PR
スポンサーリンク

《ホルスの黒炎神》遊戯王OCGカード考察 手札から気軽に対象に取らない除去ぶっ放してくるホルスの黒炎竜リメイク!

スポンサーリンク

今回紹介するのは10月28日発売の

PHANTOM NIGHTMARE(ファントム・ナイトメア)よりこのカードです。

 

カード説明

ホルスの黒炎神
効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻3000/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「ホルス」モンスター及び「王の棺」が存在する場合、
手札のこのカードを相手に見せ、自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
フィールドのカード1枚を墓地へ送る。
②:「ホルスの黒炎神」以外の自分フィールドの表側表示の、
「ホルス」モンスターか「王の棺」が相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、フィールドの他のモンスターを全て墓地へ送る事ができる。

wiki

 

【ホルス】の新規となる炎属性ドラゴン族のレベル8モンスターです。

ホルスの黒炎竜 LV8のリメイクであり

レベルや属性種族、攻撃力守備力が一致しています。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

元のホルスの黒炎竜が各種ホルスたちのような黄金の鎧を装着したような姿となっています。

元の方では黒い炎を口から吐いていましたがこちらは周囲に纏っています。

 

スポンサーリンク

 

仲間や王の棺が場から離れると手札から出て来てモンスターを一掃

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「ホルス」モンスター及び「王の棺」が存在する場合、
手札のこのカードを相手に見せ、自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
フィールドのカード1枚を墓地へ送る。

①の効果は1ターンに1度、

自分の場にホルスと名の付くモンスターと王の棺が存在する場合に

手札からこのカードを見せつつ場から手札から1枚墓地へ送る事で

場のカード1枚を墓地へ送るというものです。

条件として2枚のカードを場に出しておく必要こそあるものの

手札から対象に取らない墓地送りという優秀な除去を発動できます。

各種ホルスをコストとして墓地へ送ってそのまま自己蘇生に繋げられれば無駄がないでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:「ホルスの黒炎神」以外の自分フィールドの表側表示の、
「ホルス」モンスターか「王の棺」が相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、フィールドの他のモンスターを全て墓地へ送る事ができる。

②の効果は1ターンに1度、

同名カード以外のホルスと名の付くモンスターか王の棺が相手の効果で場から離れた場合に

自身を手札から特殊召喚しつつ他のモンスターを全て墓地へ送ります。

迂闊にこれらのカードを墓地へ送ってしまうとこの効果によってモンスターが一掃されてしまうので

相手の除去を大きくけん制する事が可能です。

①の効果を発動していなければ不意打ち気味に発動を狙う事も可能であり

手札誘発からの除去としては相当に凶悪です。

自分のモンスターも巻き込まれやすくなっていますが

王の棺さえ場にあれば自己蘇生による立て直しはしやすいでしょう。

 

ちなみにモンスターを墓地へ送るかどうかは任意です。

相手が最大限警戒して王の棺の除去を狙ってきた場合などは

ただ特殊召喚だけするというケースもあるでしょう。

 

 

①の効果、②の効果どちらもそれぞれ優秀な除去手段であり

特に①の方は【ホルス】に足りなかった能動的な除去手段としてお世話になってきます。

一緒に収録される王墓の石壁との相性も高く

あちらの効果でこのカードをサーチする事でそのまま①の効果の条件の片方は満たせます。

 

ただでさえ高いポテンシャルを秘めていた【ホルス】ですが

このカードの登場でより盤石になる事でしょう。

 

 

【ホルス】がホルスの黒炎竜を意識しているのは分かっていましたが

普通にホルスの黒炎竜のリメイク出してきましたね。

コメント