PR
スポンサーリンク

《燦幻開門(さんげんカイメン)》遊戯王OCGカード考察 これ天盃龍以外でも普通に使えますね

スポンサーリンク

今回紹介するのは1月27日発売の

LEGACY OF DESTRUCTION(レガシー・オブ・デストラクション)よりこのカードです。

 

カード説明

燦幻開門(さんげんカイメン)
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードをバトルフェイズに発動した場合、以下の効果をそれぞれ適用できる。
このカードをバトルフェイズ以外で発動した場合、以下の効果から1つを選んで適用する。
●デッキからレベル4以下のドラゴン族・炎属性モンスター1体を手札に加える。
●手札からドラゴン族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。

wiki

 

【天盃龍】用の速攻魔法です。

 

黒い麻雀牌のような物体から天盃龍チュンドラが出現しています。

「開門」という名称から考えると

この麻雀牌のような物体は天盃龍を呼び寄せる門のような役割をしているのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

バトルフェイズ中に発動すれば実質的なリクルート

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードをバトルフェイズに発動した場合、以下の効果をそれぞれ適用できる。
このカードをバトルフェイズ以外で発動した場合、以下の効果から1つを選んで適用する。
●デッキからレベル4以下のドラゴン族・炎属性モンスター1体を手札に加える。
●手札からドラゴン族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。

その効果は1ターンに1度、2つある効果から1つを選んで発動します。

1つはデッキからレベル4以下のドラゴン族、炎属性をサーチするというもので

各種天盃龍のサーチに対応します。

特に「天盃龍チュンドラ」は場に炎属性ドラゴン族がいればそのまま自己展開できるので

「天盃龍パイドラ」でこのカードをサーチしてこのカードでチュンドラをサーチする事で

2体を並べられます。

 

もう1つは手札から炎属性ドラゴン族を特殊召喚します。

こちらはサーチと違ってレベルの制限がなく

各種天盃龍は勿論、「邪眼の炎龍」や「焔征竜-ブラスター」などの展開利用できます。

 

そして何よりバトルフェイズ中に発動した場合、両方の効果を同時に使えます。

サーチをしてから特殊召喚をする形になるので

こうなると実質的にデッキからレベル4炎属性を特殊召喚できる効果となります。

チュンドラは攻撃をする事でデッキから他の天盃龍を特殊召喚できるので

天盃龍の共通効果と合わせて相手ターン中であってもバトルフェイズ中のシンクロ召喚が狙えます。

 

 

初動札であると同時に防御手段でもある

【天盃龍】においては初動の要となる「天盃龍パイドラ」をサーチできるのが大きく、

このカードかパイドラのどちらと手札コスト1枚があれば大量展開に繋げられます。

手札コストが無い場合、もしくは温存したい場合でも

バトルフェイズ中に「天盃龍チュンドラ」を特殊召喚すれば

攻撃をトリガーにファドラ特殊召喚→バイデント・ドラギオンシンクロ

→ファドラ蘇生→トランセンド・ドラギオンシンクロまで繋がります。

 

また相手ターンの防御手段としても優秀なカードです。

相手バトルフェイズ中にこのカードでデッキからチュンドラを特殊召喚する事で

相手が攻撃したが最後、トランセンド・ドラギオンまで繋がるので

分かってる相手は迂闊に攻撃ができなくなるでしょう。

 

【天盃龍】以外においても

レベル4以下の炎属性ドラゴン族全般をサーチできるので汎用性が高いです。

特に「ドラゴンメイド・ティルル」、「炎征竜-バーナー」がサーチできる点は

意識しておいていいでしょう。

 

 

こういうカードは炎属性ドラゴン族が増えるほど需要も増えるので

将来性も高いんですよね。

今年辰年だからドラゴン族も増えそうですし。

コメント