動画紹介:エンターテイメントのデュエルとは?

公開日: : 動画紹介, 遊戯王

今回紹介するのは遊戯王のニコニコ動画の中でも非常に有名なものの1つです。

それでもこの動画は是非紹介したいと思いました。

 

【遊戯王】 カオスな友達とカオスな闇のゲームをしてみた その12

注意:この動画は2011年12月25日に投稿されたものでルール、禁止制限も当時に則っています。

 

 

この動画は実際にデュエルしている場面を撮影し、それを映像にしたタイプの動画です。

また同時にデュエル中にカードの絵を加工した、様々な演出が入るのが特徴です。

後はもう実際に見てくださいとしか言えません。

デッキ内容、プレイング、掛け合い、演出、展開、そのどれもが非常に素晴らしいものとなっています。

特に「超スゴイ左腕」の場面は自分、大興奮いたしました。それ以外にも見所満載です。

まさに「これぞエンターテイメント!」と言えるようなデュエルです。

 

「その12」と書かれている事からも分かる通り、他にも多くのデュエル動画を挙げています。

今回はその中でも特にオススメのものを紹介させてもらいましたが、

他の動画も非常に面白いので是非一度見てみるといいでしょう。

 

 

※動画の著作権はそれぞれの製作者に帰属します。
もし紹介した動画に問題があるようでしたら、メールよりご連絡ください。
対処いたします。
また他の方の迷惑に繋がりますので、
紹介した動画に対して「○○から来ました」といったコメントは、
控えていただくようお願いします。

関連記事

【時械神(じかいしん)】:遊戯王テーマ考察  その本質はグッドスタッフやシルバーバレットに近いです

時械神。 遊戯王5D’sのラスボスであるZ-ONEの使うテーマであり、 その圧倒的な力で

記事を読む

白闘気白鯨(ホワイト・オーラ・ホエール)遊戯王カード考察  貴重なレベル8水シンクロ、除去要員としてもアタッカーとしても優秀

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

オッドアイズ・ランサー・ドラゴン:遊戯王カード考察  サポート豊富で結構出しやすい3000打点

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第118話『サバイバル・デュエル』感想

遊戯王ARC-V118話の感想です。 お盆休みに実家に帰っていた為記事の作成が遅れてしまいまし

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:パワー・ウォール

あのヘルカイザーのカードついにOCG化   2016年12月17日に 2

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ラーの翼神竜-不死鳥(ゴッドフェニックス)

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

スローライフ:遊戯王カード考察  通常召喚一切活用しないデッキって結構少ないんですよ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:化合電界(スパーク・フィールド)

デュアルに欲しかったものがここにある   今回紹介するのはインベイジョン・オブ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:冥帝従騎(めいていじゅうき)エイドス

今回紹介するのは真帝王降臨よりこのカードです。     冥帝従

記事を読む

遊戯王アークファイブ第123話『栄光の機械竜』感想

遊戯王ARC-V123話の感想です。 見事BB相手にエンタメデュエルを成功させた遊矢、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,626,734 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑