《リブロマンサー・デスブローカー》遊戯王OCGカード考察 ダメージソースと除去と妨害を全部担えるエース儀式モンスター!

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2022よりこのカードです。

 

 

カード説明

リブロマンサー・デスブローカー/Libromancer Doombroker
儀式・効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2500/守2000
「リブロマンサー」カードにより降臨。
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのモンスターを使用して儀式召喚したこのカードは直接攻撃できる。
②:自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「リブロマンサー」罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
③:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

wiki

 

【リブロマンサー】に属する闇属性悪魔族のレベル6儀式モンスターです。

恐らくはリブロマンサー・エージェントが本の力によって変身した姿だと思われます。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

恐らくは殺し屋系のハードボイルド小説の主人公を実体化させ

その姿へとリブロマンサー・エージェントそのものが変身しています。

黒と赤のスーツに鋼鉄の手から赤いケーブルのようなものが伸びており

いかにも闇の仕事屋って感じの厨二感がたまりませんね。

 

デスブローカーは直訳すると「死の仲介人」といった所ですね。

まさに依頼を受けて裁きを下す殺し屋って感じのネーミングです。

 

 

スポンサーリンク

 

直接攻撃しつつダメージ与えたらデッキバウンス

「リブロマンサー」カードにより降臨。

儀式モンスターであり各種リブロマンサーの効果で儀式召喚するのが基本となります。

リブロマンサーでは儀式魔法であるリブロマンサー・リライジングの他、

リブロマンサー・マジガールやリブロマンサー・ライジングでも儀式召喚が可能です。

主に消費を抑えられるリブロマンサー・ライジングで儀式召喚を狙うのがいいでしょう。

レベルが6と高めなのでリリース要員の確保には

リブロマンサー・リアライズでトークンを生成するのがオススメです。

 

①:フィールドのモンスターを使用して儀式召喚したこのカードは直接攻撃できる。

①の効果は場のモンスターをリリースして儀式召喚した場合に

直接攻撃が可能になるというものです。

2500という打点での直接攻撃は中々に強烈で③の効果にも繋げやすくなります。

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「リブロマンサー」罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

②の効果は1ターンに1度、

デッキからリブロマンサー罠を直接フィールドにセットできるというものです。

セットできる罠カードは相手の効果を無効にできるリブロマンサー・インターフェや

コントロールを奪取できるリブロマンサー・アフェクテッドなど

いずれも妨害手段として優秀でありこのカード自身が手札に戻すコストとしても機能します。

儀式召喚したこのカードを手札に戻すのは少々勿体なくはあるものの

除去に合わせて手札に避難させるなどすれば損失は抑えられます。

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

③の効果は1ターンに1度、戦闘ダメージを与えた時に

相手の表側モンスター1体をデッキバウンスできるというものです。

攻撃を介する必要こそあるものの①の効果があれば直接攻撃が狙えるので

より効果が決まりやすくなるでしょう。

リブロマンサー・ミスティガールと一緒に並べる事が出来れば

モンスター効果による対象耐性が付与されるのでさらに決めやすくなります。

 

出張させるのも面白そう

2500打点の直接攻撃によってまとまったダメージを与えつつ

デッキバウンスによる除去能力と罠カードセットによる実質的な妨害性能を合わせ持っている

様々な面で優秀な儀式モンスターとなっています。

リブロマンサー儀式モンスターの中でも特にアドバンテージを稼ぎやすく使いやすい性能をしており

【リブロマンサー】におけるエース的な存在を担ってくれるでしょう。

 

全体的にハイスペックな性能をしており

場のモンスターをリリースして儀式召喚さえすれば①と③の効果はデッキを選ばずに活用でき

②の効果もリブロマンサー罠を何か採用していれば活用可能です。

儀式モンスター故にサーチ手段は豊富にありますし

なんらかのリブロマンサー罠と一緒に別の儀式テーマに出張させるのも面白いと思います。

 

リブロマンサー・エージェントは恰好からして

恐らくは警察か探偵だと思われます。

法で裁けない悪人というのもたくさん見て来た結果

それらを裁く殺し屋に憧れたのかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました