PR
スポンサーリンク

《童妖茶壺(どうようちゃつぼ)》遊戯王OCGカード考察 何気に対象取らずに裏側にできるすごい奴

スポンサーリンク

今回紹介するのは10月28日発売の

PHANTOM NIGHTMARE(ファントム・ナイトメア)よりこのカードです。

 

カード説明

童妖茶壺(どうようちゃつぼ)
チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻 500/守 0
このカードの②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードと同じ縦列の、裏側守備表示のモンスターは表示形式を変更できず、
魔法&罠ゾーンにセットされたカードは発動できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを隣のメインモンスターゾーンへ移動する。
③:モンスターゾーンのこのカードが他のモンスターゾーンに移動した場合に発動する。
このカードと同じ縦列の他のモンスターを全て裏側守備表示にする。

wiki

 

闇属性アンデット族のレベル3モンスターです。

 

 

壺に手足が生えて笏を持ったようなナニカが駕籠に乗って運ばれています。

 

モチーフとなっているのはお茶壺道中と思われます。

江戸時代に将軍家御用達の最高級のお茶を壺に入れて運んでいた行事です。

同時にお茶壺道中に由来するわらべ歌「ずいずいずっころばし」もモチーフと思われます。

 

スポンサーリンク

隣に移動して同じ縦列を裏側守備に

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードと同じ縦列の、裏側守備表示のモンスターは表示形式を変更できず、
魔法&罠ゾーンにセットされたカードは発動できない。

①の効果はモンスターゾーンに存在している間、

同じ縦列の裏側守備モンスターの表示形式の変更を不可にし

同じ縦列のセットされた魔法罠の発動を封じるというものです。

特にセットカードを封じるのは活用できる場面が多いでしょう。

 

このカードの②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを隣のメインモンスターゾーンへ移動する。

②の効果は1ターンに1度、隣のメインモンスターゾーンへと移動します。

③の効果の布石になると同時に①の効果で封じる魔法罠を変更できます。

 

このカードの②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:モンスターゾーンのこのカードが他のモンスターゾーンに移動した場合に発動する。
このカードと同じ縦列の他のモンスターを全て裏側守備表示にする。

③の効果は1ターンに1度、他のモンスターゾーンに移動した場合に

同じ縦列のモンスターを全て裏側守備表示にできます。

基本的には②の効果によって発動を狙う事になるでしょう。

裏側守備表示にしたモンスターはそのまま①の効果によって反転召喚が封じられます。

 

 

癖の強いカードですが③の効果は対象に取らずに相手モンスターを裏側にできるので

厄介な耐性持ちのモンスターを対処する手段として使えたりします。

アンデット族なので蘇生手段が豊富な事もあり

アンデット族サポートを活用できるデッキでは意外と面白い働きができます。

 

ちなみに③の効果は②の効果だけでなく

他の手段で移動させる事でも効果発動が狙えます。

アスポートのようにフリーチェーンで移動させる手段があれば

妨害手段としても活用が可能となります。

とはいえこのカードの為だけに移動手段を用意するのは現実的ではないので

【ヴァリアンツ】のように他にも移動手段を用意しているデッキにおいて

選択肢の1つとして使う形になるでしょう。

 

 

恐らく分福茶釜の親戚か何かでしょう。

 

 

コメント