PR
スポンサーリンク

《聖菓使(パティシエル)クーベル》遊戯王OCGカード考察 簡易融合対応の悪用しがいのあるペンデュラム融合!

スポンサーリンク

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2022よりこのカードです。

 

 

カード説明

聖菓使クーベル(パティシエルクーベル)/Patissciel Couverture
融合・ペンデュラム・効果モンスター
星5/闇属性/天使族/攻1700/守 700
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
Pモンスター×2
①:モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

wiki

 

闇属性天使族のレベル5ペンデュラム融合モンスターです。

 

左手にチョコレートケーキを、右手に泡だて器を持つ紫髪のパティシエールです。

味見をしたのか舌なめずりをしている口元が特徴的です。

 

カード名は女性菓子職人を意味する「パティシエール」

ヘブライ語で「神」を意味し天使の名称としてもよく用いられる「エル」

ケーキによく使われる脂肪分の高いチョコレートである

「クーベルチュールチョコレート」からだと思われます。

英語名の「ciel」からすると天国を意味する「シエル」もかかっているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

EXデッキから好きなペンデュラムをPゾーンへセット

Pモンスター×2

融合素材にはペンデュラムモンスター2体を指定しています。

ペンデュラムモンスターを積極的に活用するデッキであれば

融合素材を揃えるのは難しくないでしょう。

特に融合効果を内蔵するEMトランプ・ガールや捕食植物ブフォリキュラ

このカードの融合素材として使いやすいです。

レベル5なので簡易融合を使う事でも融合召喚が可能です。

 

 

①:モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

モンスター効果はモンスターゾーンで破壊された場合に

自身をPゾーンに置くというものです。

他のモンスター効果を持たずステータスも低い為に

そもそもが破壊してPゾーンに置くのが主題のカードだと言えるでしょう。

 

【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。

ペンデュラム効果は1ターンに1度、もう片方のペンデュラムゾーンに空きがあれば

EXデッキから表側表示のペンデュラムをPゾーンに置けるというものです。

EXデッキにあらかじめペンデュラムモンスターを用意できていれば

このカードと合わせてペンデュラム召喚を狙っていく事が可能です。

スケールと1と低いのでスケールの高いペンデュラムをもう片方に置く事で

幅広いレベルのペンデュラム召喚が可能となります。

 

 

破壊する手段も一緒に用意しよう

特にペンデュラム・トレジャーのような

ペンデュラムカードをEXデッキに表側で加えるカードと相性がよく

強力なペンデュラム効果を持つカードを積極的に活用していく事が可能です。

Pゾーンに置くだけなら該当カードの蘇生制限を満たす必要がないというのもポイントで

覇王龍ズァークのような強力なペンデュラム効果を持つカードを表側でEXデッキに置ければ

それをPゾーンに引っ張り出して使いまわす、なんて芸当も可能となります。

 

 

その特性から場に出した後に破壊してPゾーンに置くことが前提のカードとなっています。

簡易融合で出した場合、そのまま自壊させる事でPゾーンに置くことが可能ですが

発動がエンドフェイズと遅くなるので出来れば他の手段で破壊したい所です。

ブラック・ホールなどでこのカードを巻き込んでもいいですし

何なら自爆特攻で発動を狙うのもいいでしょう。

 

 

 

様々なペンデュラムデッキで活用が狙える面白いカードです。

今後強力なP効果を持つカードが増えてくれば

それだけ価値の上がるカードもあり将来性にも期待できますね。

コメント