遊戯王OCG新カード考察:グレイドル・アリゲーター、グレイドル・コブラ

ディメンション・オブ・カオス、一気にカードが判明しましたが、

マイペースに少しずつ紹介していきたいと思います。

今回紹介するのはこのカードです。

 

 

グレイドル・アリゲーター
効果モンスター
星3/水属性/水族/攻 500/守1500
①:自分のモンスターゾーンのこのカードが
戦闘または魔法カードの効果で破壊され墓地へ送られた場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてその相手モンスターに装備する。
②:このカードの効果でこのカードが装備されている場合、
装備モンスターのコントロールを得る。
このカードがフィールドから離れた時に装備モンスターは破壊される。

 

グレイドル・コブラ
効果モンスター
星3/水属性/水族/攻1000/守1000
①:自分のモンスターゾーンのこのカードが
戦闘または罠カードの効果で破壊され墓地へ送られた場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてその相手モンスターに装備する。
②:このカードの効果でこのカードが装備されている場合、
装備モンスターのコントロールを得る。
このカードがフィールドから離れた時に装備モンスターは破壊される。

 

 

新しく判明した2枚のグレイドルです。

やはりグレイドル・ドラゴンの頭と尻尾にあたるモンスターがいましたね。

2枚とも非常に似た性質を持ったカードなのでまとめて紹介させていただきます。

2枚とも、といいましたがグレイドル・イーグルも合わせて3枚ともですね。

グレイドル・イーグルの効果に関してはこちらで説明していますので

よろしければ参考にしていただけると幸いです。

 

 

3枚ともレベル、属性、種族、そして②の効果が完全に同一です。

①の効果もほとんど一緒であり違うのは攻撃力と守備力、そして①の効果の発動条件です。

戦闘破壊によって効果を発動するのは3枚とも同じですがグレイドル・イーグルが

モンスター効果による破壊にも対応していたのに対し、

グレイドル・アリゲーターは魔法カードによる破壊に対応し、

グレイドル・コブラは罠カードによる破壊に対応しているという違いが存在します。

【グレイドル】でデッキを組む場合3種類全部採用して問題ないと思われますが

単体を他のデッキに出張させる場合は採用しているサポートカードに合わせて

1番効果を発動させやすいと思ったものを選ぶといいでしょう。

 

 

「グレイドル・イーグル何これ結構やば気なカードなんじゃ…」と思っていたら

やば気なカードがさらに2枚増えました。

コントロール奪取効果が弱いわけなく、3枚とも出張できるスペックがあります。

3枚とも浮上やサルベージ、グリズリーマザーなどのカードに対応している為

これらのカードがより使いやすくなったと言えるでしょう。

各種アクアリウムが破壊された時の効果で蘇生も出来る為、

やはりアクアアクトレスとの相性も高いと思われます。

いやはやえげつないテーマですねグレイドル

 

コブラ

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

強制転移

モンスターのコントロールを交換するカードです。

アリゲーターやコブラを相手に送りつけて破壊すれば

一気にモンスター2枚のコントロールの奪取が可能となります。

特にグレイドル・アリゲーターは攻撃力も500と低く、

戦闘ダメージを与えるのにも効果を発揮するでしょう。

自分のモンスターゾーンのカード限定という部分見落としてました。

効果発動できません、申し訳ありません。

 

 

リミット・リバース

グレイドル・コブラ用のカードですね。

墓地のグレイドル・コブラを蘇生しそのまま守備表示にして破壊すれば

能動的にコントロール奪取効果を使用する事が出来ます。

リミット・リバースが禁止カードの心変わりに化けるようなものであり

その強力さは文句なしと言えるでしょう。

サイクロン等で破壊される場合にもちゃんと効果を発動できるのもミソです。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:超戦士カオス・ソルジャー、超戦士の儀式

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ユニコーン

ワグナス!デメリット無しのスケール8だ! 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-アルティメット・ファルコン

シャイニング・ビクトリーズのCMも放送されましたね。 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The blazing MARS(ザ・ブレイジング・マーズ)

今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者編」よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜(えんまりゅう)レッド・デーモン・ベリアル

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:天翔(てんしょう)の竜騎士ガイア

2015年12月19日にMILLENNIUM PACKが発売される事になりました。 今回はそん

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)98 絶望皇ホープレス

これぞ真のアンチホープ!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン、カオス・フォーム

今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:にん人

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真実の名

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Comment

  1. R より:

    強制転移は「分のモンスターゾーンのこのカード」と書かれているから無理かな。

  2. 匿名 より:

    ①:自分のモンスターゾーンのこのカード とあるので強制転移じゃ効果使えないでしょう
    リミリバは悪くはないですが守備にして自壊できるのが自ターンということと対応の少なさが気になりますね
    ドラゴンも蘇生できるリビデのほうがいいかも

  3. 強制転移だと発動不可能でしたね、申し訳ありません。
    修正しておきます。

  4. 匿名 より:

    グレイドルが相手モンスターに装備扱いになっていて、コントロールがこちらに移っている時に強制転移をした場合、1度そのモンスターは相手に移って、またこちらに戻ってくるんですかね?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,408 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑