PR
スポンサーリンク

《機械仕掛けの夜-クロック・ワーク・ナイト-》遊戯王OCGカード考察 全体強化と全体弱体化として普通に強くない?

スポンサーリンク

今回紹介するのはANIMATION CHRONICLE(アニメーションクロニクル)2022よりこのカードです。

 

 

カード説明

機械仕掛けの夜-クロック・ワーク・ナイト-
永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できず、
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの表側表示モンスターは機械族になる。
②:自分フィールドの機械族モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、
相手フィールドの機械族モンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
③:墓地のこのカードを除外し、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから機械族・地属性モンスター1体を手札に加える。

wiki

 

機械族用のサポートとなる永続魔法です。

遊戯王デュエルモンスターズにおいてBIG4こと大田宗一郎が

本田ヒロト&御伽龍児&城之内静香戦で使用したカードで

その効果で戦闘補助を行いつつ機械族サポートを活かしました。

アニメでは種族変更はあくまでカード発動時にフィールドにいる種族でしたが

OCG化に伴い永続効果になっており、また効果が追加されています。

 

歯車が剥き出して回転している夜の工場といった感じのイラストです。

所々光っている工場の灯りと三日月がちょっと幻想的ですね。

 

スポンサーリンク

 

場のカードを全て機械族にして全体強化&全体弱体化

このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できず、
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの表側表示モンスターは機械族になる。

①の効果はフィールドの表側モンスターを機械族にするというものです。

機械族以外の種族サポートの妨害として機能する効果であり

特に特定の種族を素材に指定するモンスターを出すのは大きく妨害できるでしょう。

またリミッター解除などの機械族サポートをモンスター全般に使う事が可能となります。

 

②:自分フィールドの機械族モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、
相手フィールドの機械族モンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。

②の効果は自分の場の機械族の攻撃力守備力を500アップさせ

相手の場の機械族の攻撃力守備力を500ダウンさせる全体強化&全体弱体化です。

①の効果により概ねフィールドのモンスター全ての強化と弱体化に繋がるといってよく

全体強化としても全体弱体化としても500というのは相当に高い数値となっています。

単純な戦闘サポートとしては勿論の事、

No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロのような攻撃力変動を条件とする効果のサポートにもなります。

 

このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できず、
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:墓地のこのカードを除外し、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから機械族・地属性モンスター1体を手札に加える。

③の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

デッキから地属性機械族を手札に加えるサーチ効果です。

手札コストこそ必要なものの地属性機械族全般をサーチ可能であり

手札効果の1つとして利用できます。

永続効果故に相手からの除去を狙われやすいですが1つの保険にはなるでしょう。

 

 

サイバー・ドラゴンとは相性がよく相手のモンスターを全て機械族にしてしまう事で

キメラテック・フォートレス・ドラゴンで根こそぎ奪い取る事が可能です。

DNA改造手術と比べてもすぐに発動出来るという利点があり

攻撃力強化もサイバー・ツイン・ドラゴンやキメラテック・ランページ・ドラゴンなど

連続攻撃の出来るカードにとっては特に恩恵が大きいです。

 

③の効果的には【マシンナーズ】に組み込むのも面白いと思います。

特に手札交換でマシンナーズ・フォートレスを墓地に落とせれば美味しいです。

 

②の全体強化と全体弱体化だけでも十分すぎるほど強力で

打点が欲しいデッキならばこの効果の為だけに採用する手もありです。

特にメタビート系は戦闘補助の恩恵が大きいと思います。

コメント