遊戯王カード考察:素早きは三文の徳 さてどうやって3枚揃えます?

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。

 

 

 

 

素早きは三文の徳
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのモンスターが
トークン以外の同名モンスター3体のみの場合に発動できる。
デッキから3体の同名モンスターを手札に加える。
このカードの発動後、ターン終了時まで
自分はこの効果で手札に加えたモンスター及び
その同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、
そのモンスター効果は発動できない。

 

 

汎用の通常罠です。

恐らくは鰤っ子姫がライブか何かを開いているんでしょう。

鰤っ子姫が投げたボールを素早いマンタが我先にと取ろうとしています。

誰がボールを入手できるかは彼らの素早さ次第でしょう。

 

 

その効果は1ターンに1度、

自分の場がトークン以外の同名モンスター3体のみ存在する場合に

同名モンスター3体をデッキから手札に加えるサーチ効果です。

発動条件が中々厄介かつ、サーチしたカードはそのターンの間

召喚する事も効果を発動する事も出来ませんが

3枚積み出来るモンスターであれば何でもサーチが可能であり

まともなサーチ手段のないカードをサーチできる貴重な手段の1つとなります。

また一気に3枚分サーチできる事からアドバンテージ面でも強烈な効果です。

手札コストや融合素材にする分には特に問題がない為、

そういった活用が出来るデッキであれば有用性も高いです。

 

 

さて問題の発動条件となる「モンスター3体をフィールドに出す」方法です。

同名モンスターを3体並べる方法として真っ先に思い浮かぶのは

機械複製術や地獄の暴走召喚を活用する事です。

これらを活用しているデッキであれば

同名モンスター3体という条件を満たすのは難しくないでしょう。

ラーの使途やヒーローキッズなど

自身の効果で同名モンスターを3体展開出来るカードを使うのも手です。

あとはハーピィ・レディやサイバー・ドラゴンなど

フィールドで特定の名前のカードとして扱うモンスターであれば

同じ名前のモンスターを3枚並べるというのはさほど難しくありません。

 

 

 

サーチするカードは3枚同時にサーチしなければならない為、

デッキに3枚全て眠っていなければなりません。

1枚でも手札に引いてしまったりするとそのカードはサーチできなくなるので

安定性を考えるのであれば3枚積みのカードを複数採用した方がいいでしょう。

それを考えるとこのカードを採用する場合、

普段は2枚積みに留めているようなカードでも

3枚積みにしておく方が都合がいいケースも多いです。

そういう意味ではこのカードも

「デッキ構築そのものに影響を与えるカード」と言えますね。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・スピノス

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【魔妖(まやかし)】 byヒドゥン・サモナーズ

本日8月4日、ヒドゥン・サモナーズの発売日となります。 そんなヒドゥン・サモナーズに登場する3

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴェルスパーダ・パラディオン メインモンスターゾーンでも活躍できるパラディオンリンク

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

弾帯城壁龍(ベルトリンク・ウォール・ドラゴン):遊戯王カード考察  カウンターの増減をしっかり把握しよう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第55話『未知なる世界へ』感想

遊戯王ヴレインズ55話の感想です。 前回のあらすじ:この作品交通事故で不幸になる人多す

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSYフレームギア・β、PSYフレームギア・δ、PSYフレームギア・ε

ハイスピード・ライダーズの発売も近づいてきましたね。 既に収録カードリストが判明した模様です。

記事を読む

幻影騎士団(ファントム・ナイツ)カースド・ジャベリン:遊戯王カード考察

幻影騎士団がランク2にも手を出し始めました   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャンズ・ナビゲート、イリュージョン・マジック

手札のブラマジを有効利用!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンより

記事を読む

遊戯王アークファイブ第95話『己の信じるデュエル』感想

遊戯王ARC-V95話の感想です。 ジャックとのデュエルに破れコースから落下していったセルゲイ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)トリック・クラウン

新カード、まだまだたくさんありますね。 今回はこのカードを紹介させていただきます。 &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,392,975 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑