遊戯王OCGカード考察:竜の束縛(ドラゴンズ・バインド)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

竜の束縛
永続罠
自分フィールドの攻撃力・守備力が2500以下の
ドラゴン族モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いに対象のモンスターの元々の攻撃力以下のモンスターを特殊召喚できない。
②:対象のモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

 

 

新しく登場したドラゴン族用の永続罠カードです。

アークファイブにおいてユーゴが沢渡シンゴ戦で使用したカードであり、

クリアウィング・シンクロ・ドラゴンを対象に発動してペンデュラム召喚を封じました。

この時沢渡は見事な戦術でこのロックを突破していました。

アニメでは自壊もせず、ドラゴン族モンスターであれば何でも対象にでき、

しかも自分は特殊召喚が遠慮なくできるというインチキ効果でしたが

さすがにそれでは強すぎた為かOCG化では弱体化されています。

 

 

攻撃力・守備力が2500以下の自分のドラゴン族を対象に発動できる永続罠カードで

①の効果は竜の束縛が魔法罠ゾーンに存在する限り対象にしたドラゴン族の

元々の攻撃力以下のモンスターの特殊召喚を封じるというものです。

制限カードである虚無空間の例を見ても分かるとおり特殊召喚封じというものは

非常に強力なロック効果であり多くのデッキが機能停止に追い込められます。

ただし特殊召喚を封じるのは対象にしたドラゴン族以下のモンスター限定であり

それ以上の攻撃力のモンスターは特殊召喚を封じられません。

その為融合モンスターなどは特殊召喚を許してしまう余地も存在しますが

それでも多くのシンクロやエクシーズをメインとするデッキは機能停止するでしょう。

逆にこの穴を利用して自分だけ特殊召喚をするといった戦術も可能です。

 

 

②の効果は対象にしたドラゴン族モンスターがフィールドから離れた場合に

竜の束縛が破壊されてしまうという自壊デメリットです。

この自壊デメリットにより出来るだけ対象にしたドラゴン族モンスターを

フィールドに維持する努力が必要になってきます。

閃珖竜スターダストやクリアウィング・シンクロ・ドラゴンなどであれば

モンスター自体が耐性を持っており、ある程度維持もしやすくなるでしょう。

 

 

対象にするドラゴン族モンスターの攻撃力守備力は現在の数値を参照しますが

特殊召喚を封じる攻撃力はその対象したモンスターの元々の攻撃力を参照します。

その為聖刻竜の効果で攻撃力と守備力が0になったモンスターを対象にすれば

より高い攻撃力のモンスターの特殊召喚も封じる事が可能です。

・・・最もその場合攻撃力と守備力が0になったモンスターを維持する必要がありますが。

現実的には禁じられた聖槍などで一時的に攻撃力を下げた上で対象にするのが

よりロックを強力にする手段として効果的でしょう。

 

 

自壊デメリットこそありますが虚無空間に比べればまだ維持はしやすいと思われます。

いずれにしても強力なロックを作るカードである事には間違いありません。

 

 

・・・ところで自分もこのあたりのルールちょっと自信がないのですが

対象にしたモンスターをエクシーズ素材にした場合ってどうなるのでしょう?

少なくとも自壊はしないはずですが特殊召喚封じは維持されるのでしょうか?

 

ユーゴ2

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン

レベル4のモンスター2体で出せる攻撃力2500のドラゴン族です。

ランク4のエクシーズ召喚を狙うデッキであれば簡単に場に出せる為

例えメインデッキにドラゴン族モンスターを一切採用していないとしても

安定して竜の束縛を発動させる事が可能です。

 

 

安全地帯

対象のモンスターに戦闘破壊耐性と対象耐性を付与できるカードです。

竜の束縛の対象にしたドラゴン族を維持するのに役立つでしょう。

サイクロンなどで安全地帯が除去されれば対象にしたドラゴン族も破壊されますが

そもそも相手がそういった除去手段を持っているのならば

どちらにせよ竜の束縛が除去されている為あまり関係がありません。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ウィム・ウィッチ

ペンデュラムもアドバンス召喚する時代!   今回紹介するのはインベイジョン・オ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第59話『地下ライディング・デュエル!!』感想

遊戯王ARC-V59話の感想です。 Emウォーター・ダンサーとEmファイヤー・ダンサーでスケー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:不知火の隠者(かげもの)

不知火だけでなくアンデット族全般とっての期待の新生!   今回紹介するのはザ・

記事を読む

リンク・ディサイプル:遊戯王カード考察  サイバース・ガジェットが使いやすくなりました

5月21日にVジャンプ7月号が発売されました。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカ

記事を読む

古代の機械巨人(アンティーク・ギアゴーレム)-アルティメット・パウンド:遊戯王カード考察

三回連続の貫通攻撃で敵を一網打尽ナノーネ   今回紹介するのは1月21日に発売

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) デッドリーガイ

結構お世話になる打点強化要因   今回紹介するのは20th ライバル・コレクシ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:疾走の暗黒騎士ガイア

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

覇王白竜(はおうはくりゅう)オッドアイズ・ウィング・ドラゴン:遊戯王カード考察 Pゾーンにいってからが本番だ

4月28日にマスターガイド5が発売されます。 今回紹介するのはその付属カードとしてついてくるこ

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇団-ティンクル・リトルスター

デビル・ヒールと相性バッチリ!   今回紹介するのはDIMENSION BOX

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSY(サイ)フレーム・オーバーロード

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,384,955 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑