PR
スポンサーリンク

《ヴェンデット・スカヴェンジャー》遊戯王OCGカード考察 5000打点越えも普通に狙えます

スポンサーリンク

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

ヴェンデット・スカヴェンジャー
儀式・効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻2800/守 0
「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:お互いのメインフェイズに、
自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。
②:このカードが墓地に存在し、
自分フィールドに「リヴェンデット・スレイヤー」が存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

wiki

 

【ヴェンデット】の新規となる闇属性アンデット族のレベル8モンスターです。

恐らくはスカー・ヴェンデットの進化形だと思われます。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

コートで隠されていた部分が明らかとなり怪物の顔がしっかりと会われています。

変身というよりはこれこそが本当の姿という感じなのでしょうね。

また左腕はいくつもの触手が伸びており右腕も手の平に口があり

指が鳥のくちばしのようになっていると実に怪物らしさ満点の姿です。

 

「スカベンジャー」とは動物の死体を主食とする腐肉食生物を表す言葉です。

ハゲワシやハゲタカ、ハイエナなどが代表的です。

このカードの場合はゾンビを食らうのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

仲間のアンデットを喰らってパワーアップ!

「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。

基本的に各種ヴェンデット儀式魔法によって儀式召喚を行います。

特にラヴェナス・ヴェンデットはテキストにこのカードの名前が記載されており

儀式の下準備によって同時にサーチする事が可能です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:お互いのメインフェイズに、
自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。

①の効果はお互いのメインフェイズ時に1度、

自分の場のアンデット族1体をリリースする事で

自身の攻撃力をそのターンの間リリースしたモンスターの攻撃力分アップさせる自己強化効果です。

ゾンビを捕食してパワーアップしてる様を表現しているのでしょう。

元々の攻撃力が2800あり、リリースしたアンデット族次第では

4000を超える攻撃力も充分に確保可能です。

 

相手ターンにもフリーチェーンで発動可能でありコンバットトリックには使えないものの

そのターンの戦闘破壊を防ぎやすくなる他に除外やバウンスをされたくないアンデット族を

リリース・エスケープで墓地へ送る手段としても機能します。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在し、
自分フィールドに「リヴェンデット・スレイヤー」が存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、自分の場にリヴェンデットスレイヤーがいる場合に

自身を墓地から特殊召喚する自己蘇生効果です。

このカードを蘇生して①の効果でリヴェンデット・スレイヤーをリリースして

攻撃力を5200にまで高めつつあちらの墓地へ送られた時の効果を発動するなんて動きもできます。

 

この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

デメリットとしてこの効果で自己蘇生している場合、

フィールドから離れると除外されてしまいます。

除外されるのが嫌ならばエクシーズ素材にしてしまいましょう。

リヴェンデット・エグゼクターはこの効果の条件を満たす上にレベルが8であり

このカードと合わせてランク8エクシーズに繋げられます。

 

 

リリースするモンスターこそ必要ですが高い攻撃力を確保可能であり

ヴェンデット儀式モンスターの中でも特に戦闘面で頼りになるカードです。

ヴェンデット儀式モンスターは儀式素材にしたヴェンデットによって

優秀な耐性や除去能力を確保できるようになる為に

戦闘面で頼りになるというのは場持ち性能の向上としても大きな意味を持ちます。

 

 

 

一度破壊されても②の効果で少なくとも1回は自己蘇生が狙えるので

継戦能力としてもありがたい存在です。

コメント