遊戯王カード考察:≪海晶乙女(マリンセス)シーエンジェル≫シーホース1枚から4500打点が出ます

スポンサーリンク

今回紹介するのはCHAOS IMPACT(カオス・インパクト)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

海晶乙女シーエンジェル
リンク・効果モンスター
水属性/サイバース族/攻1000/LINK-1
【リンクマーカー:左】
\ ↑ /
  →
/ ↓ \
レベル4以下の「マリンセス」モンスター
自分は「海晶乙女シーエンジェル」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「マリンセス」魔法カード1枚を手札に加える。

 

マリンセスの新しい仲間となる水属性サイバース族のLINK-1です。

白いワンピースと白い髪が特徴的な小さな少女です。

モチーフはそのものずばりシーエンジェル(クリオネ)でしょう。

ちなみに日本名は「ハダカカメガイ」と言って実は巻貝の仲間です。

その美しい外見と捕食モードのグロテスクな外見のギャップが有名で

同じくクリオネをモチーフとしたカード「水精鱗-アビスディーネ」では

捕食モードの豹変した姿も描かれています。

もしかしたらこの子も豹変するのかもしれませんね。

 

 

実質海晶乙女の闘海専用サーチ

スポンサーリンク

 

【リンクマーカー:左】
レベル4以下の「マリンセス」モンスター
自分は「海晶乙女シーエンジェル」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。

リンク素材にはレベル4以下のマリンセス1体を指定しています。

ブルースラッグと同じ素材指定であり

1ターンに1度しかリンク召喚出来ない制約も共通しています。

【マリンセス】デッキで出すのが前提となってきます。

リンクマーカーは左側に1つとメインモンスターゾーン向きの配置です。

丁度EXモンスターゾーン向きのブルースラッグと対になっている形ですね。

 

①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「マリンセス」魔法カード1枚を手札に加える。

その効果はリンク召喚時に

デッキから「マリンセス」と名の付く魔法カード1枚を手札に加えるサーチ効果です。

現状判明しているマリンセス魔法カードは海晶乙女の闘海1枚だけであり

実質海晶乙女の闘海専用サーチとなっています。

ただこの海晶乙女の闘海はワンダーハートの真価を発揮前提のカードであり

自然とそれをサーチしつつワンダーハートに繋げられる利点は大きいです。

 

 

ブルースラッグと一緒に並べよう

今まで【マリンセス】は海晶乙女シーホースから

ブルースラッグ→コーラルアネモネマーブルド・ロック

連続でリンク召喚に繋げるのが基本となっていましたが。

新しいLINK-1であるこのカードの登場により

ブルースラッグと特殊召喚したシーホースでコーラルアネモネのリンク召喚に繋げる過程で

シーホースを一旦このカードで経由さらにこのカードを経由、

つまり海晶乙女の闘海のサーチをすることも可能となりました。

これによりマーブルド・ロックのリンク召喚前に海晶乙女の闘海の発動、

かつ墓地に3体のマリンセスリンクを用意する事が可能となり

海晶乙女シーホース1枚から

攻撃力4500のマーブルド・ロックが出るという素敵な事態になりました。

 

ただその分EXデッキの消費もより一層激しいものとなっているので

貪欲な壺など墓地のマリンセスリンクをEXデッキに戻す手段は

しっかりと用意しておいた方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました