PR
スポンサーリンク

《百鬼羅刹 巨魁ガボンガ(ゴブリンライダー ビッグヘッドガボンガ)》遊戯王OCGカード考察

スポンサーリンク

今回紹介するのは10月28日発売の

PHANTOM NIGHTMARE(ファントム・ナイトメア)よりこのカードです。

 

 

カード説明

百鬼羅刹 巨魁ガボンガ(ゴブリンライダー ビッグヘッドガボンガ)
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/光属性/獣戦士族/攻2100/守 0
レベル3モンスター×2
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがX召喚した場合に発動できる。
デッキから「ゴブリン」モンスター1体を手札に加える。
②:フィールドのX素材が取り除かれた場合、
フィールドの他の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのX素材とする。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
デッキから「ゴブリン」モンスター1体をこのカードのX素材とする。

wiki

 

【ゴブリンライダー】に属する光属性獣戦士族のランク3エクシーズです

 

紫色の肌を持つゴブリンが獅子のような魔物に

ハンドルやマフラー、リーゼント型のライトを装着して乗り回しています。

「ビッグヘッド」の名を冠しているあたりこのガボンガこそが

ゴブリンライダー達を率いるリーダー的存在なのでしょう。

他のゴブリンライダーに比べて大きな体をしていますが

よく見ると上半身に比べて下半身が貧弱すぎる体つきをしています。

 

X素材が消費されると場のモンスターを自身のX素材に

レベル3モンスター×2

エクシーズ素材には特に指定はなく

レベル3モンスターを2体揃える事でエクシーズ召喚が可能です。

ただ効果から考えると【ゴブリンライダー】での運用が基本となります。

ゴブリンライダーは最初にエクシーズを出さないと展開に難があるので

他のレベル3モンスターを用いてエクシーズ召喚に繋げられるというのは大きいです。

例えば魔界発現世行きデスガイドで百鬼羅刹 冷血ミアンダを特殊召喚する事で

このカードのエクシーズ召喚が狙えます。

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがX召喚した場合に発動できる。
デッキから「ゴブリン」モンスター1体を手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、エクシーズ召喚した場合に

デッキからゴブリンと名の付くモンスターを手札に加えるサーチ効果です。

百鬼羅刹 特攻ダグはサーチしてそのまま特殊召喚が可能であり

魔法罠をサーチする事にも繋がるので

この効果でサーチする候補として特に有力です。

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:フィールドのX素材が取り除かれた場合、
フィールドの他の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのX素材とする。

②の効果は1ターンに1度、場のオーバーレイユニットが取り除かれた場合に

場の表側モンスター1体を自身のオーバーレイユニットにしてしまうというものです。

このカード自身はオーバーレイユニットを消費する効果を持ちませんが

各種メインデッキのゴブリンライダーや百鬼羅刹大参上などで消費ができるので

それらを利用してこの効果を発動していく事になります。

 

オーバーレイユニットにするという形で除去を行う為に

破壊された場合やフィールドから離れた場合の効果発動を抑制する事が可能であり

同時に各種ゴブリンライダーで消費する為のオーバーレイユニットを補充できます。

更に百鬼羅刹 爆音クラッタなどで相手ターンにオーバーレイユニットを消費する事ができれば

フリーチェーン除去としても機能します。

 

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
デッキから「ゴブリン」モンスター1体をこのカードのX素材とする。

③の効果はお互いのエンドフェイズに

デッキからゴブリン1体を自身のオーバーレイユニットにできます。

【ゴブリンライダー】は何かと効果発動の為にオーバーレイユニットを消費しまくるデッキであり

オーバーレイユニットを補充する事は効果の発動機会を増やす事に直結します。

またデッキからオーバーレイユニットにしたゴブリンを消費して墓地へ送る事で

間接的な墓地肥やし手段としても利用できます。

ゴブリンライダーは自己蘇生を持ったカードも多くいるので

墓地肥やしとしての意味合いも大きいです。

 

 

【ゴブリンライダー】におけるキーカード的な存在であり

ますこのカードをエクシーズ召喚してオーバーレイユニットを消費して

各自メインデッキのゴブリンライダーを展開していく、というのが基本の動きとなります。

オーバーレイユニットを消費する事がそのまま除去手段になり

かつ消費する為のオーバーレイユニットも②や③の効果で補充できるので

各種ゴブリンライダーの効果がとっても発動しやすくなります。

効果発動の条件、除去、サーチ、墓地肥やしと様々な仕事を果たすカードであり

このカードがないとゴブリンライダーは機能しないといっても過言じゃありません。

 

そんなわけでとにかく毎ターンこのカードを場に維持し続けるのが理想的です。

除去されても再度エクシーズ召喚しやすいものの

調子にのってるとエクストラデッキから3枚簡単に出し尽くしてしまうでしょう。

貪欲な壺のようにエクストラデッキに戻す手段も一緒に用意しておくと

罫線能力の向上に一役買ってくれます。

 

 

相手を自分のエクシーズ素材にしてしまうというのは

相手モンスターを誘拐するのをイメージしているのかもしれません。

まさにならず者って感じの効果してますね。

コメント