PR
スポンサーリンク

《リペア・ジェネクス・コントローラー》遊戯王OCGカード考察 追加召喚にターン1制限ついてないんですけど?

スポンサーリンク

今回紹介するのは11月25日発売の

TERMINAL WORLD (ターミナル・ワールド)よりこのカードです。

 

 

カード説明

リペア・ジェネクス・コントローラー
リンク・効果モンスター
闇属性/機械族/攻1200/LINK-1
【リンクマーカー:左】
\ ↑ /
  →
/ ↓ \
レベル4以下の「ジェネクス」モンスター1体
自分は「リペア・ジェネクス・コントローラー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードがL召喚した場合に発動できる。
自分の墓地から「ジェネクス」モンスター1体を手札に加える。
②:「ジェネクス」モンスターがドロー以外の方法で
自分の手札に加わった場合に発動できる(同一チェーン上では1度まで)。
「ジェネクス」モンスター1体の召喚を行う。
このターン、自分は「ジェネクス」チューナーをS素材としたS召喚でしか
EXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

wiki

 

【ジェネクス】の新規となる闇属性機械族のLINK-1リンクモンスターです。

ジェネクス・コントローラーの進化形となります。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

ジェネクス・コントローラーの所々がスペア・ジェネクスのパーツで補われています。

スペア・ジェネクス亡き後、あちらのパーツをジェネクス・コントローラーが受け継いだのでしょう。

最期の同調によってスペア・ジェネクスによって渡された花も

既に萎れてはいるものの大事に手に持っています。

 

スポンサーリンク

 

ジェネクスを手札に加えれば追加で召喚

【リンクマーカー:左】
レベル4以下の「ジェネクス」モンスター1体
自分は「リペア・ジェネクス・コントローラー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

リンク素材にはレベル4以下のジェネクス1体を指定しています。

何かしら下級ジェネクスを用意できればそれでリンク召喚が可能であり

予想GUYでジェネクス・コントローラーをデッキから特殊召喚する事で

召喚権なしでリンク召喚する事もできます。

 

リンクマーカーは左側に1つあります。

メインモンスターゾーン向きの配置ですがリンク召喚を主軸とするのでない限り

EXモンスターゾーンに出してもさほど問題にはならないでしょう。

 

①:このカードがL召喚した場合に発動できる。
自分の墓地から「ジェネクス」モンスター1体を手札に加える。

①の効果はリンク召喚した場合に墓地からジェネクス1体を手札に回収できます。

このカードのリンク素材にしたジェネクスをそのまま手札に回収可能であり

この効果がそのまま②の効果の発動条件も満たせます。

 

②:「ジェネクス」モンスターがドロー以外の方法で
自分の手札に加わった場合に発動できる(同一チェーン上では1度まで)。
「ジェネクス」モンスター1体の召喚を行う。
このターン、自分は「ジェネクス」チューナーをS素材としたS召喚でしか
EXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

②の効果は同一チェーン上で1度、ジェネクスと名の付くモンスターが

ドロー以外の方法で手札に加わった場合にジェネクス1体の召喚を

通常の召喚権とは別に追加で行えます。

①の効果で墓地からジェネクスを回収する事で条件を満たせる他、

ジェネクス・ウンディーネなどが持つサーチや

A・ジェネクス・バードマンなどで場のジェネクスを手札に戻した場合などでも

条件を満たしそのまま場に出す事が可能です。

 

制約として効果を発動したターンは

ジェネクスと名の付くチューナーを素材にするシンクロ召喚以外では

エクストラデッキからモンスターを特殊召喚出せなくなります。

シンクロ召喚限定かつチューナーに縛りが発生する中々珍しい制約となります。

ジェネクス・コントローラーをはじめとするチューナーを展開して

シンクロ召喚に繋げるといいでしょう。

 

 

基本的に遊戯王には「専用のLINK-1は露骨な強化カード」というジンクスがありますが

このカードも相当露骨にジェネクスを強化する存在です。

なんといっても②の効果にターン1制限がないのが最大の特徴です。

ジェネクスにはレアル・ジェネクス・ターボ、ジェネクス・パワー・プランナー、

レアル・ジェネクス・マグナ、レアル・ジェネクス・クラッシャーと

ガジェットのようにローテーションで連続サーチを行えるカードが存在しており

このカードと組み合わせる事でモンスターゾーンの空きが許す限り連続で展開が可能です。

制約がついているの当然なやばい展開能力です。

制約の関係上シンクロ召喚に繋げるにはどこかでチューナーを用意する必要がありますが

それでも【ジェネクス】の展開力を大幅に引き上げてくれる存在なのは間違いありません。

【ジェネクス】において「採用する理由ではなく採用しない理由を考えるべきカード」であり

理由が思いつかないのであれば脳死で3枚積みしていいぐらいのスペックです。

 

エクストラデッキ以外の特殊召喚には特に制限がないので

ジェネクス・コントローラーを特殊召喚するなりして召喚権を温存した状態で出して

アドバンス召喚の為のリリース要員を確保するといった手もあります。

また相手のターンになればエクストラデッキからの制約もなくなるので

星遺物からの目醒めあたりを用いて大量展開したジェネクスを素材に

大型のリンクモンスターを出すといった芸当も可能です。

 

 

相変わらずジェネクスのイラストは哀愁が漂っていますね

はたしてこのカードはどの時間軸を想定しているのか気になります。

世界が平和になった後、1人佇んでいるのもそれはそれでもの悲しいですね。

コメント