遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-ウィンター・ベル

レベル7までのモンスターを手札から簡単に特殊召喚!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

WW-ウィンター・ベル
シンクロ・効果モンスター
星7/風属性/魔法使い族/攻2400/守2000
チューナー+チューナー以外の風属性モンスター1体以上
「WW-ウィンター・ベル」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「WW」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベル×200ダメージを相手に与える。
②:自分・相手のバトルフェイズに
自分フィールドの「WW」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベル以下のレベルを持つモンスター1体を手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 

 

真冬の風よ。雪も氷も我が力として吹き抜けよ!シンクロ召喚!
現れよ!レベル7!WW-ウィンター・ベル!

 

 

ウィンド・ウィッチのシンクロモンスターです。

アークファイブにおいてリンがユーゴ戦で使用したカードであり

アイスベル2体とスノウベル1体を素材にシンクロ召喚されその後

パラサイト・フュージョナーと共にクリスタル・ベルの融合素材となりました。

アニメでは墓地のウィンドウィッチの効果をコピーする効果を持っていましたが

OCG化にあたり変更されました。

 

%ef%bd%97%ef%bd%97%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%ab

女性をイメージさせた独特の形状のモンスターです。

モチーフがありそうなんですけどちょっと不勉強で分からないです。

恐らくはこれも何かの鈴がモチーフだとは思うんですが。

羽の部分をハンドルに見立てれば自転車のベルと解釈する事もできます。

 

 

レベル7のシンクロモンスターであり

チューナー以外のモンスターに風属性を指定しています。

アニメのようにアイスベル2体とスノウベル1体でチューニングする他に

スピードロイドや幻獣機でも容易にシンクロ召喚を狙えるでしょう。

 

 

①の効果は1ターンに1度、墓地のウィンドウィッチ1体を対象に選択、

そのウィンドウィッチのレベル×200のダメージを与えるというものです。

シンクロ召喚の際にアイスベルを素材にすればそのままアイスベルを選択でき、

アイスベルの効果による500ダメージに加えて

追撃のウィンターベルの600ダメージで更にダメージを加速させる事が出来ます。

またあらかじめ別のウィンターベルを落とす事が出来ていれば

1400のダメージを与える事が可能です。

この効果で墓地のモンスターを選択しても除外したりはしない為、

ウィンターベルをフィールドに維持できれば毎ターン1400ダメージを与えられます。

毎ターン与えられる数値としては中々馬鹿に出来ないダメージ量です。

 

 

②の効果は自分か相手のバトルフェイズ時に

自分の場のウィンド・ウィッチ1体を対象に指定、

そのウィンドウィッチのレベル以下のモンスター1体を

手札から特殊召喚できるというものです。

ただしこの効果で特殊召喚したモンスターはそのターン攻撃できない

いわゆる召喚酔いが発生する制約があります。

アニメにおける魔法カード「WWの呼び声」内蔵したような効果であり

ウィンター・ベル自身がレベル7である為、

実質的にレベル7以下のモンスターを手札から特殊召喚できる効果になります。

バトルフェイズ時に特殊召喚する為、この制約は相当に痛い要素ですが

さすがに手札からそのまま殴れるというのは強すぎるのでしょう。

レベル7以下であれば好きなモンスターを特殊召喚できるという

非常に自由度の高い効果となります。

また召喚師ライズベルトなどでレベルを上げる事ができれば

より高レベルのモンスターを手札から特殊召喚する事も可能です。

 

この効果で特殊召喚する候補として特に有力なのが霞の谷の巨神鳥

その強力な無効化能力をこの効果で使いまわす事が可能になります。

またいざという時にはランク7のエクシーズ召喚も狙う事が出来ます。

相手ターンのバトルフェイズに特殊召喚する場合

マジェスペクター・ユニコーンもオススメです。

フリーチェーンでのバウンス効果により相手の攻撃を妨害する事が可能で

こちらも霞の谷の巨神鳥同様に手札に戻した後に再利用が可能です。

またレベル1のチューナーを特殊召喚すれば

クリスタル・ウィング・シンクロ・ドラゴンに繋げる事も出来ます。

 

 

②の効果はデッキを問わずに重宝するものであり

①の効果もこのカードを連続でシンクロ召喚すれば活用可能な為、

風属性を使うシンクロデッキ全般で採用する意義のあるカードです。

ウィンドウィッチというテーマは全体的に

他の風属性テーマと汲みやすいようにデザインされていますね。

 

%e3%83%aa%e3%83%b3%ef%bc%92

関連記事

遊戯王OCGカード考察:トルクチューン・ギア

チューナーのユニオン登場!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)-OMK(オーエムケー)ガム

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:電子光虫(デジタル・バグ)

以前電子光虫-ライノセバスの記事を書いた時 「電子光虫というテーマが出てくるんじゃないか?」と

記事を読む

キキナガシ風鳥(ふうちょう):遊戯王カード考察 1ターン生き残る事が重要なデッキに

東方天空璋がようやく委託販売されるようになりました。 なんとかノーマルクリアはしたいなぁ・・・

記事を読む

遊戯王アークファイブ第145話『終わりなき反逆』感想

遊戯王ARC-V145話の感想です。 デニスとのエンタメデュエルを無事成功させた遊矢。

記事を読む

遊戯王テーマ考察:捕食植物(プレデター・プランツ)

アークファイブにおいてユーリの使用するテーマ、捕食植物。 インベイジョン・オブ・ヴェノムからカ

記事を読む

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DDD剋竜王(こくりゅうおう)ベオウルフ

今回紹介するのはペンデュラム・ドミネーションよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スウィッチヒーロー

お前のモンスター全部貰うから!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

古代の機械巨人(アンティーク・ギアゴーレム)-アルティメット・パウンド:遊戯王カード考察

三回連続の貫通攻撃で敵を一網打尽ナノーネ   今回紹介するのは1月21日に発売

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,629,400 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑