PR
スポンサーリンク

《タイム・リワインダー》遊戯王OCGカード考察 リバースに反応して特殊召喚や裏側守備をする変則的なリバースサポート!

スポンサーリンク

今回紹介するのは10月28日発売の

PHANTOM NIGHTMARE(ファントム・ナイトメア)よりこのカードです。

 

カード説明

タイム・リワインダー
効果モンスター
星8/光属性/機械族/攻1200/守2400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、フィールドのモンスターがリバースした場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、フィールドの表側表示モンスター1体を裏側守備表示にする。
②:自分・相手のメインフェイズに、このカードがリバースした場合、
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
その後、フィールドの表側表示モンスター1体を裏側守備表示にする。

wiki

 

光属性機械族のレベル8モンスターです。

 

砂時計の上下に点対称になるように腕と頭部だけのような白いロボットがついています。

砂時計の回転と共にくるくる回るのでしょうね。

 

「リワインド」とは巻き戻しを意味します。

タイム・リワインダーという事は時を巻き戻せる存在なのでしょう。

実際背景にもデジタリ時計の数字と思われるものがいくつも表示されており

巻き戻しを行っている様子が伺えます。

 

スポンサーリンク

 

リバースした場合に特殊召喚してモンスターを裏側表示に

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、フィールドのモンスターがリバースした場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、フィールドの表側表示モンスター1体を裏側守備表示にする。

①の効果はお互いのメインフェイズに1度、

場のモンスターがリバースした場合に自身を手札から特殊召喚した後に

場のモンスター1体を裏側守備表示にできます。

リバースモンスターとそれを表側にする手段をそれぞれ用意して

発動を狙うのが基本となるでしょう。

リバースモンスターを再び裏側にして再利用に繋げる事もできますし

このカード自身をリバースして②の効果に繋げる事もできます。

サン・アンド・ムーンのようにフリーチェーンでリバースのできるカードがあれば

相手ターンにも発動が狙いやすく、妨害手段としても機能します。

A・∀・HHなどで相手モンスターを裏側にして

相手がそれを表側にした際にも効果発動が狙えるでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分・相手のメインフェイズに、このカードがリバースした場合、
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
その後、フィールドの表側表示モンスター1体を裏側守備表示にする。

②の効果はお互いのメインフェイズに1度、自身がリバースした場合に

墓地のモンスター1体を守備表示で蘇生した後に

場の表側モンスター1体を裏側守備表示にします。

こちらも太陽の書やサン・アンド・ムーンのように

裏側のモンスターを表側にする手段を用いて発動を狙うのが基本となるでしょう。

守備表示限定ながらも蘇生できるモンスターに制限はなく

その後に裏側守備表示にできるのでリバースモンスターの再利用も可能です。

 

①の効果にも言える事ですがバトルフェイズ中にリバースしても効果は発動できない点、

効果を発動したら必ずどれかのモンスターは裏側守備にしなくてはいけない点に注意です。

 

 

 

発動条件からも効果からも

リバースモンスターを積極的に活用するデッキで運用する事になるでしょう。

有効活用する為には表側にできるカードを用いる必要こそあるものの

状況に応じて相手モンスターを裏側にする妨害手段としても

リバースモンスターを再利用する手段としても使えるので柔軟な運用が可能です。

墓地のモンスターを蘇生してそのまま裏側守備にできるので

メタルポッドのような制限カードでもうまくやれば使いまわせます。

 

ただこのカード自体はリバースモンスターではないので

各種リバースモンスター用のサポートに対応していない点には注意です。

 

 

かなり独特なデザインをしているモンスターです。

対になっているロボット部分がそれぞれ前と後ろを向いている事で

全体のデザインが分かるというのが面白いですね。

 

コメント