PR
スポンサーリンク

「遊戯王マスターデュエル」1月10日にリミットレギュレーションが変更!征竜が全部無制限になりました

スポンサーリンク

2024年1月10日に制限改定(リミットレギュレーション)が変更されます。

前回の記事はこちらです。

 

規制強化されるカード

禁止
混沌魔龍 カオスルーラー
輝白竜 ワイバースター
命削りの宝札
超重武者装留ブレイク・アーマー

 

 

制限
クシャトリラ・フェンリル
インスペクト・ボーダー
センサー万別
破壊の神碑
強欲で貪欲な壺
カイザーコロシアム
クシャトリラ・バース
強欲で謙虚な壺
ピュアリィ・デリシャスメモリー
シンクロ・ゾーン

 

 

純制限
ピュアリィ・プリティメモリー

 

規制緩和されるカード

無制限
巌征竜-レドックス
瀑征竜-タイダル
嵐征竜-テンペスト
SRベイゴマックス
捕食植物オフリス・スコーピオ
相剣軍師-龍淵

 

 

2024年最初の制限改定という事もあってか

かなり大規模な変更が行われております。

禁止カードは新たに4枚が指定されており

混沌魔龍 カオスルーラーはOCGに続く形で禁止カードとなりました。

強力な墓地肥やし性能を持つこのカードは

やはりマスターデュエルでも許されなかった様子です。

 

また輝白竜 ワイバースターが禁止になっています。

これは特に【ドラゴンリンク】を意識した規制と思われます。

マスターデュエルでは長年活躍し続けているデッキであり

今回本格的にメスを入れられてしまった形ですね。

 

他にも超重武者装留ブレイク・アーマーが禁止になっています。

これは今環境で暴れているからというよりも

近いうちに超重武者の新規を追加する予定だからこその規制でしょう。

 

制限カードも多岐にわたっており

特に【クシャトリラ】【ピュアリィ】【神碑】を意識したものが多いです。

【神碑】に関してはテーマ内カードの規制は破壊の神碑のみですが

命削りの宝札の禁止を筆頭に、

センサー万別やカイザーコロシアムといったロック系のカードの規制により

長期戦に持ち込むのが難しくなっています。

 

また強欲で謙虚な壺、強欲で貪欲な壺がそれぞれ制限カードになっています。

これ以外にも制限カードになっている壺は多く

マスターデュエルは全体的に壺に厳しい処置をとっています。

特にメタビート系のデッキは特定のサーチカードに対応していないものが多く

こういったドローソースが大事になるのでこれらの規制は他よりも大きくなるでしょう。

 

緩和されたカードもいくつかありますが

なんと今回そのどれもが一気に無制限になっています。

特に注目すべきはタイダル、レドックス、テンペストの3体の征竜であり

これにより四征竜全てが無制限カードに復帰する事となりました。

つい最近まで半数以上が禁止になっていたとは思えない大盤振る舞いですね。

もうなんの問題もなく【征竜】を今の時代に組むことが可能です。

よくよく考えてみればライバルであった【魔導】も全盛期の性能を取り戻しており

征竜も今の環境であれば問題ない性能であったという事でしょうね。

それでも様々なデッキで活用できるカードなのには変わりなく

特にタイダルとレドックスは有効活用できるデッキは多岐にわたるでしょう。

 

 

他にもSRベイゴマックスは無制限になっています。

ベイゴマックスとタケトンボーグの2枚は一時期出張パーツとして大いに人気がありましたが

現代では他にやばい出張パーツがいくらでもあるから問題ないと判断されたのかもしれません。

勿論本家【スピードロイド】にとってもありがたい緩和です。

 

同じ様に捕食植物ダーリングコブラと共に出張セットで使われていた

捕食植物捕食植物オフリス・スコーピオも無制限に緩和です。

こちらも様々なデッキで恩恵が出て来るものと思われます。

 

 

総じて規制強化、規制緩和共にかなり大規模な改定がなされており

環境にも大きな影響を与えてくると思われます。

2024年には新鮮な気持ちで新たなマスターデュエルが楽しめる事でしょう。

コメント