遊戯王OCGカード考察:ブンボーグ007(ゼロゼロセブン)、ブンボーグ008(ゼロゼロエイト)

ブレイカーズ・オブ・シャドウ、とうとう今日発売ですね!

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

ブンボーグ007
ペンデュラム・効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻 500/守 500
【Pスケール:青10/赤10】
①:自分は「ブンボーグ」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
【モンスター効果】
①:このカードの攻撃力は、自分の墓地の「ブンボーグ」カードの数×500アップする。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の「ブンボーグ」モンスターを攻撃対象にできない。
③:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 

 

ブンボーグ008
ペンデュラム・効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻 500/守 500
【Pスケール:青1/赤1】
①:自分は「ブンボーグ」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
【モンスター効果】
①:このカードの攻撃力は、自分の墓地の「ブンボーグ」カードの数×500アップする。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の「ブンボーグ」カードを効果の対象にできない。
③:このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

 

 

 

ブンボーグのペンデュラムモンスターがさらに2体!

毎回少しずつ追加されていたブンボーグシリーズが一気に2体登場しました。

ブンボーグ007はいつか絶対くると思っていたハサミやカッターナイフ等の

刃物系の文房具をモチーフにしているモンスターです。

ハサミ型のレーザーブレードを二刀流しているその外見は

いかにもな近接特化型の機体であると推測できます。

一方のブンボーグ008は単語帳をツインテールに見立てた女性型ロボットで

他にもノートやメモ帳といった紙類をモチーフにしたモンスターです。

こちらは情報収集や分析を得意としていそうな機体です。

 

 

ブンボーグしかペンデュラム召喚できない制約を持つペンデュラム効果に

スケールがそれぞれ1と10である点はブンボーグ005、006と共通しています。

またブンボーグ005とブンボーグ006が似た性質を持っていたように

この2枚のカードも共通する部分が多く存在します。

どちらも最上級モンスターですがペンデュラム召喚の他にも

ブンボーグ003や004、ブンボーグ・ジェット等の効果で特殊召喚が可能であり、

フィールドに出すのはそれほど難しくないでしょう。

 

 

どちらのカードも①の効果は共通しており、墓地のブンボーグの数×500だけ

自身の攻撃力を上昇させる事が可能です。

墓地のブンボーグが5体の時点その攻撃力は3000に到達し

アタッカーとして十分な攻撃力を得る事が出来るでしょう。

 

 

ブンボーグ007の②の効果はモンスターゾーンに存在している間、

他のモンスターを攻撃対象に出来なくする効果です。

2体そろえる事で相手の攻撃を封じる事が出来るロックが成立しますが、

墓地にブンボーグが揃っていれば単体でも強力な壁となってくれるでしょう。

 

一方でブンボーグ008の②の効果は同じくモンスターゾーンに存在している間、

他のブンボーグカードを効果の対象に選べなくさせる効果です。

こちらも他のブンボーグを大きくサポートできる効果であり、

条件が揃えば大きな攻撃力を得る事が出来るブンボーグに

対象耐性を付与できる事は相手にとって大きな脅威となるでしょう。

ペンデュラムゾーンのブンボーグにも対象耐性を付与できる点も魅力的です。

こちらもフィールドに2体の008を揃えれば対象の穴が無くなります。

 

 

③の効果は2体とも戦闘に関する効果です。

ブンボーグ007は守備表示に攻撃した時の貫通効果を、

ブンボーグ008は2回攻撃できる効果を持っています。

2枚とも墓地のブンボーグの数だけ攻撃力が上昇する為、

ブンボーグの中でも特に高い攻撃力を誇る可能性を秘めています。

 

 

 

これらのカードの登場によりブンボーグ004がさらに強化される事になりました。

レベル8のブンボーグ008を墓地に送れば攻撃力は4500にまで達します。

ダメージを与えられない制約が発生するとはいえ、

カード1枚でオベリスクすら一方的に破壊できる攻撃力はまさに破格です。

ブンボーグ004の効果を使えば墓地にブンボーグを貯める事が出来る点からも

ブンボーグの中でも特に相性がいいと言えるでしょう。

 

また2枚ともペンデュラムカードである為、エクストラデッキに送る事で

ブンボーグ005、006の攻撃力の増加にも貢献する事が出来ます。

しかし逆に007と008は墓地のブンボーグの数だけ攻撃力が上昇する為、

エクストラデッキと墓地のどちらに送るかの判断が重要になってくるでしょう。

 

 

その効果からブンボーグの中でもアタッカーとして期待できる2枚です。

しかしその場合いかに墓地にブンボーグを貯められるかが重要になってきます。

ブンボーグ004や手札抹殺等で積極的に墓地を肥やす必要があるでしょう。

 

 

元ネタのサイボーグ009を考えると残すはリーダーである009となりました。

恐らく今後確実に登場すると思いますがはたしてブンボーグ009は

どの文房具をモチーフにするかがとても興味があります。

あとありそうなのは電卓やそろばんなどの計算をする文房具や

下敷きといった敷くタイプの文房具あたりでしょうか。

 

サイボーグ009

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ランスフォリンクス、竜角の狩猟者、ドラコニアの獣竜騎兵、ドラコニアの海竜騎兵

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:不知火(しらぬい)

ブレイカーズ・オブ・シャドウのカードも結構判明してきましたね。 今回紹介するのは和風テーマ、不

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:波紋のバリア -ウェーブ・フォース-

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD怒濤壊薙王(どとうかいちおう)カエサル・ラグナロク

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

【チェーンバーン(遊戯王世界大会2017)】:大会で活躍したあのデッキを検証

Yu-Gi-Oh! World Championship 2017 大規模な遊戯王の世界大会が

記事を読む

暗黒界の洗脳(あんこくかいのせんのう):遊戯王カード考察

ライコウ「何このマント・・・」   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリ

記事を読む

無差別崩壊:遊戯王カード考察  ギャンブルカードの中でもかなり使いやすいです

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ヘルプリンセス

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダーク・サンクチュアリ

ついにウィジャ盤が強化される!   6月4日に初代遊戯王関連のカードが収録され

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜脈の魔術師

もうすぐマスター・オブ・ペンデュラムが発売されますが そういえばまだ紹介していないカードも残っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,626,734 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑