遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。

今回紹介するのはその付録となるこのカードです。

 

 

 

E・HERO ソリッドマン
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1300/守1100
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下の「HERO」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが魔法カードの効果でモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、
「E・HERO ソリッドマン」以外の
自分の墓地の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

 

エレメンタルヒーローの新しい仲間となる地属性レベル4です。

 

ワインレッドのボディに銀色に輝く鎧を身に着けたヒーローです。

スタンダードにヒーローらしい見た目しているヒーローですね。

ソリッドとは個体や堅固、硬質を意味する言葉であり

頑丈さに自身のあるヒーローなのでしょう。

守備力は1100と控えめですが

あとコナミでソリッドと言えばこの人が真っ先に思い浮かびますね。

 

 

①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下の「HERO」モンスター1体を特殊召喚する。

①の効果は召喚に成功した時に

手札からレベル4以下のHEROを特殊召喚できるという展開効果です。

特に特殊召喚時に効果を発揮できるエアーマンやシャドーミスト、

あとV・HERO ヴァイオンあたりを特殊召喚できれば美味しいです。

D-HERO ドリルガイを特殊召喚すればさらなる展開も可能です。

②の効果を狙わないのであればそのままランク4のエクシーズ召喚や

聖騎士の追想 イゾルデをはじめとするリンク召喚が狙えます。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが魔法カードの効果でモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、
「E・HERO ソリッドマン」以外の
自分の墓地の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、このカードがモンスターゾーンにいる状態で

魔法カードの効果で墓地へ送られた場合に

このカードと同名カード以外のHERO1体を守備表示で特殊召喚する蘇生効果です。

こちらも①の効果同様にエアーマンをはじめとする

特殊召喚時に効果を発動できるカードを蘇生できればアドバンテージに繋がる他、

レベル制限がない為D-HERO ディストピアガイあたりも蘇生可能です。

主にフィールドから融合素材にしたりマスク・チェンジで墓地へ送るのが基本となりますが

ブラック・ホールなどで破壊された場合や儀式魔法でリリースされた場合も発動可能です。

マスク・チェンジを使う場合このカードは地属性なので

出せるモンスターはM・HERO ダイアンとなります。

忘れずにEXデッキに入れておきましょう。

M・HERO ダイアンもHEROを蘇生に関する効果を持っている為、

この効果と合わせて2体のHEROの蘇生が狙えます。

 

 

HEROデッキにおいては蘇生効果の付いたゴブリンドバーグのような使い方が可能であり

かつエアーマンやE-エマージェンシーコール等でサーチが可能な為、

展開用にゴブリンドバーグを採用していたHEROデッキであれば

100だけ下回る攻撃力以外はほぼ上位互換として成り代わる存在となります。

効果の方もHERO全般に対応している為

【エレメンタルヒーロー】【デステニーヒーロー】双方で活躍が期待できます。

特にデステニーヒーローにとってはエアーマンやシャドーミストと合わせて、

E-エマージェンシーコールのサーチ対象に出来るカードとしても重宝します。

HERO使いにとっては3冊買う価値は十分にあるでしょう

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:冥帝従騎(めいていじゅうき)エイドス

今回紹介するのは真帝王降臨よりこのカードです。     冥帝従

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:十二獣(じゅうにしし)

レイジング・テンペストに登場する新たなエクシーズテーマ、 その名も十二獣(じゅうにしし)!

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:禁忌の壺

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

ドラゴノイド・ジェネレーター:遊戯王カード考察  毎ターントークンを2体生成、相手のトークンはどう利用する?

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ユニ、EM(エンタメイト)コン

墓地効果を上手く活用できるか?   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の

記事を読む

遊戯王カード考察:閃刀術式(せんとうじゅつしき)-ベクタードブラスト 対象に取らないデッキバウンス、デッキ破壊にも使える?

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴェンデット・コア 儀式モンスターに耐性付与、エグゼクターに是非

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

十二獣(じゅうにしし)クックル:遊戯王カード考察

こいつ素材にした十二獣エクシーズ結構厄介なんです   今回紹介するのはマキシマ

記事を読む

遊戯王カード考察:悪王アフリマ かなり色んなモンスターをサーチ可能です

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-よりこのカードです。  

記事を読む

【ティンダングル】:遊戯王テーマ考察 まさに「とんでもなく厄介」なリンクリバーステーマ

クローラーにサブテラーにと最近どうも公式がリバース推ししている気がします。 そしてそれはアニメ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,656,518 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑