遊戯王OCGカード考察:《警衛バリケイドベルグ》墓地からフィールド魔法や永続魔法を回収、素材の緩いリンクとしても

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2020よりこのカードです。

 

カード説明

警衛バリケイドベルグ/Barricadeborg Blocker
リンク・効果モンスター
闇属性/機械族/攻1000/LINK-2
【リンクマーカー:左/下】
\ ↑ /
  →

カード名が異なるモンスター2体
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、
手札を1枚捨てて発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
自分の墓地から永続魔法カードまたはフィールド魔法カード1枚を選んで手札に加える。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの表側表示の魔法カードは相手の効果では破壊されない。

wiki

 

闇属性機械族のLINK-2です。

左手に盾を、右手に警棒を構えた人型ロボットです。

こういかにも工事現場用って感じのカラーリングをしてますね。

防御主体って感じの見た目ですが各所にトゲトゲがついてて攻撃性能も高そうです。

 

スポンサーリンク

手札1枚をコストに永続魔法やフィールド魔法を回収

【リンクマーカー:左/下】
カード名が異なるモンスター2体

リンク素材にはカード名が異なるモンスター2体を指定しています。

かなり素材指定としては緩い部類であるカード名さえ異なればトークンもOKです。

 

リンクマーカーは左と下にそれぞれありEX、メインモンスターゾーンどちらにも対応しています。

 

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、
手札を1枚捨てて発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
自分の墓地から永続魔法カードまたはフィールド魔法カード1枚を選んで手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、リンク召喚した場合に手札を1枚捨てる事で

そのターンのエンドフェイズに墓地から永続魔法フィールド魔法を手札に加えるというものです。

回収できるタイミングにタイムラグがあるものの、手札1枚のコストでこれらを回収できるのは有用で

フィールド魔法を主軸にしたデッキなどは破壊された場合の保険手段としても機能するでしょう。

効果を発動さえすればエンドフェイズまでこのカードが存在している必要はないので

そのまま更なるリンク素材にしてしまう事も可能です。

 

②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの表側表示の魔法カードは相手の効果では破壊されない。

②の効果は自身がモンスターゾーンに存在している間

自分の場の表側魔法カードに相手の効果による効果破壊耐性を付与するというものです。

永続魔法やフィールド魔法の場持ち性能を飛躍的に高めてくれますが

このカード自体の攻撃力は1000しかなく

相手としてはこのカードを戦闘破壊してから改めて破壊するという行動がとれるので

活かすのであればそのあたりのフォローが必要となるでしょう。

例としては月鏡の盾などの装備魔法で戦闘面をフォローする方法があり、

このカードでそれらの装備魔法も破壊から守る事が可能ですが

このカード自身が除去されてしまう危険性は付きまといます。

 

素材の指定が緩い機械族リンクとして

基本的には①の効果を主軸にし

永続魔法やフィールド魔法を回収しつつ更なるリンク召喚へ繋げるのがいいでしょう。

回収してから発動するのにタイムラグがあるとはいえ

フィールド魔法に強く依存しているデッキなどはこのカードがあるだけでも安定性に違いが出てきます。

 

また機械族のLINK-2としては特に素材指定の緩いカードであり

幻獣機アウローラドンのような機械族を指定するリンクに繋げたい場合に

その中継役として担ってくれたりもします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました