遊戯王OCGカード考察:機殻の凍結(クリフォートダウン)

スポンサーリンク

3体分とか言い出しやがりました

 

今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカードです。

 

 

 

機殻の凍結
通常罠
①:このカードは発動後、
効果モンスター(機械族・地・星4・攻1800/守1000)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果でこのカードを特殊召喚したターン、
自分フィールドの「クリフォート」魔法・罠カードは効果では破壊されない。
②:このカードの効果で特殊召喚したこのカードは、
「アポクリフォート」モンスターをアドバンス召喚する場合、
3体分のリリースにできる。

 

 

新しく登場するクリフォートの罠モンスターです。

機殻の凍結

イラストではクリフォート・ツールの一部と思われるものが

上空に向けて発射されています。

カード名から推測すると何らかの緊急措置として

クリフォートのプログラムを停止、

強制脱出装置で外部へ避難させているのでしょうか。

 

 

 

①の効果は罠モンスターとしてフィールドに特殊召喚しそのターン、

自分の場のクリフォート魔法罠に効果破壊耐性を付与するというものです。

この時特殊召喚した機殻の凍結は罠カードとしては扱わない為、

このカード自身には効果破壊耐性を付与する事は出来ません。

サイクロン等の魔法除去にチェーンして特殊召喚する事で

その魔法除去を無駄撃ちさせる事が可能であり、

特にペンデュラムゾーンのクリフォート・ツールを守るのに重宝します。

 

 

②の効果は①の効果で特殊召喚したこのカードに

アポクリフォートモンスターのリリース要因となる場合にのみ

3体分のリリースとして扱うというものです。

クリフォートの切り札となるアポクリフォート・キラーと

アポクリフォート・カーネルの召喚条件をこのカード1枚で満たせる為、

この2枚のカードの使い勝手を飛躍的に向上させています。

 

 

三邪神あたりにも分けてくれませんかこれ(

とうとう1体で3体分リリースになるカードが登場してしまいました。

①の効果だけでも十分に優秀ですがやはりこのカードを最大限に扱うなら

積極的にアポクリフォートのリリース要因となるのを狙うべきでしょう。

クリフォートの切り札であるアポクリフォートの2体ですが

クリフォートというテーマはそれらに頼らずとも十分に強力であったために

1枚だけピン刺しされる程度であまり採用率の高いものではありませんでした。

しかし3体分のリリース要因となれるこのカードの登場により

キラーとカーネルを主軸にするデッキ構成も組みやすくなるでしょう。

このカード自体がクリフォート・ツールでサーチできる点も見逃せません。

クリフォートツールでアポクリフォートと機殻の凍結をそれぞれサーチすれば

それでキラーやカーネルがポンと出てくるのです。

何それ超怖い。

 

 

それにしてもこのイラストはデュエルターミナルの新しい展開を表しているのでしょうか?

まだまだデュエルターミナルのストーリーが続くなら嬉しい所です。

コメント

  1. 匿名 より:

    個人的にですがイラストの場面はおそらくキラーのコア的な物なのかなと思ってます(煉獄の消華で凍結したシェキナーガからキラー本体が分離されてる?)
    効果はツールを守りつつ生け贄を用意できて強い
    3体分のと書いてあるのでさすがに2体分にはならないですかね?できたら使い勝手が良すぎるからないでしょうけど・・・

タイトルとURLをコピーしました