遊戯王カード考察:闇黒世界-シャドウ・ディストピア- おうお前がモンスターをリリースするんだよ

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-よりこのカードです。

 

 

 

闇黒世界-シャドウ・ディストピア-
フィールド魔法
①:フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。
②:1ターンに1度、
自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、
自分フィールドのモンスター1体の代わりに
相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動する。
このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、
ターンプレイヤーのフィールドに
「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を
可能な限り守備表示で特殊召喚する。

 

 

新たに登場するフィールド魔法です。

闇黒の魔王ディアボロスの周囲に

禍々しい表情した黒いオーラが漂っています。

どうやらここが闇黒世界のようですがディストピアと名乗るだけあって

いかにも過ごしにくそうな場所です。

 

 

①:フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。

①の効果はフィールドの表側表示モンスターを全て闇属性にする属性変更効果です。

闇属性に限定されたDNA移植手術とも言うべき効果であり

超融合で相手モンスター2体を素材に

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンを融合召喚する、

暗闇を吸い込むマジックミラーで場のモンスター効果を無効化する、

闇霊使いダルクで相手モンスターのコントロールを得るなど様々な活用が考えられます。

またエクシーズを闇属性にする事で

RUM-幻影騎士団ラウンチの対象にするといった芸当も可能です。

 

 

②:1ターンに1度、
自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、
自分フィールドのモンスター1体の代わりに
相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。

②の効果は1ターンに1度、

自分の場のモンスターをリリースしてカードの効果を発動する場合に

代わりに相手の闇属性をリリースする事が出来るというものです。

①の効果で相手モンスターを闇属性に出来るので

実質的に効果を受けないモンスターでもない限りリリースする事が可能です。

 

 

③:自分・相手のエンドフェイズに発動する。
このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、
ターンプレイヤーのフィールドに
「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を
可能な限り守備表示で特殊召喚する。

③の効果は自分と相手のエンドフェイズに

そのターン表側表示でリリースされたモンスターの数まで

そのターンのプレイヤーの場にシャドウトークンを特殊召喚する強制効果です。

自分の場に出たトークンは②の効果の為に採用したカードのコストとして活用したり

壁にするなりすればOKですがその性質上相手ターンにリリースした場合、

相手の場にトークンが発生してしまうのでこれをどうするかが鍵となるでしょう。

1体だけなら②の効果でリリースしてしまう事が可能ですし

他にも貫通効果持ちや相手を戦闘破壊した時に発動するモンスターのサンドバッグにしたり

ラーの翼神竜-球体形などのリリース要員にしてしまうといった手があります。

またエンドフェイズに特殊召喚される関係上そこまで悪用はされ辛いので

壁が出てくるのを許容できるのであれば開き直って気にしないという手もあります。

 

 

本来自分のモンスターをするべきリリースを相手のモンスターで賄うわけですから

それだけでも2体分のアドバンテージとなるわけでその強さは推して知るべきです。

そのリリースして発動する効果を持つカードですが同じストラクチャーデッキに収録される

闇黒の魔王ディアボロスや悪魔嬢リリスがそういった効果を持っている他、

各種ウイルスカードに相手モンスターのコントロールを得るエネミーコントローラーに

墓地肥やしをしつつモンスターを特殊召喚できるモンスターゲート、

さらに合わせて相手モンスターの除去が狙える痛み分け、

モンスターの召喚や特殊召喚を無効に出来る昇天の角笛あたりが有力です。

いずれもコストが必要な分強力な効果を持っているカードであり

このカードがあれば存分にその効力を発揮する事が出来るでしょう。

 

関連記事

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

GUYダンス:遊戯王カード考察 とりあえず複数同時展開の妨害にはなるかな

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

醒めない悪夢:遊戯王カード考察

メタとしても優秀だし悪用も効く   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

究極宝玉神(きゅうきょくほうぎょくしん) レインボー・オーバー・ドラゴン:遊戯王カード考察 未来融合で7体墓地肥やし

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第72話『ドラゴン征伐!!ユーゴvs沢渡』感想

遊戯王ARC-V72話の感想です。 ユーゴVS沢渡シンゴという非常に楽しみな対戦カードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)マンジロック 初のレベル1となる何気に今一番アツイ剛鬼

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)パチンゴーカート、SR電々大公(でんでんだいこう)

着実に増えるスピードロイド   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青き眼の祭司、太古の白石(ホワイト・オブ・エンシェント)

クリスマス・イブですね!私は夜勤です( 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その5

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械飛竜(アンティーク・ギアワイバーン)

アンティーク・ギアなら何でもサーチ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,965,736 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑