《セリオンズ・イレギュラー》遊戯王OCGカード考察 どうしてイレギュラーは発生するんだろう?

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

セリオンズ・イレギュラー
効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻1600/守2800
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「セリオンズ」モンスターを3体まで対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
②:手札から「無尽機関アルギロ・システム」1枚を捨てて発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
③:このカードが装備されている場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、このカードを装備していたモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

wiki

 

【セリオンズ】の新規となる闇属性機械族のレベル10モンスターです。

セリオンズ”キング”レギュラスの派生であり

攻撃力守備力が正反対になっている他、

地属性から闇属性になっておりまたレベルが10上がっています。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

全身から紫色のエネルギーが放電したような状態となっています。

全体的に黒く変色もしておりエネルギーが暴走しているような感じでしょうか。

彼らの動力源はかなり曰く付きの代物なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

墓地のセリオンズを3体まで装備

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「セリオンズ」モンスターを3体まで対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

①の効果は1ターンに1度、自身を手札から特殊召喚つつ

墓地のセリオンズを3体まで自身に装備する自己展開効果です。

他のセリオンズと似たような特殊召喚条件となっていますが

装備できるのがセリオンズ限定となっている代わりに最大3体まで装備可能となっています。

元々の攻撃力が低いながらもセリオンズ1体装備ごとに攻撃力が700アップするので

3体装備で3700打点にまで上昇する上にそれぞれの②の効果を使用可能となります。

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:手札から「無尽機関アルギロ・システム」1枚を捨てて発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。

②の効果は1ターンに1度、手札から無尽機関アルギロ・システムを捨てる事で

相手のカードを全て破壊するというものです。

手札コストこそ必要なものの豪快な全体除去であり

無尽機関アルギロ・システムは墓地回収効果を持つ為に手札コストとしても使いやすいです。

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが装備されている場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、このカードを装備していたモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

③の効果は1ターンに1度、装備カードとなっているこのカードを特殊召喚しつつ

元々このカードを装備していたモンスターを逆に装備カードにするというものです。

各種セリオンズの効果などでこのカードを装備する事で

実質的なこのカードの蘇生が可能であり②の効果に繋げられる他、

ランク10のエクシーズ素材として活用できます。

 

 

墓地を迅速に肥やせるかが鍵

他のセリオンズがそれぞれの種族デッキに出張できるような性能なのに対して

このカードはまさにセリオンズメインのデッキで使えという性能をしています。

その分性能は強力無比もいい所であり

最大で3体分のセリオンズの効果を使える上に

②の効果で全体除去も行えるとやりたい放題な性能をしています。

3体のセリオンズを装備出来るという事は

それだけコストとして装備しているセリオンズを墓地へ送りやすいという事でもあり

セリオンズ“キング”レギュラスやセリオンズ“リリー”ボレアの効果も

気兼ねなく使えます。

 

文句無しに強力なカードではありますが

最大限に効果を発揮する為には墓地にセリオンズが3体いる必要があります。

他のセリオンズも一緒に展開したいと考えるならさらに墓地の確保がいるでしょう。

セリオンズ・チャージや無尽機関アルギロ・システムなどをはじめ

墓地肥やし手段はできるだけ用意しておきたい所です。

 

ただでさえやばい性能のセリオンスですが

このカードの登場でさらにやばくなった気配がします。

いや本当に戦々恐々です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました