遊戯王OCGテーマ考察:化合獣(かごうじゅう) ”インベイジョン・オブ・ヴェノム”

インベイジョン・オブ・ヴェノムに新しいテーマ「化合獣」が登場します。

なんとデュアルモンスターが中心となるテーマです。

テーマにデュアルモンスターが含まれるテーマはこれまでもいくつかありましたが

「デュアルモンスターが中心」というテーマはこれが初と言っていいでしょう。

今回はそんな化合獣の紹介をしたいと思います。

 

 

 

化合獣オキシン・オックス
デュアル・効果モンスター
星2/風属性/獣族/攻   0/守2100
①:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
②:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●自分メインフェイズに発動できる。
手札からデュアルモンスター1体を特殊召喚し、
自分フィールドの全てのデュアルモンスターのレベルはターン終了時まで、
この効果で特殊召喚したモンスターの元々のレベルと同じになる。
「化合獣オキシン・オックス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

 

化合獣カーボン・クラブ
デュアル・効果モンスター
星2/炎属性/水族/攻 700/守1400
①:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
②:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●自分メインフェイズに発動できる。
デッキからデュアルモンスター1体を墓地へ送る。
その後、デッキからデュアルモンスター1体を手札に加える。
「化合獣カーボン・クラブ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

 

化合獣ハイドロン・ホーク
デュアル・効果モンスター
星2/水属性/鳥獣族/攻1400/守 700
①:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
②:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●手札を1枚捨て、自分の墓地のデュアルモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
「化合獣ハイドロン・ホーク」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

 

進化合獣ヒュードラゴン
デュアル・効果モンスター
星8/水属性/ドラゴン族/攻 200/守2800
①:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
②:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカード以外のデュアルモンスターが召喚に成功した時に発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
●自分フィールドのデュアルモンスターが効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドのカード1枚を破壊できる。

 

 

進化合獣ダイオーキシン
デュアル・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2800/守 200
①:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
②:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードがモンスターゾーンに存在する限り、デュアルモンスターの召喚は無効化されない。
●1ターンに1度、自分の墓地のデュアルモンスター1体を除外し、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

 

超化合獣メタン・ハイド
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/炎属性/獣戦士族/攻3000/守3000
レベル8デュアルモンスター×2
①:このカードがX召喚に成功した時、
自分の墓地のデュアルモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は自分フィールドのデュアルモンスターを攻撃対象にできず、
効果の対象にもできない。
③:デュアルモンスターが召喚に成功した時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
相手は自身の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送らなければならない。

 

 

完全燃焼(バーン・アウト)
通常罠
「完全燃焼」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの表側表示の「化合獣」モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「化合獣」モンスター2体を特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
②:相手モンスターの直接攻撃宣言時に、墓地のこのカードを除外し、
除外されている自分のデュアルモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはもう1度召喚された状態として扱う。

 

 

テーマの特徴をまとめるとこのような感じです。

・元素や化合物をモチーフにしたテーマである

・属性、種族はバラバラだがデュアルモンスターで統一されている

・レベル2の「化合獣」とレベル8の「進化合獣」に大別される

・全てのモンスターがデュアルに関連した効果を持つ

 

元素、化合物をモチーフとしたテーマでありレベル2の化合獣には

水素(ハイドロジェン)、炭素(カーボン)、酸素(オキシジン)が、

レベル8の進化合獣には二酸化炭素と水が、

エクシーズの超化合獣メタン・ハイドにはメタンハイドレードが、

それぞれモチーフとなっており体に元素記号が描かれています。

なんとなく三沢大地の使用していたウォータードラゴン等を連想させますね。

 

 

徹頭徹尾デュアルモンスターに特化したテーマであり、

メインデッキのモンスターは全てデュアルモンスター、

モンスター効果も全てデュアルモンスターに関連するものであり、

エクシーズモンスターである超化合獣メタン・ハイドにも

素材にデュアルモンスターを指定するという徹底振りです。

ジェムナイトやレッドアイズなど一部にデュアルが存在するテーマこそありましたが

メインデッキのモンスター全てがデュアルというテーマは今まで存在せず

まさに史上初のデュアル特化テーマだと言えます。

この為スーペルヴィスなどのデュアルサポートは勿論、

墓地やフィールドで通常モンスターになるとくデュアルの特徴から

通常モンスターサポートも十分に活用する事が可能です。

ただしレベル4のデュアルモンスターがテーマ内に存在しない為、

デュアルスパークを扱うには他のデュアルモンスターを採用する必要があります。

 

 

また現在判明している全てのモンスターがデュアルに関連した効果を所持しています。

面白いのが罠カードである完全燃焼を除き、

化合獣ではなくデュアルモンスター全般に対応する効果を持っている事で

化合獣以外のデュアルモンスターも積極的に採用していく事が可能です。

強力な効果を持つフェニックス・ギア・フリードやエビル・デーモン、

植物族を混ぜたギガプラント等を採用するのも面白いでしょう。

 

 

どのモンスターも強力な効果を持っていますがデュアルモンスターのである以上

とにかくモンスターを再度召喚する事が大前提となります。

いかにして再度召喚された状態へ持っていくかがこのテーマの肝となるでしょう。

再度召喚をサポートする完全燃焼や化合電界、スーペルヴィスは勿論の事

思い出のブランコをはじめとする特殊召喚手段も重要になってくるでしょう。

このテーマのキーになってくると思われるのが化合獣オキシン・オックスであり

オキシンオックスを再度召喚状態にして手札からデュアルを特殊召喚、

超化合獣メタン・ハイドを筆頭とするエクシーズ召喚につなげる事が

化合獣の基本的な動きになってくると思われます。

 

 

このテーマの切り札となる超化合獣メタン・ハイドは

レベル8のデュアル2体という難解なエクシーズ素材を要求します。

しかしその分その効果は非常に強力であり

まずエクシーズ召喚時にデュアルモンスター1体を墓地から蘇生、

さらに自分のデュアル全てに攻撃選択不可と対象耐性を付与、

そしてデュアルモンスターの召喚時に相手フィールドのカードを

相手に強制的に墓地に遅らせるという様々な効果を持っています。

この強制墓地送りは自分で墓地に送るカードを選べない変わりに

一切の耐性を無視する強力な突破力を秘めており適切な状況で発動できれば

強力な耐性を持つ相手の切り札を突破する足がかりとなります。

 

 

先日、ユニオンが一気に強化されて

「今度はデュアルが強化されたりしないかな」と思っていたりしたのですが

まさかこれほど早く願いが叶うとは思ってもみませんでした。

しかも過去のデュエルをしっかり救済する根回しっぷりです。

9期に入ってからの公式は過去のテーマに対する粋な計らいが多いですね。

 

三沢1

 

※以下の記事は他に作成した関連カードの記事です。
クリックで該当ページに移動します。

 

超合魔獣ラプテノス

デュアルモンスター2体を素材にする融合モンスターです。

ドラゴン族である為龍の鏡で融合召喚する事が可能であり、

メインデッキのモンスターが全てがデュアルである化合獣にとっては

墓地さえ肥えていれば簡単に融合召喚ができるだけでなく、

完全燃焼の②の効果を使う布石としても活躍します。

フィールドのデュアルを全て再度召喚された状態にするその効果は

化合獣にとって非常にありがたい存在となってきます。

また同じ条件で始祖竜ワイアームの融合召喚を狙う事も出来る為、

状況に合わせた融合モンスターを出していくといいでしょう。

 

 

炎妖蝶ウィルプス

自身をリリースする事で再度召喚された状態で

デュアルを蘇生する効果を持つデュアルモンスターです。

思い出のブランコからヒュードラゴンや

ダイオーキシンに繋げたい場合に重宝します。

またレベル4である事も特徴であり他の化合獣では対応していない

デュアルスパークをデッキに取り入れる事が可能となります。

関連記事

遊戯王テーマ考察:LL(リリカル・ルスキニア)

DIMENSION BOX LIMITED EDITIONには アークファイブのデュエリストに

記事を読む

遊戯王アークファイブ第123話『栄光の機械竜』感想

遊戯王ARC-V123話の感想です。 見事BB相手にエンタメデュエルを成功させた遊矢、

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:守護神官マハード

マハードさん強かった!   今回紹介するのは劇場版 遊☆戯☆王 THE DAR

記事を読む

黄昏の忍者-カゲン:遊戯王カード考察  こいつのおかげでブンシン・ジツが使いやすくなりました

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:岩石の番兵

え?蘇生条件緩くない?   今回紹介するのはムービーパックよりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:禁忌の壺

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:スカイスクレイパー・シュート

これぞHEROの必殺技だ!   今回紹介するのは20th ANNIVERSAR

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:召喚神エクゾディア、魔神火炎砲(エグゾード・フレイム)

11月28日にMILLENNIUM BOX GOLD EDITIONが発売される事になりました。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)セカンドンキー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン):遊戯王カード考察

墓地も除外カードも全部デッキに戻す!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ユニオンはさして制約があるわけでもなく使用できるけど、召喚権2回使用はなぁ。他のカード使ってようやく動けるようじゃ遅い。
    魔法でフィールド全てのデュアルモンスターを再度召喚した状態にする。くらいでてくれないと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

燃え竹光(もえたけみつ):遊戯王カード考察 これから毎ターンメインフェイズ1スキップしようぜ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,473,435 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑