遊戯王アークファイブ第85話『水晶の翼』感想

公開日: : 最終更新日:2015/12/14 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG

遊戯王ARC-V85話の感想です。先週休みだったので2週間ぶりですね。

ユーゴVSセレナもこれからが本番といった感じになりそうです。

はたしてクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンはどのような活躍をするのか。

 

 

 

ギャンブルカードはまだ続く

見事にクリアウィングのシンクロ召喚に成功したユーゴ。

しかし月光舞豹姫の方が攻撃力が高くしかも全体攻撃が可能なモンスター。

すなわち特殊召喚したばかりのクリアウィングにも攻撃可能という事。

しかしユーゴは罠カード「運命のサイコロッセオ」を発動。

ダイスを振りその目が偶数であれば攻撃力を1000アップさせるというもの。

出た目のライスは6、効果は無事発動しクリアウィングの攻撃力は3500に。

攻撃力を逆転されこのままでは返り討ちにあってしまう月光舞豹姫。

しかしここでまたもやロディ長官の策略によりコース変更。

セレナはアクション魔法「奇跡」をゲットして月光舞豹姫の破壊を防ぎます。

またコース変更に助けられたセレナ、2人とも何者かの作為を感じているようです。

しかしユーゴはそれすらも「時の運」と解釈し前向きに戦います。

 

 

セレナの美学

ユーゴのターン、ユーゴは新カード「SRパチンゴーカート」を召喚。

パチンコ(スリングショットの方)がモデルのモンスターですね。

パチンゴーカートは攻撃を放棄する代わりに相手モンスター1体を破壊する効果、

対象に月光舞豹姫を選択しますが舞豹姫は相手の効果を受けません。

しかしユーゴの狙いは破壊ではなく「月光舞豹姫を対象に選択する事」でした。

レベル8舞豹姫が対象になった事でクリアウィングの発動条件をクリア、

その効果によりパチンゴーカートを破壊して攻撃力を1800アップさせます。

これで再びクリアウィングの攻撃力が舞豹姫を上回りました。

そしてどうやらセレナには現在この窮地を打開するカードがないようです。

しかしここでロジェが再びコース変更を指示、意地でもセレナを勝たせたいようです。

再びコースが変更されセレナの前にはアクションカード、

しかしセレナはこれをスルーしクリアウィングの攻撃を甘んじて受けます。

クリアウィングの攻撃によって舞豹姫は破壊されなセレナに大ダメージ。

それでもセレナは他者から与えられるチャンスをよしとはしませんでした。

セレナのこの行動にロジェ長官は驚きを隠せない様子です。

勝利は自分の手で掴みとる、それがセレナの美学なのでしょう。

一方でユーゴは転がっているチャンスは意地でも拾う心構えを持っていました。

その手には先ほどセレナがスルーしたアクションカードが握られています。

しかしセレナはそれすらも望むところだと言った態度です。

 

 

特徴的すぎるシルエット

月光舞豹姫を破壊されたセレナですが只では転びません。

罠カード「月光輪廻舞踏(ムーンライト・リンカーネーション・ダンス)」を発動、

その効果により2枚のペンデュラムカードを手札に加えます。

赤馬社長はセレナにもちゃんとペンデュラムカードを渡していたようですね。

そんな2人の様子に盛り上がるデュエル会場ですが上空になにやら人影が。

間違いありません、ユーリです。

ユーリがとうとうシンクロ次元にやってきました。

以前の余裕のあるような表情ではなく、真面目な顔をしているユーリ。

その手には紫に輝くカードがありました。

もしかしたらユーリもカードの共鳴によって引き寄せられたのかもしれません。

 

 

セレナのエンターテイメント

コースを一周し会場に戻ってきたユーゴとセレナ。

会場では2人の検討を称えるユーゴコールとセレナコールで溢れかえっていました。

歓声的にはセレナコールの方がやや多い感じでしょうか?

声援を受ける事に慣れていないのか戸惑うセレナに対し、

ユーゴはこの声援に応えてやろうぜと提案を持ちかけます。

セレナはそれも悪くないと考えたようでその顔には笑みが浮かんでいました。

「レディース、アーンド、ジェントルメーン!」

そしてノリノリで観客に向けて声をかけるセレナ。

遊矢が謳ってきたエンタメデュエルを彼女もなんとなく理解したようです。

融合次元の戦士である狂犬のようなデュエリストはそこにはいませんでした。

いるのは観客に笑顔をもたらす1人のエンターテイナーの女の子です。

 

 

セレナの新しい切り札

セレナはペンデュラムカードである月光狼(ムーンライト・ウルフ)と

月光虎(ムーンライト・タイガー)でペンデュラムスケールをセッティング、

月光黒羊と月光紫蝶をペンデュラム召喚します。

セレナのペンデュラムモンスターもまた融合召喚に特化しており、

月光虎のペンデュラム効果によって墓地の月光舞豹姫を蘇生、

さらに月光狼のペンデュラム効果でフィールドの月光3体を素材に融合召喚します。

3体の月光を融合させ現れたのは新モンスターであるムーンライト・ライオ・ダンサー、

漢字にすると「月光舞獅子姫」でしょうか?セレナの新しい切り札です。

攻撃力3500を誇るライオダンサーでクリアウィングを攻撃。

しかしユーゴは先ほど拾ったアクション魔法「起死回生」により破壊耐性を付与、

さらに攻撃力を上昇させる事でダメージを減らしクリアウィングも残しました。

ですがライオダンサーの攻撃はまだ終わりません。

このカードもやはり2回攻撃効果を持っておりさらにこの月光舞獅子姫は

1回目で破壊を無効にするのではなく、攻撃対象以外のモンスターを全て破壊、

その上で追加攻撃をするというダイレクトアタックを狙うモンスターのようです。

ライフ4000のルールでは恐ろしいモンスターだと言えるでしょう。

この効果をユーゴは今度はクリアウィングの効果で無効にして破壊しようとしますが

月光舞獅子姫は効果を受けずさらに対象にもならない完全耐性を持っていました。

そこでユーゴはさらにカウンター罠「奇跡のクール・ミラー」を発動。

墓地の起死回生を除外する事でクリアウィングに破壊耐性を付与しました。

それでもライオダンサー自体の攻撃は止まりません、ユーゴのライフが残り200に。

 

 

水晶の翼

「お楽しみはこれからだ!」との台詞と共にユーゴのターン。

まずユーゴは墓地の電々大公の効果を発動、ライフが1000以下の時に

墓地の電々大公を除外する事で墓地のチューナー、赤目のダイスを蘇生させます。

そして赤目のダイスとクリアウィング・シンクロ・ドラゴンでチューニング、

今回の主役とも言うべきクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンを召喚です。

攻撃力は3000、攻撃力3500のライオダンサーより低いです。

それでもユーゴは躊躇なくライオダンサーに攻撃をしかけます。

クリスタルウィングの効果、それはレベル5以上のモンスターと戦闘を行う時、

相手の攻撃力をそのまま自分の攻撃力に加えるというもの。

これによりクリスタルウィングの攻撃力は6500にまで上昇。

ライオダンサーは破壊されセレナのLPは0となりました。

ユーゴの勝利です。

 

 

称えあう両者、そして・・・

デュエルが終わり2人が会場へ戻ると2人を称える大歓声がありました。

その様子は包囲されている評議会にも伝わっていましたが、

何やらこの騒ぎの隙を突いて赤馬社長が目線で指示を送った模様です。

デュエルに敗北をしたものの、清々しい笑顔をしたセレナの姿、

どうやらデュエルの楽しさというのをしっかりと理解できた模様です。

そしてセレナはユーゴに握手を求め2人は握手を交わします。

「リーーーーーン!」

ヘルメットを脱いだセレナを前に再び持病が再発するユーゴ、

抱きつこうとするもののしっかり顔パンで対処されます。

ハリセンで対処する柚子の方が優しいですね(

それでもユーゴを称え、会場を後にするセレナの姿がありました。

セレナに声援を受けて浮かれるユーゴですが何かの気配を感じ空を見上げます。

視線の先には奴がいました、リンを攫った仇敵ユーリの姿が。

そしてユーリもまた険しい表情でユーゴを睨み付けていました。

 

 

 

 

デュエルの楽しさを知ったセレナの笑顔がまぶしい回でした。

それと同時にとうとうシンクロ次元にやってきたユーリに緊張が走ります。

これもうロジェ長官時間切れじゃないでしょうか?

 

次回予告『怯まぬ決意』

ついに零羅回キター!

シンクロ次元編からランサーズのメンバーとして姿を見せながらも

今まで1度もデュエルの機会の無かった零羅、ついにデュエルをするようです。

正直零羅が活躍する回をずっと心待ちにしていたのでとても嬉しいです。

神経ガスというリアリスト兵器により身動きの取れなくなったセレナ。

しかしそんな窮地に駆けつける零羅、はたしてどのように活躍してくれるのか。

それにしてもこれでセレナはランサーズ全員と絡んだ事になりますね。

これで問題なくセレナ主役のランサーズ乙女ゲーができます。

 

 

超熱血!デュエル塾

今回の司会はユーゴと柚子。今回の勝利祝いといった様子です。

今回はクリスタル・ウィング・シンクロ・ドラゴンの解説です。

ユーゴ曰く「とっておき」との事であり一応最初から持っていたカードのようです。

OCG版と違い、素材とするシンクロモンスターはレベル5以上に限定、

また①の効果の対象はフィールドのモンスターのみといった違いがあります。

OCGに比べるとやや弱体化していますが①の効果は誘発即時効果ではなく、

フリーチェーンで発動できる効果になっている為テクニカルな運用が出来るかもしれません。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:クリストロン・インパクト、クリストロン・エントリー、クリスタルP(ポテンシャル)

全部強いです。   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)78 ナンバーズ・アーカイブ

安定性重視か少し冒険してみるか?   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:No.(ナンバーズ)93 希望皇ホープ・カイザー

今回はザ・ヴァリアブル・ブック18の付属カードであるこのカードの紹介です。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD怒濤壊薙王(どとうかいちおう)カエサル・ラグナロク

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

DDD疾風大王(しっぷうだいおう) エグゼクティブ・アレクサンダー:遊戯王カード考察

アタッカーとしても展開要因としても活用できる!   今回紹介するのはコード・オ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-スキップ・フォース

お前ランクアップマジック何枚目だよ!   今回紹介するのはシャイニング・ビクト

記事を読む

デコード・トーカー:遊戯王カード考察

リンク召喚のトップバッター兼アピール要因!種族も新しい!   4月に新しく放映

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:方界(ほうかい) ”ムービーパック”

2016年4月23日! とうとう劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIME

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:月光(ムーンライト)

ランサーズの逆ハーレム紅一点にして融合次元代表のセレナの扱うムーンライト、 アニメで活躍してい

記事を読む

遊戯王OCG,2016年7月の制限改定を個人的に予想してみる

6月になりました。そろそろ新しいリミットレギュレーションの時期ですね。 とはいってもブルーアイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,201,128 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑