《肆世壊の双牙(スケアクロー・ツインソー)》遊戯王OCGカード考察 スケアクロー用ゴッドバードアタック!リンク対策にも

今回紹介するのはDARKWING BLAST(ダークウィング・ブラスト)よりこのカードです。

 

 

カード説明

肆世壊の双牙(スケアクロー・ツインソー)
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「スケアクロー」モンスター1体をリリースし、
相手フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」が存在する場合、
この効果で破壊したカードは墓地へは行かず除外される。
②:フィールドにリンク3以上のモンスターが存在する場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、フィールドのリンクモンスターは効果を発動できない。

wiki

 

【スケアクロー】用の通常罠です。

 

ヴィサス=スタフロストが左手に持った剣から緑の刃を2つ飛ばして

クシャトリラ・オーガを攻撃しています。

肆世壊の名を冠しているあたりライヒハートの力を取り込んで手に入れた剣なのかもしれませんね。

 

イラストを見る限り戦っている場所はクシャトリラに侵略された肆世壊=ライフォビアと思われます。

械貶する肆世壊のイラストではヴィサス=スタフロストが攻撃を引き受けてる感じでしたが

どうやらヴィサスも無事にライフォビアに降り立つことに成功したみたいですね。

 

スポンサーリンク

 

1ターンの間リンクモンスターの効果発動を封じる

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「スケアクロー」モンスター1体をリリースし、
相手フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

①の効果は1ターンに1度、自分の場のスケアクロー1体をリリースする事で

相手のカード2枚を破壊するというものです。

言うなればスケアクロー版のゴッドバードアタックと言うべき効果であり

リリース要員さえ確保できれば優秀なフリーチェーン除去として機能します。

 

自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」が存在する場合、
この効果で破壊したカードは墓地へは行かず除外される。

また自分の場にヴィサス=スタフロストがいる場合には

破壊したカードを除外する事も可能です。

墓地利用の出来るカードに対しても効果的な除去が可能となり

より使いやすい除去手段として活用していけます。

 

②:フィールドにリンク3以上のモンスターが存在する場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、フィールドのリンクモンスターは効果を発動できない。

②の効果は自分の場にLINK-3以上がいる場合に

墓地からこのカードを除外する事で

そのターンの間フィールドのリンクモンスターの効果の発動を封じるというものです。

【スケアクロー】はそもそもLINK-3のスケアクロー・トライヒハートを前提とするテーマであり

条件を満たす事は自然とできるでしょう。

リンクモンスター限定というピンポイントのメタですが

スケアクロー・トライヒハートは守備表示に出来ないリンクモンスターが1つの弱点となっており

この効果は丁度その穴を補えるようになっています。

自分のリンクモンスターも効果の発動が出来なくなってしまいますが

相手ターンに発動すれば影響は低いでしょう。

 

 

②の効果によってウィークポイントだったリンクモンスターに対しても強く出られるので

【スケアクロー】におけるロックをより厄介なものにしてくれるカードです。

単純に①の効果がフリーチェーン除去として使いやすいのもいいですね。

 

②の効果はあくまで効果発動を封じる効果なので

特にリンク召喚成功時に発動する効果には気をつけましょう。

そういったモンスターをリンク召喚してきそうだなと思ったら

事前に発動できるかがカギとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました