PR
スポンサーリンク

《フュージョニック・リヴァイバーン》遊戯王ラッシュデュエル考察 いかにして繰り返しフュージョン召喚を狙うか

スポンサーリンク

8月4日に最強ジャンプ9月号が発売されます。

今回紹介するのはその付属として収録されるこのカードです。

 

カード説明

フュージョニック・リヴァイバーン
効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
【条件】自分がモンスターをフュージョン召喚した自分メインフェイズに、
自分フィールドの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。
その後、自分の墓地のフュージョンモンスター(ハイドラゴン族)1体を選んで
自分フィールドに表側表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚した場合、
さらに自分の墓地の「フュージョン」または「融合」1枚を選んで手札に加える事ができる。

wiki

 

光属性ドラゴン族のレベル1モンスターです。

 

銀色の体を持つワイバーン型のドラゴンです。

無機質に白く光る眼や金属を思わせるような体など

ドラゴンというよりはドラゴン型のゴーレムといった印象を受けます。

 

カード名は蘇生を意味する「リヴァイヴ」+「ワイバーン」からだと思われます。

 

ハイドラゴン族フュージョンモンスターを蘇生しつつフュージョン回収

【条件】自分がモンスターをフュージョン召喚した自分メインフェイズに、
自分フィールドの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。
その後、自分の墓地のフュージョンモンスター(ハイドラゴン族)1体を選んで
自分フィールドに表側表示で特殊召喚できる。

その効果はフュージョン召喚をしたターンに1度、自身を墓地へ送る事で

1枚ドローしつつ墓地のハイドラゴン族フュージョンモンスターを蘇生できるというものです。

一応フュージョン召喚をしているターンであればドロー効果だけは発動できるものの

蘇生効果に繋げればさらに追加効果が得られるので出来るだけそちらも狙っていきたい所です。

 

 

この効果で特殊召喚した場合、
さらに自分の墓地の「フュージョン」または「融合」1枚を選んで手札に加える事ができる。

蘇生効果まで繋げていれば

さらに墓地からフュージョンか融合を手札に加える事が可能です。

更なるフュージョン召喚を狙っていきやすくなるでしょう。

 

 

全ての効果を発動できればドローしつつフュージョンモンスターの蘇生とフュージョンの回収という

高いアドバンテージを確保できるカードですが

その為には事前にフュージョン召喚をしておいてフュージョンモンスターを墓地へ送っておき

そこから改めてフュージョン召喚をする必要があります。

つまり繰り返しフュージョン召喚が出来てこそ真価を発揮できるカードであり

どれだけ安定してフュージョン召喚が出来るかどうかがこのカードの使い勝手に直結します。

蘇生対象となるハイドラゴン族フュージョンモンスターは大型なものが多く

実際に2ターン連続でフュージョン召喚を狙うのはそう簡単ではないでしょう。

 

そんな中でダブルレイ・ドラゴンズは下級通常モンスター2体で出せる上に

墓地からフュージョンを回収する事もできるので

連続でのフュージョン召喚を狙うのにうってつけの存在です。

ザ☆ドラギアスターも最上級通常モンスター2体が素材なので

ダブルレイ・ドラゴンズと通常モンスターサポートをいくらか共有しやすいです。

このカードを使うのであればフュージョン召喚に特化した構築をしつつ

これらのフュージョン召喚を狙っていくといいでしょう。

効果さえ発動できるのであればフュージョン召喚のサポートとしてはこれ以上ないカードです。

 

 

次の最強ジャンプの付録カードも

ハイドラゴン族フュージョンモンスターとなっています。

何かドラゴン族の流れ来ていますね。

コメント