遊戯王カード考察:機関重連(きかんじゅうれん)アンガー・ナックル 自己蘇生してリンクマーカーを確保!

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。

 

 

 

機関重連アンガー・ナックル
リンク・効果モンスター
地属性/機械族/攻1500/LINK-2
【リンクマーカー:右/下】
\ ↑ /
←  

機械族モンスター2体
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
①:自分・相手のメインフェイズに、
自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送り、
自分の墓地の機械族・レベル10モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
②:このカードが墓地に存在する場合、
自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを特殊召喚する。

※wiki

 

 

地属性機械族のLINK-2です。

連結器状の巨大なマニピュレーターを装着した蒸気機関車です。

リンクヴレインズパック2のCMに置いてこのカードが「列車」として紹介されており

正式にアンナデッキが「列車」というテーマ名称となりました。

アンガーとは怒りや苛立ちの感情を意味する言葉であり

このカードを和訳すならば「怒りの鉄拳」といった所です。

またナックルとは列車用の自動連結器のパーツ名でもあり

重連(2両以上の列車を連結する事)というカード名から

こちらの意味もかかっているのでしょう。

 

 

【リンクマーカー:右/下】
機械族モンスター2体
このカードはリンク素材にできない。

リンク素材には機械族2体を要求しています。

クリフォート・ゲニウスプラチナ・ガジェットと同じ素材指定ですね。

基本的なリンク召喚の仕方は上記2枚に準拠します。

【列車】であれば緊急ダイヤで素材を揃えるのが手っ取り早いでしょう。

この際弾丸特急バレット・ライナーや無頼特急バトレインをリンク素材にする事で

これらのカードの墓地に送られた際の効果も発動可能です。

リンクマーカーは右と下にありEX、メインモンスターゾーンどちらでもいけます。

特にこのカードは自己蘇生効果がある為メインモンスターゾーンに出す機会が多く

右側のリンクマーカーが非常にありがたいです。

代わりにリンク素材にできない制約が存在します。

 

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、
自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送り、
自分の墓地の機械族・レベル10モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

①の効果は自分と相手のメインフェイズ時に一度、

手札かフィールドからモンスター1体を墓地へ送る事で

墓地のレベル10機械族1体を効果無効、守備表示で特殊召喚する蘇生効果です。

蘇生したモンスターの効果は無効にされますしこのカードはリンク素材にできないので

もう1体レベル10を用意してランク10のエクシーズ素材にするのが建設的でしょう。

蘇生する対象はやはり墓地へ送られる事で効果の発動できる

弾丸特急バレット・ライナーが有力候補です。

壁が欲しい場合は除雪機関車ハッスル・ラッセルあたりもいいでしょう。

メインフェイズ時限定ですがフリーチェーンで発動できるのがポイントであり

相手の除去に合わせてコストとなるモンスターをサクリファイスエスケープさせられます。

またこのカード自身もコストにできるので

EXモンスターゾーンを開けたい場合などに重宝します。

 

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する場合、
自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、自分の場か手札のカードを墓地へ送る事で

墓地にあるこのカードを特殊召喚する自己蘇生効果です。

①の効果とはトレードオフで1ターンにどちらか片方しか発動できませんが

自分ターンにこちらの効果で蘇生、

相手ターンに①の効果を発動というのは可能です。

またフィールドのカードも墓地へ送れるので緊急ダイヤなどの

フィールドから墓地へ送られた際の効果の発動トリガーにもなります。

 

 

このカードの真価は②の自己蘇生効果によって

メインモンスターゾーンに容易に出せる事でしょう。

リンク素材にこそできませんがEX召喚枠を1つ確保可能です。

エクシーズやシンクロを2体並べたい時などには重宝するでしょう。

これに加えてEXモンスターゾーンにクリフォート・ゲニウスあたりを出せば

EX召喚枠を3つ用意する事も出来ます。

これは特に【ブンボーグ】や【ダイナミスト】など

ペンデュラム召喚を行う機械族デッキにとって見逃せない点です。

これらのデッキで使う壊星壊獣ジズキエルあたりの

レベル10機械族を採用しておくことで①の効果も活用させられます。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:業炎のバリア -ファイヤー・フォース-

一気にカードが判明しましたのでどんどん紹介していきます。 今回紹介するのはディメンション・オブ

記事を読む

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)ターボチャージャー デッキから特殊召喚する有力候補

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ジャドウ・オーガ どちらかと言えば自分のカード破壊するのがメイン

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:HSR(ハイスピードロイド)-GOMガン サーチも出来るし墓地も肥やせるし展開もできる

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。   &

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバー・ドラゴン・ネクステア サイバー流の展開力さらに強化、ビッグ・ワン・ウォリアーの互換としても

7月21日にVジャンプ9月号が発売されます。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス

新たなるランク2の主力候補!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:天地開闢(てんちかいびゃく)

戦士族の新しい墓地肥やし手段!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王カード考察:サクリファイス・フュージョン ミレニアムアイズの弱点をフォローできマース

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:転生炎獣(サラマングレイト)スピニー エクシーズ素材にうってつけのレベル3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:降竜の魔術師(こうりゅうのまじゅつし)

ドラゴン族絶対殺すマンのお供に   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,978,511 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑