PR
スポンサーリンク

《カブレラストーン》遊戯王OCGカード考察 分かりやすくトライアングルーOを狙えって言われてます

スポンサーリンク

今回紹介するのは6月10日発売の

ANIMATION CHRONICLE 2023(アニメーションクロニクル2023)よりこのカードです。

 

カード説明

カブレラストーン
効果モンスター
星1/地属性/岩石族/攻 0/守 0
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「トライアングル-O」1枚を手札に加える。
このカードが攻撃表示の場合、さらにこのカードは守備表示になる。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動する。
自分は1000ダメージを受ける。

wiki

 

地属性岩石族のレベル1モンスターです。

遊戯王5D’sにおいて不動遊星が矢薙典膳から借りて使用し

トライアングルーOによって破壊されバーンダメージを相手に押し付けました。

アニメではデメリット効果しかありませんでしたが

OCG化に伴いサーチ効果が追加されています。

 

まさに見たまんま、カブレラストーンがアップで映し出されています。

 

カブレラストーンとは南米ペルーの医師「ハビエル・カブレラ」がコレクションしていた彫刻石です。

その数は15000も存在していると言われ人と恐竜が一緒に描かれているものが有名です。

当時1万2000年前に作られたものという鑑定結果が出ており

この時代に恐竜の姿を導き出すのは不可能であった事からオーパーツ扱いされました。

なお実際には原住民が自作していた民芸品のようなもので

中にはセダンの車が描かれていた李と現代のものである事を隠す気がないものも存在しています。

そんなわけで偽物扱いされたカブレラストーンですが

15000ある全てが偽物と判明したわけではないようで夢はまだ広がっています。

場に出せばトライアングルーOサーチ、破壊されれば自分にダメージ

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「トライアングル-O」1枚を手札に加える。
このカードが攻撃表示の場合、さらにこのカードは守備表示になる。

①の効果は1ターンに1度、召喚、反転召喚、特殊召喚した場合に

デッキからトライアングルーOを手札に加えるサーチ効果です。

最近のカードでは珍しく反転召喚にも対応しています。

基本的にこのカードを使う場合トライアングルーOとのコンボを狙うのが大前提であり

その準備として機能してくれます。

 

また攻撃表示で出した場合には守備表示となります。

攻撃力0を晒さなくて済むのは地味ながらもありがたいです。

 

②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動する。
自分は1000ダメージを受ける。

②の効果は戦闘破壊や効果破壊された場合に1000ダメージを受けるというものです。

そのままではデメリットですがトライアングルーOを発動した場合には

このダメージを相手に押し付ける事が可能です。

 

 

他の秘宝カードはある程度汎用的な使い方が可能なのに対し

このカードは完全にトライアングルーOとのコンボ前提のカードと言った感じですね。

攻撃力0の岩石族をサポートするカードは勿論の事、水晶ドクロ同様にレベル1であり

ワン・フォー・ワンをはじめとするレベル1サポートを活用する事で

3体並べてトライアングルーOに繋げる動きが狙いやすくなるでしょう。

 

 

ちなみに同じくオーパーツをモチーフとしたテーマ【先史遺産】にも

カブレラストーンをモチーフとしたカード「先史遺産カブレラの投石機」があり

カブレラストーンを投げる投石機となっています。

いや何で投石機?

 

コメント