遊戯王カード考察:闇黒世界-シャドウ・ディストピア- おうお前がモンスターをリリースするんだよ

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-よりこのカードです。

 

 

 

闇黒世界-シャドウ・ディストピア-
フィールド魔法
①:フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。
②:1ターンに1度、
自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、
自分フィールドのモンスター1体の代わりに
相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動する。
このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、
ターンプレイヤーのフィールドに
「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を
可能な限り守備表示で特殊召喚する。

 

 

新たに登場するフィールド魔法です。

闇黒の魔王ディアボロスの周囲に

禍々しい表情した黒いオーラが漂っています。

どうやらここが闇黒世界のようですがディストピアと名乗るだけあって

いかにも過ごしにくそうな場所です。

 

 

①:フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。

①の効果はフィールドの表側表示モンスターを全て闇属性にする属性変更効果です。

闇属性に限定されたDNA移植手術とも言うべき効果であり

超融合で相手モンスター2体を素材に

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンを融合召喚する、

暗闇を吸い込むマジックミラーで場のモンスター効果を無効化する、

闇霊使いダルクで相手モンスターのコントロールを得るなど様々な活用が考えられます。

またエクシーズを闇属性にする事で

RUM-幻影騎士団ラウンチの対象にするといった芸当も可能です。

 

 

②:1ターンに1度、
自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、
自分フィールドのモンスター1体の代わりに
相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。

②の効果は1ターンに1度、

自分の場のモンスターをリリースしてカードの効果を発動する場合に

代わりに相手の闇属性をリリースする事が出来るというものです。

①の効果で相手モンスターを闇属性に出来るので

実質的に効果を受けないモンスターでもない限りリリースする事が可能です。

 

 

③:自分・相手のエンドフェイズに発動する。
このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、
ターンプレイヤーのフィールドに
「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を
可能な限り守備表示で特殊召喚する。

③の効果は自分と相手のエンドフェイズに

そのターン表側表示でリリースされたモンスターの数まで

そのターンのプレイヤーの場にシャドウトークンを特殊召喚する強制効果です。

自分の場に出たトークンは②の効果の為に採用したカードのコストとして活用したり

壁にするなりすればOKですがその性質上相手ターンにリリースした場合、

相手の場にトークンが発生してしまうのでこれをどうするかが鍵となるでしょう。

1体だけなら②の効果でリリースしてしまう事が可能ですし

他にも貫通効果持ちや相手を戦闘破壊した時に発動するモンスターのサンドバッグにしたり

ラーの翼神竜-球体形などのリリース要員にしてしまうといった手があります。

またエンドフェイズに特殊召喚される関係上そこまで悪用はされ辛いので

壁が出てくるのを許容できるのであれば開き直って気にしないという手もあります。

 

 

本来自分のモンスターをするべきリリースを相手のモンスターで賄うわけですから

それだけでも2体分のアドバンテージとなるわけでその強さは推して知るべきです。

そのリリースして発動する効果を持つカードですが同じストラクチャーデッキに収録される

闇黒の魔王ディアボロスや悪魔嬢リリスがそういった効果を持っている他、

各種ウイルスカードに相手モンスターのコントロールを得るエネミーコントローラーに

墓地肥やしをしつつモンスターを特殊召喚できるモンスターゲート、

さらに合わせて相手モンスターの除去が狙える痛み分け、

モンスターの召喚や特殊召喚を無効に出来る昇天の角笛あたりが有力です。

いずれもコストが必要な分強力な効果を持っているカードであり

このカードがあれば存分にその効力を発揮する事が出来るでしょう。

 

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン、カオス・フォーム

今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKよりこの

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【シュトロームベルクの金の城(グリム童話)】 フィールド魔法1枚から色々できる

遊戯王デュエルモンスターズにおけるアニメオリジナル展開の1つ、 「KCグランプリ編」の黒幕であ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:霊魂(エスプリット)

史上初のスピリットテーマにして儀式テーマでもるエスプリット、 前回に一度霊魂鳥神-彦孔雀につい

記事を読む

DDD烈火大王(れっかだいおう) エグゼクティブ・テムジン:遊戯王カード考察

テムジン君幹部待遇だよ!やったね!   今回紹介するのは2月21日に発売される

記事を読む

超天新龍(ちょうてんしんりゅう)オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン:遊戯王カード考察 切り札(多芸ドラゴン族サポート)

10月4日に「ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!」の2巻が発売されます。 今回紹介するのはそ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

7月9日に新パック「インベイジョン・オブ・ヴェノム」が発売されます! 今回紹介するのはそのイン

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:肥大化

コンボ用だけど単体でも結構使える   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:SR(スピードロイド)

ハイスピード・ライダーズに収録されるカードも少しずつ判明してきましたね。 やはり予想通りといい

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第3話『ファースト・コンタクト』感想

遊戯王ヴレインズ3話の感想です。 見事デコード・トーカーを駆使してハノイの騎士を倒したプレイメ

記事を読む

No.(ナンバーズ)70 デッドリー・シン:遊戯王カード考察

このカードのおかげで出来る事は結構多いです   今回紹介するのはプレミアムパッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,932 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑