PR
スポンサーリンク

《ポワソニエル・ド・ヌーベルズ》遊戯王OCGカード考察 何気にヌーベルズ以外の儀式デッキでも使える有能シェフ!

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月22日発売の

AGE OF OVERLORD(エイジ・オブ・オーバーロード)よりこのカードです。

 

カード説明

ポワソニエル・ド・ヌーベルズ
ペンデュラム・効果モンスター
星1/闇属性/天使族/攻 700/守1700
【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに儀式モンスターが存在する場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、対象のモンスターの表示形式を変更する。
【モンスター効果】
このカード名の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●レベル1の儀式モンスター1体または「レシピ」カード1枚をデッキから手札に加える。
●自分の墓地から「レシピ」カードを任意の数だけ除外し、
その数と同じレベルを持つ「ヌーベルズ」儀式モンスター1体を手札から特殊召喚する。
②:フィールドのこのカードがリリースされEXデッキに表側で加わった場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

wiki

 

【ヌーベルズ】の新規となる闇属性天使族のレベル1ペンデュラムモンスターです。

 

Recette de Poisson~魚料理のレシピ~やVoici la Carte~メニューはこちら~

のイラストに描かれていた金髪のシェフがモンスターカードとなりました。

 

「ポワソニエル」とはフランス料理において魚料理を専門に扱う女性料理人の事です。

天使族である事を考えると天使の名称に使われる「エル」もかけているのでしょう。

が、このカードで彼女が手に持っているのはポワソン・ダブリル。

これはフランスにおける4月1日(エイプリルフール)の呼称であり

その日に食べる習慣となっている魚を模した伝統菓子の名前でもあります。

聖菓使クーベルとの菓子料理対決を踏まえてお菓子を持っているという事でしょうが

ちゃんと魚に関係のあるフランスのお菓子を選んでいるあたりが魚料理人としての矜持が見えますね。

 

場に儀式モンスターがいれば特殊召喚しつつ表示形式変更

【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに儀式モンスターが存在する場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、対象のモンスターの表示形式を変更する。

ペンデュラム効果は1ターンに1度、

自分の場に儀式モンスターが存在する場合に

場のモンスター1体を選択しながら自身をPゾーンから特殊召喚、

その後に選択したモンスターの表示形式を変更するというものです。

何かしら儀式モンスターを用意すればいいので

【ヌーベルズ】であれば自然とこの条件は満たせるでしょう。

表示形式の変更も行えるので守備表示のモンスターを無理矢理攻撃表示にして

各種ヌーベルズの生け贄にしてしまえます。

 

ちなみに特殊召喚した後に表示形式を変更する処理を挟むので

奈落の落とし穴などのタイミングを逃させる事が可能です。

 

 

このカード名の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●レベル1の儀式モンスター1体または「レシピ」カード1枚をデッキから手札に加える。
●自分の墓地から「レシピ」カードを任意の数だけ除外し、
その数と同じレベルを持つ「ヌーベルズ」儀式モンスター1体を手札から特殊召喚する。

モンスター効果の①は1ターンに1度、召喚や特殊召喚した場合に

2つある効果から1つを選択して発動出来るというものです。

1つはレベル1の儀式モンスターか「レシピ」と名の付くカードを手札に加えるサーチ効果です。

【ヌーベルズ】における初動となるブエリヤベース・ド・ヌーベルズ

それを儀式召喚する為のRecette de Poisson~魚料理のレシピ~のどちらもサーチに対応しており

このカード自身が儀式素材として活用できるので

ブエリヤベースの儀式召喚に繋げやすくなっています。

 

もう1つは墓地から「レシピ」と名の付くカードを任意の数だけ除外する事で

除外した枚数と同じレベルのヌーベルズを手札から直接特殊召喚できるというものです。

バラムニエル・ド・ヌーベルズバグリエル・ド・ヌーベルズ

ヌーベルズモンスターの効果で特殊召喚する事で真価を発揮できますが

この効果で特殊召喚した場合にもその条件を満たす事が可能です。

高レベルの儀式モンスターをこの効果で出すのはさすがに墓地コストの確保が大変ですが

レベル3のポワレティス・ド・ヌーベルズあたりならば十分狙えるでしょう。

 

②:フィールドのこのカードがリリースされEXデッキに表側で加わった場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

モンスター効果の②はリリースされる事でエクストラデッキの表側で加わった場合に

自身をペンデュラムゾーンに置くというものです。

①のモンスター効果ブエリヤベース・ド・ヌーベルズをサーチし

儀式召喚によってこのカードを生け贄する事で自然と条件を満たす事が可能です。

何かしらのアドバンス召喚の為のリリース要員にしてしまうのもいいでしょう。

 

 

【ヌーベルズ】において緩い条件で特殊召喚でき

各種レシピやブエリヤベースのサーチや墓地にレシピが大量にあれば

高レベルのヌーベルズ儀式を直接特殊召喚したりと何かと役立ってくれる存在です。

儀式召喚主体のヌーベルズではペンデュラム召喚そのものは活用し辛いものの

他のスケール要員と一緒に採用して

チョウジュ・ゴッドあたりをペンデュラム召喚するといった使い方は可能です。

天使族であるというのもポイントで宣告者の神巫の特殊召喚に対応しており

【ヌーベルズ】にこのカードを自然と採用しやすくしてくれます。

 


【ヌーベルズ】で使うのが基本となるカードではありますが

それ以外にも相性のいい儀式テーマがいくつかあり

例えば【占術姫】においてはペンデュラム効果で表示形式の変更ができるので

リバースモンスターの効果を発動する手助けを行う事が可能です。

また①のモンスター効果はレベル1儀式であればサーチができるので

サクリファイスやサイバース・セイジのサーチ手段としても機能します。

その他ではオッドアイズ・ペンデュラムグラフ・ドラゴンとも相性がよく

あちらをペンデュラム召喚した後でこのカードをPゾーンから特殊召喚できるので

あちらがPゾーンに移動する為のスペースを自然と確保可能です。

 

 

こうなると肉料理の方のシェフのカード化にも期待したい所ですね。

名前的には「ロティシエル」あたりになるんでしょうか。

コメント