遊戯王カード考察:影王デュークシェード 闇属性の上級なんでも回収

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-よりこのカードです。

 

 

 

影王デュークシェード
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 500/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
①:自分フィールドの闇属性モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は
リリースしたモンスターの数×500アップする。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のレベル5以上の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

闇属性悪魔族のレベル4モンスターです。

見下したような笑みを浮かべた黒い鎧の男が禍々しい玉座にふんぞり返っています。

その陰からは黒い手のようなものが伸びており

恐らくは「影王」の名の通りこの影を自由に操る事が出来るのでしょう。

何かこう影を使って「契約完了!」とかできそうですね

デュークシェードも「影の公爵」といった意味合いで大体影王と同じ意味になります。

なんか早速「デュクシ」って愛称で呼ばれたりもしているみたいですね。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
①:自分フィールドの闇属性モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は
リリースしたモンスターの数×500アップする。

①の効果は1ターンに1度、自分の場の闇属性モンスターを任意の数リリースして

手札から特殊召喚するという自己展開効果です。

この効果で特殊召喚した場合リリースしたモンスターの数×500だけ

自身の攻撃力を上昇させる事が出来ますが元々の攻撃力が500と貧弱であり

アタッカーにする為には相当にたくさんのモンスターをリリースしなければいけません。

通常召喚でも②の効果が発動可能なので無理してこの効果を発動する必要もなく

基本的には召喚権を節約したい場合に1体リリースで出すのがいいでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のレベル5以上の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、このカードの召喚か特殊召喚に成功した場合に

墓地のレベル5以上の闇属性モンスターを手札に加える回収効果です。

①の効果と合わせて発動するターンは

闇属性しか特殊召喚できなくなる制約が発生する点に注意しましょう。

とにかくレベル5以上の闇属性であれば何でもいいという範囲の広さを誇り

同じストラクチャーデッキの闇黒の魔王ディアボロスをはじめ、

汎用性の高い除去手段である多次元壊獣ラディアンや

制限カードであり墓地に落とす手段が豊富なダーク・アームド・ドラゴン

アドバンス召喚する事に意義のある怨邪帝ガイウスや冥帝エレボス、

トークン生成能力に優れたトーチ・ゴーレムやBF-朧影のゴウフウ

防御手段として機能する機動要犀 トリケライナーあたりが

回収する候補となるでしょうか。

変わった所では三邪神なんかも墓地から回収可能です。

 

 

このカードも今回のストラクチャーデッキの例にもれず

闇黒世界-シャドウ・ディストピア-との高い相性を誇り発動中であれば

相手モンスター1体をリリースしつつ手札から特殊召喚が可能となります。

またリリースしたモンスターの数だけトークンを出す事も可能となるので

①の効果で大量リリースして特殊召喚するのも視野に入ってきます。

 

 

②の効果だけでも十分優秀であり闇属性縛りを許容可能で

かつ墓地から回収したいカードが存在するデッキであれば採用候補となるでしょう。

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第69話『果たすべき使命』感想

遊戯王ヴレインズ69話の感想です。   前回のあらすじ:リボルバーイメ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第103話『華々しき機械天使』感想

アークファイブ103話の感想です。 遅れるといいましたが思ったより早く予定が終わりました。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)78 ナンバーズ・アーカイブ

安定性重視か少し冒険してみるか?   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:同胞の絆

今回紹介するのはMILLENNIUM BOX GOLD EDITIONよりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)バンブー・ホース

展開と墓地肥やし両方で活躍する優等生!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・シャクナージュ 墓地からの除外狙ってみる?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:雷神龍(らいじんりゅう)-サンダー・ドラゴン 何気に除去効果に回数制限なし

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:彼岸の巡礼者 ダンテ 旅人の結彼岸(けつひがん)

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第116話『太陽と月の守護者』感想

遊戯王ARC-V116話の感想です。 前回セレナの裏切りにあい柚子を攫われてしまいましたが

記事を読む

遊戯王カード考察:天球の聖刻印(てんきゅうのせいこくいん) 簡単に出せてフリーチェーンで対象に取らないバウンス

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:希望皇(きぼうおう)オノマトピア ヒャッハーカード名全部乗せだぁ!

歴代主人公のエースカードや特性のカードプロテクターなどが収録された

遊戯王カード考察:魔弾の射手 マックス 相手の場にカードあればアド!これでLINK-1なんだぜ・・・

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第77話『相容れない兄妹』感想

遊戯王VRAINS77話の感想です。  

遊戯王カード考察:プラチナ・ガジェット 何かこの制約流行りそう

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王カード考察:ハーピィ・パフューマー サーチ対象は結構多いです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

→もっと見る

    • 5,860,114 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑