遊戯王OCG新カード考察:サイコ・ブレイド

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 
サイコ・ブレイド
装備魔法
「サイコ・ブレイド」は1ターンに1枚しか発動できない。
100の倍数のLPを払って、このカードを発動できる(最大2000まで)。
①:装備モンスターの攻撃力・守備力は、
このカードを発動するために払ったLPの数値分アップする。

 

 

新たに登場した装備魔法です。

似たような名前の装備魔法カードとしてサイコ・ソードがありますが

あちらがサイキック族専用の装備魔法なのに対し、

こちらはどの種族にも装備させられる汎用の装備魔法となっています。

汎用的な装備魔法の登場もまた随分と懐かしい気がします。

 

 

その効果は最大2000までライフを払って発動しその払った分だけ

装備モンスターの攻撃力・守備力を上昇させるというものです。

ライフコストを代償に2000まで攻撃力を上げる事のできる

デーモンの斧ともいえる装備魔法となっています。

少なくないライフを代償としますが最大で2000という数値は

攻撃力上昇系のカードの中でも単純な数値では最大のものとなります。

2000という上昇量は弦魔人ムズムズリズムに装備すれば7000打点にも到達し、

機甲忍者ブレード・ハートならば4200の2回攻撃と1キル圏内にまで届きます。

RR-レヴォリューション・ファルコンに装備させた場合

特殊召喚された攻撃表示モンスターを2体攻撃すれば1キルが達成できます。

装備魔法故にサイクロンなどで簡単に除去されてしまう弱点こそありますが

高いライフポイントを払う意義は確かに存在するカードと言えるでしょう。

複数枚発動したら洒落にならない攻撃力に簡単に出来る為か1ターンに1度の制約が

存在しますが例えこの制約がなくても複数枚発動するのは少し厳しいでしょう。

 

 

また攻撃力を上昇させる他にも自分のライフを微調整するカードとしても使えます。

例えば潤いの風の②の効果を発動させる為にわざとライフを減らす事も可能です。

アルマはライフコストを補う事が容易なので相性はいいでしょう。

 

 

クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した一騎加勢も相当な脳筋カードでしたが

このカードはそれに輪をかけて脳筋なカードと言えるでしょう。

ライフコストの関係上、複数枚発動するのは厳しいものがありますが、

切り札として1枚デッキに忍ばせておくのはいかがでしょうか。

 

アテナ

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

CNo.39 希望皇ホープレイ

サイコ・ブレイドのライフを減らす効果が非常に活きてくる1枚です。

ホープレイの効果の発動はライフが1000以下である事が条件ですが

サイコ・ブレイドのライフコストによってライフが3000以下であれば

ホープレイの発動条件を満たす事が可能になります。

ホープレイ自身の効果も合わせて攻撃力は6000にまで到達する上

相手の攻撃力を下げればまるまる6000ダメージを与える機会も多いでしょう。

 

 

SNo.39 希望皇ホープONE

ホープレイと同様ににライフコストを払う事で発動条件を満たしやすくなります。

そもそもホープONEの効果を発動する場合必然的に自分のライフが10になる為、

サイコ・ブレイドでどれだけライフを払おうが知ったこっちゃありません。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)35 ラベノス・タランチュラ

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:アクアアクトレス

せっかく新テーマも出ている事ですしちょっとそちらの考察もしていきましょうか。 新テーマはカード

記事を読む

遊戯王アークファイブ51話「反旗を揚げろ オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」感想

黒咲隼、ニコニコ大百科のコメント数がついに1000を突破しましたね。 今やアークファイブで一番

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第42話『スターダスト・ロードの導き』感想

遊戯王ヴレインズ42話の感想です。 前回のあらすじ:リボルバーのデッキもう【ミラーフォ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第64話『ターニング・ポイント』感想

遊戯王ヴレインズ64話の感想です。   前回のあらすじ:↑これ演技でし

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:パワー・ウォール

あのヘルカイザーのカードついにOCG化   2016年12月17日に 2

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マグネット・フィールド

どちらか片方だけでも物凄く強いのに・・・   今回紹介するのはストラクチャーデ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:神風のバリア-エア・フォース-

クラッシュ・オブ・リベリオン、早い所ではもうフラゲ情報が出ているみたいですね。 そんなわけで早

記事を読む

遊戯王カード考察:セフィラ・メタトロン 実は結構いろんなデッキで使えるリンク3

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:ドラグニティナイト-ハールーン ヴァジュランダとはかなり運用法が違います

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,558,498 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑