遊戯王OCGカード考察:ハイ・スピード・リレベル

スポンサーリンク

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

ハイ・スピード・リレベル
通常魔法
①:自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を除外し、
自分フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで、
除外したモンスターと同じレベルになり、
攻撃力は除外したモンスターのレベル×500アップする。

 

 

新しく登場したスピードロイド用のサポートカードです。

アークファイブにおいてユーゴが沢渡シンゴ戦に使用したカードで

クリアウィング・シンクロ・ドラゴンの効果の布石として使われました。

しかしOCG化に当たる際に効果の対象が自分のモンスターに限定され

クリアウィングとのコンボとしては使いづらくなっています。

 

 

ハイ・スピード・リレベル

イラストでは3つ目のダイス、ゴーストリックの猫娘、ダミーゴーレムという

謎の組み合わせの3匹が移っています、このチョイスの意味は自分にも分かりません。

そもそもゴーストリックはエクシーズ次元のカードだと思うのですが

 

 

その効果は自分の墓地にあるスピードロイド1体を除外する事で

自分のシンクロモンスター1体のレベルをそのターンの間除外したスピードロイドと同じにし

さらに攻撃力を除外したスピードロイドのレベル×500アップさせるというものです。

効果の発動の為にスピードロイドを除外する必要がある為、基本的にSR用のカードとなりますが

HSRのシンクロを採用しているシンクロデッキでも運用は不可能ではありません。

 

 

アニメではクリアウィングの効果のサポートとして使われていましたが

OCG版ではむしろHSRチャンバライダーを大きくサポートするカードとなっており、

HSR魔剣ダーマを除外すれば攻撃力5000越えの2回攻撃が可能になります。

レベル4のスピードロイドでも攻撃力4000越えの2回攻撃と十分な性能で

コストとして除外したスピードロイドをチャンバライダーで回収する事もできます。

HSR魔剣ダーマに使用して貫通ダメージを狙うのも悪くないでしょう。

攻撃力の上昇カードとしては使用条件の緩い一騎加勢も存在していますので

出来るだけレベルの高いスピードロイドを除外するか、

もしくは除外する効果を上手く活用していくのがいいでしょう。

 

 

レベルの変動効果も相手の場にクリアウィング・シンクロ・ドラゴンがいる時等に

レベル4以下にする事で効果の対象から逃れるのに使える場合があり、

更なるシンクロやエクシーズ召喚を狙う場合などに活用が可能です。

 

 

発動条件や対象となるモンスターに色々条件のあるカードではありますが

1ターンキルも十分に狙える爆発力を秘めているカードでもあります。

特にHSRチャンバライダーを主軸にするデッキにはオススメです。

また現在でも最大で攻撃力を3000も上昇させる事が可能ですが

もし今後高レベルのスピードロイドが登場すればさらに強化する事も可能です

そういう意味でも今後が楽しみなカードだと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました