PR
スポンサーリンク

《石油採掘》遊戯王OCGカード考察 炎族版サルベージが登場しました 灰流うららも回収できます

スポンサーリンク

12月16と17日にジャンプフェスタ2024が開始されます。

今回紹介するのはそこで販売される

PREMIUM PACK 2024(プレミアムパック2024)よりこのカードです。

 

カード説明

石油採掘
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地からレベル4以下の炎属性モンスターを
2体まで対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを手札に加える。

wiki

 

炎属性用のサポートとなる通常魔法です。

漫画版遊戯王GXにおいて遊城十代が使用し

その効果で墓地からE・HERO レディ・オブ・ファイアを手札に回収しました。

漫画では墓地の炎属性1体を手札に戻すというシンプルな効果でしたが

OCG化に伴い、回収対象が限定された代わりに2枚まで回収できるようになっています。

 

黄昏時に黒い煙をもくもくと放出する工場がいくつも並んでいます。

恐らくは石油プラントをイメージしたイラストだとは思われますが

石油プラントというよりはなんていうかもうただの何の変哲もない工場という感じです。

数ある遊戯王のイラストの中でも圧倒的な「普通さ」を誇る代物で

学校の教科書に掲載しても何の違和感もないレベルです。

 

スポンサーリンク

 

レベル4以下の炎属性2種類を墓地から回収

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地からレベル4以下の炎属性モンスターを
2体まで対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを手札に加える。

その効果は1ターンに1度、

墓地のレベル4以下の炎属性を2種類まで手札に回収できます。

「サルベージ」の炎属性版といった感じのカードであり

1ターンに1度に限定され同名カード2枚が不可能になった代わりに

回収できるモンスターの指定が攻撃力ではなくレベルを参照するようになっています。

攻撃力1500以下よりはレベル4以下の方が

回収できる範囲では融通が利くといっていいでしょう。

 

 

サルベージもそうであったように極めて汎用性の高い効果であり

下級モンスターを扱う炎属性メインのデッキ全般で扱う事が可能です。

このカードで回収できるカードには

「灰流うらら」や「倶利伽羅天童」「幻蝋館の使者」のような汎用性に優れるカードもあるので

「VS ラゼン」や「紅蓮魔獣 ダ・イーザ」など一部の炎属性を扱うデッキにも

これらと一緒に採用する選択肢は充分にあるでしょう。

「火天獣-キャンドル」とも相性がよくこのカードで回収する事で

すぐに特殊召喚に繋げられます。

キャンドルを採用しているデッキであればさらにこのカードを採用する価値は上がるでしょう。

 

 

今年は本当に炎属性の強化が力入っていますね。

年末にいたるまで2023年は炎属性の年です。

コメント