スーパービークロイド-モビルベース:遊戯王カード考察  ちゃっかり新マスタールールに対応しとる・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

 

スーパービークロイド-モビルベース
融合・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻   0/守5000
「ロイド」融合モンスター+「ロイド」モンスター
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ「ロイド」モンスター1体を
デッキ・EXデッキから特殊召喚する。
②:自分・相手のエンドフェイズに
このカード以外の自分のメインモンスターゾーンの
「ロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターを持ち主の手札に戻し、
このカードの位置をそのモンスターゾーンに移動する。

 

 

新しいビークロイドの仲間となる融合モンスターの登場です。

スピードロイドじゃありません、ちゃんと丸藤翔のビークロイドにです。

 

勇者シリーズかトランスフォーマーあたりにいそうなロボットです。

モビルベース、つまり機動基地の名を冠したビークロイドであり

恐らくは相当に巨大なロボットだと思われます。

きっと腕や腹部から各種ロイドが発進するんでしょう。

 

 

融合素材には「ロイド」融合モンスターが1体、

そして何でもいいのでもう1体のロイドを要求します。

融合モンスターは簡易融合で出せるペアサイクロイドが一番お手軽でしょう。

融合モンスター以外の素材はロイドと名がつけば何でもよく

各種ロイドは勿論の事スピードロイドも融合素材にする事ができます。

【スピードロイド】に簡易融合とビークロイド・コネクション・ゾーンを混ぜるだけでも

このカードの融合召喚を狙う事が可能です。

やっぱりユーゴって融合次元の手先なんじゃないかな

 

 

①の効果は1ターンに1度、相手の場のモンスター1体を選択、

選択したモンスターの攻撃力以下のロイド1体を

デッキかエクストラデッキから特殊召喚できるというものです。

モビルベースの名に恥じないまさにロイドを「発進」させる効果です。

EXデッキから特殊召喚する枠があれば極戦機王ヴァルバロイドも出せますが

その場合相手の場に攻撃力4000以上のモンスターが必要な為、

実際に出すのは困難を極めるでしょう。

 

 

②の効果は自分か相手のエンドフェイズ時に

このカード以外でメインモンスターゾーンに存在するロイド1体を選択、

そのロイドを手札に戻したうえで空いたメインモンスターゾーンに

このカードが移動するというものです。

この効果によりこのカードを融合召喚した場合

本来であればEXモンスターゾーンを専有してしまう所を

メインモンスターゾーンに移動してEXモンスターゾーンを開ける事が可能です。

ただし発動タイミングがエンドフェイズ時の為、

融合召喚したターンには移動する事が出来ません。

①の効果で実際にエクストラデッキからロイドを特殊召喚したい場合には

1ターン置く必要があります。

守備力は5000と非常に強固ですが耐性の類は無いので

いかに次のターンまで生存させられるかが鍵となるでしょう。

ビークロイド・コネクション・ゾーンで融合召喚した場合

効果破壊耐性が付与されるので生存性能はかなり高まります。

またEXモンスターゾーンを開ける用途の他にも

①の効果で特殊召喚したロイドを手札に戻して再利用する使い方も可能です。

むしろこちらの使い方が主流になるでしょう。

 

 

①の効果で特殊召喚する候補としてオススメなのはまずエクスプレスロイドです。

攻撃力400の為相手の場にモンスターさえいれば大抵は特殊召喚可能であり

墓地のロイド2枚を手札に回収できる為アドバンテージも十分です。

おまけに②の効果でエクスプレスロイドを手札に戻せば

通常召喚から再度墓地のロイド2枚回収を狙う事も可能です。

 

墓地に回収したいロイドが無い場合にはSRベイゴマックスもいいです。

デッキからベイゴマックスを特殊召喚してタケトンボーグをサーチすれば

そのままタケトンボーグを特殊召喚してランク3エクシーズに繋げられます。

制限カードであるベイゴマックスをデッキから引っ張ってこれる意義は大きいです。

 

EXモンスターゾーンを開けたのであれば2枚目以降のこのカードも選択肢です。

レベル10のモビルベース2体を並べる事で

ランク10のエクシーズ召喚に繋げられます。

②の効果でメインモンスターゾーンに移動してから繋げるのが理想ですが

別にこのカード、融合召喚以外で特殊召喚できないなんて事もないので

一度融合召喚してしまえば戦線復帰なりで蘇生する事も可能です。

守備力5000の壁としても運用できるので積極的に蘇生も狙うといいでしょう。

 

 

各種ロイドサポートに対応するスピードロイドの登場により

関節的にエクスプレスロイドなどの評価が高くなったビークロイドですが

やはり直接的なビークロイド関連の新規の登場は嬉しいものがあります。

このカードもスピードロイドを強くサポートできる性能をしていますが

同時にエクスプレスロイドを始め既存のロイドの価値も高めてくれています。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:DDD怒濤壊薙王(どとうかいちおう)カエサル・ラグナロク

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重魔獣(ちょうじゅうまじゅう)キュウ-B(ビー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王カード考察:プロトロン 予想GUYなどからガベージコレクターでドングルドングリに

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)スティルツ・シューター

今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベリオンよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:LAN(ラン)フォリンクス 効果なし!その代わり素材指定も一切なし!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

巨神竜復活と一緒に揃えておきたいカードは?色んなカードが収録されているぞ!

ストラクチャーデッキR-巨神竜復活-の発売日となる2月6日もいよいよ目前に迫ってきました。 既

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)クラックヘルム

ウィング・レイダーズ、皆さんはお目当てのカードを手に入れる事が出来たでしょうか? 特に幻影騎士

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:覇王烈竜(はおうれつりゅう)オッドアイズ・レイジング・ドラゴン

エクシーズ・ペンデュラムモンスター、2体目   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:龍大神(りゅうおおかみ)

相手によってはただのボーナス、相手によっては悪夢そのもの   今回紹介するのは

記事を読む

遊戯王アークファイブ第108話『アマゾネス・トラップ』感想

遊戯王ARC-V108話の感想です。 タイラー姉妹に敗北してしまったアレンとサヤカ、 そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:天融星(てんゆうせい)カイキ 何度も自己再生して何度も融合召喚

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:アイアンドロー 機械族デッキの新たなドローソース

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:地翔星(ちしょうせい)ハヤテ、天昇星(てんしょうせい)テンマ

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:ヴァレルガード・ドラゴン リバースモンスターと組み合わせてみる?

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:ブラック・バード・クローズ んもー、クロウ君ってばすぐ手札から罠発動する

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこ

→もっと見る

    • 5,349,272 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑