PR
スポンサーリンク

《A・∀・TT(アメイズ・アトラクション・ストリルトレイン)》遊戯王OCGカード考察 A・∀・HHと並ぶ妨害手段!

スポンサーリンク

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

A・∀・TT(アメイズ・アトラクション・ストリルトレイン)
通常罠
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「アメイズメント」モンスターまたは
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
②:装備モンスターのコントローラーによって以下の効果を発動できる。
●自分:装備モンスターの表示形式を変更し、
自分の墓地の「アトラクション」罠カード1枚を相手が選ぶ。
そのカードを自分フィールドにセットする。
●相手:装備モンスターをエンドフェイズまで除外する。

wiki

 

【アメイズメント】用の通常罠です。

メタル・ドラゴン型の蒸気機関車に驚楽園の支配人 <∀rlechino>が乗っています。

額にあるアメイズメントのマークが眩しいです。

遊園地を周るように走る蒸気機関車はこれまた定番のアトラクションの1つですね。

 

スポンサーリンク

 

自分に装備すれば他の・∀・の回収、相手に装備させれば一時的な除外

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「アメイズメント」モンスターまたは
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
②:装備モンスターのコントローラーによって以下の効果を発動できる。

その効果は1ターンに1度、自分の場のアメイズメントか

表側相手モンスターに装備させ、装備させた陣営によって

2つある効果の1つを発動できるというものです。

アトラクション罠に共通で見られる効果特徴ですね。

 

●自分:装備モンスターの表示形式を変更し、
自分の墓地の「アトラクション」罠カード1枚を相手が選ぶ。
そのカードを自分フィールドにセットする。
自分モンスターに装備させた場合には表示形式を変更しつつ
墓地のA・∀・罠1枚を相手に選ばせて
それを自分の場にセットできるというものです。
何をセットするかは相手が選ぶものの、各種アトラクション罠の再利用が可能であり
墓地にA・∀・罠が1種類しかなければ狙ったカードのセットも可能です。
驚楽園の支配人 <∀rlechino>が墓地のA・∀・を除外して発動する効果を持つので
予め選ばれたくないA・∀・を除外しておいてから発動する手があります。
●相手:装備モンスターをエンドフェイズまで除外する。

相手モンスターに装備した場合は

そのモンスターをエンドフェイズまで除外します。

一時的ではありますがA・∀・HH同様にフリーチェーンの妨害手段として活用が可能です。

ただ相手を除外してしまう関係上、そのまま装備したこのカードが墓地へ送られてしまう為に

再利用できない点もA・∀・HHと同様である事に注意です。

 

 

裏側守備表示か、一時的な除外かという違いこそあるものの

A・∀・HHと並ぶ【アメイズメント】におけるメイン妨害手段になりうるカードです。

単純に驚楽園の支配人 <∀rlechino>の効果で相手に直接貼り付けるのも有用ですし

自分モンスターに装備させれば他のA・∀・を引っ張ってこれるので

それでA・∀・HHあたりを回収しつつ驚楽園の案内人 <Comica>あたりで

フリーチェーンに相手に装備させる事ができればより理想的です。

ただ②の効果は1ターンに発動できるのはどちらか片方である点は注意です。

自分→相手に装備を移し替えるのであれば

自分ターンに1度効果を発動しておきたい所です。

 

しかし相変わらず他の客の姿が見えません。

やっぱりジサクジエンで遊んでいるのでしょうか。

コメント