遊戯王OCG新カード考察:EMラクダウン

スポンサーリンク

今回もクラッシュ・オブ・リベリオンの新カードの考察をしていきたいと思います。

 

 

EMラクダウン
ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻800/守1800
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
相手フィールドの全てのモンスターの守備力はターン終了時まで800ダウンし、
このターン対象のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が越えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
【モンスター効果】
①:このカードが戦闘で破壊された場合に発動できる。
このカードを破壊したモンスターの攻撃力は800ダウンする。

 

 

というわけでやってきました、エンタメイトの新しい仲間です。

ペンデュラム効果の方は敵全体の守備力を下げ、さらに自分のモンスター1体に貫通効果を与えます。

エンタメイトはかなりの脳筋テーマであり破壊耐性を持つ相手をどうするかは課題の1つであった為、

守備力を下げ貫通ダメージを与えるこのカードはその課題に対する1つの答えになってくれるでしょう。

エンタメイトは攻撃力が4000、5000行く事も珍しくなく、

貫通効果によってデュエルに決着を付けられる場面も多く発生するでしょう。

エンタメイトとしてはかゆい所に手が届く美味しい効果と言えます。

 

 

モンスター効果も非常に優秀です。

破壊したモンスターの攻撃力を800下げ、しかも永続効果なのが特徴です。

守備力1800という点も優秀であり、アタッカークラスでないと突破できないのに、

そのアタッカーで突破したら攻撃力が下がってしまうというジレンマを相手に与えます。

こんなのがペンデュラム召喚で毎ターン出てきたら相手からすればたまったものじゃありませんね。

非常に嫌らしい壁として機能してくれるでしょう、いざという時には自爆特攻をするのも手です。

 

そして何よりもレベル4、スケール2のペンデュラムモンスターであるというのが見所です。

効果もモンスター効果、ペンデュラム効果双方ともEM以外にも幅広く活用できるものである為、

レベル4主体のペンデュラム召喚を行うデッキならばEMに限らず、

様々なデッキに出張できるスペックを持っています。

ペンデュラムマジシャン、オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン両方のサーチにも対応している点も見逃せません。

総じて様々な場面で活躍できる優秀なモンスターと言えるでしょう。

 

 

以下相性が良いと思われるカードです。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

青き眼の乙女

EMヒックリカエルと同様に自分のモンスターを対象にできる為、毎ターン能動的に青眼の白竜を呼び出す事が出来ます。

また貫通効果の方も青眼の白竜の攻撃力を十分に発揮するのに役立ってくれるでしょう。

このカードのおかげで【青眼エンタメイト】みたいなデッキも作りやすくなると思われます。

 

No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ

攻撃力を下げる効果からラグナ・ゼロの効果の発動の手助けとなります。

同様の事はEMウィップ・バイパーも可能であちらは能動的に発動できますが、

ラクダウンの方はペンデュラムモンスターである点を生かしていくといいでしょう。

ランク4のエクシーズ召喚を狙うエンタメイトならばウィップ・バイパーと一緒に発動の手助けとなってくれるでしょう。

勿論エクシーズに使ってしまうとエクストラデッキにはいかず、墓地へ行ってしまう点は考慮しないといけません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました