

が、エクレシアが泣きわめいておりスプリガンズ達が慌てふためいています。

というか一緒に縛られてるアルバスも困り気味です。

これ、泣きわめいてる内容は「お腹すいたー!」ですね間違いありません。

ごはんはたくさんたべるタイプですからね、しょうがないね。

 

で、このエクレシア。非常にラフな格好をしているのが確認できます。

完全にドラグマとは袂を分かち鉄獣戦線側に染まった感じの服装ですね。

 

スポンサーリンク

3種族を強化しつつ破壊からの身代わりに

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのリンク状態の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを
任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで700アップする。

①の効果は1ターンに1度、自分の場のリンク状態の獣族、獣戦士族、鳥獣族を

任意の数選択し、そのターンの間攻撃力を700アップさせる強化効果です。

恩恵を受けるにはあらかじめリンク状態を作っておく必要がありますが

複数強化で700アップは中々の数値であり

速攻魔法の為コンバットトリックとしても利用が可能です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドのリンク状態の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが
戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

②の効果は1ターンに1度、リンク状態の獣族、獣戦士族、鳥獣族が

戦闘破壊や効果破壊される場合に墓地からこのカードを除外して身代わりにできるというものです。

リンク状態になっている3種族全般の場持ち性能を高めてくれる効果であり

リンク状態にあれば烈風の結界像あたりを守ったりもできます。

 

どちらの効果もシンプルに便利なものであり

【トライブリゲード】に限らずリンクモンスターを用いる上記3種族をメインとするデッキであれば

充分に有効活用ができるでしょう。

前述した通りコンバットトリックとしても使えますし

複数のモンスターの攻撃力を高めて一気に畳みかける事も出来るので

攻めにも守りにも使えます。

 

特に【戦華】は攻撃力を上げるメリットの高いモンスターがいくつか存在しており

①の強化効果を存分に活かす事が可能です。

【炎星】、【ハーピィ】、【シムルグ】、【レイド・ラプターズ】あたりでも活かしやすいですし

ミセス・レディエントやドリトル・キメラを採用しているようなデッキでも

それらを守るのに活用できますし合わせれば合計1200もの攻撃力アップが見込めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました