PR
スポンサーリンク

遊戯王ゴーラッシュ!! 第1話『こちら宇宙人トラブル相談所!』感想 歴代で最も初心者向けなチュートリアル!

スポンサーリンク

遊戯王ゴーラッシュ!!1話の感想です。

 

 

UFOの中に隠れるのよ!

夜中、ある少年が物音がしてふと目を覚ましますがすぐに寝てしまいます。

少年の名は王道遊飛、翌日サーモグラフィーで猫を発見しスケボーで飛び出しますが

勢いあまって転倒、逃げられてしまい妹である王道遊歩に嗜められています。

どうやらネコさらい宇宙人の手掛かりを探している所のようです。

宇宙人に対してギッタンギッタンにしてごめんなさいと言わせてやると言う遊飛、

彼が宇宙人に対して何か恨みがあるというのが分かりますね。

 

会社に戻ろうとする2人ですがそんな中でミステリーサークルを発見します。

どうやら昨日の物音の原因はこれの様子です。

調べているうちに遊歩が透明な扉にぶつかりました。

そしてその扉があいたので入ってみる事にします・・・閉じ込められた!

そのままUFOは宇宙に向けて発進、地球がどんどん離れていきます。

そんな2人の前に現れたのが銀河の彼方にあるベルギャー星からやってきたという

ユウディアス・ベルギャー、本作の主人公で一人称が「それがし」とかなり侍風です。

遊飛が探していた本物の宇宙人であり、ユウディアスからすれば遊飛と遊歩こそが宇宙人です。

 

遊飛はユウディアスに対してここで800万年目とラッシュデュエルを挑もうとします。

どうやら彼や宇宙人にアース・ダーマというものを奪われたらしくそれを取り返そうとしているようですね。

でも宇宙人っていってもすっごい広義だしさすがにユウディアス関係ないんじゃないかなぁ・・・。

しかしユウディアスはラッシュデュエルに何やら心当たりがあるらしく

遊飛の申し出を受け入れます。

 

スポンサーリンク

 

開封フェイズ

そして遊飛がラッシュデュエルの為にカードの準備をいていると

ユウディアスが「まがい物でそれがしを欺くつもりか!」と

本物のラッシュデュエルで挑んでこいと激昂します。

どうやらラッシュデュエルという言葉自体は知っているようですが

地球とベルギャー星におけるラッシュデュエルの認識にはかなり違いがあるようです。

そしてユウディアスが認識しているラッシュデュエルとは・・・

 

カードの開封すらされていませんでした

ドヤ顔で未開封のパック見せられたらそりゃ2人もそんな表情しますよね。

というわけでまず一番最初にパックを剥くことから始めるという

初心者向けにもほどがあるチュートリアルがはじまります。

ユウディアス、どうもこのパックの状態が正しい状態だと思っていたようで

遊飛がパックを切ると激昂して遊飛を磔にして「バンビドゥ」をしようとします。

このバンビドゥ、詳細は分かりませんがとりあえず何かしらの刑罰ではあるようです。

まあそのあたりの誤解は遊歩のフォローによってなんとかなり

中からカードが出て来た事によりユウディアスが感動しています。

モンスターカード、魔法カード、罠カードについての説明などを簡単にする遊歩、

「我らはついにラッシュデュエルの真実にたどり着いた!」と同胞たちと共に喜ぶユウディアス、

その同胞たちも「ユウディアス!ユウディアス!」と声を揃えて讃えます。

この同胞、なんと888万人いるようです。バーム10億の民ほどではありませんが相当な人数です。

ユウディアスはベルギャー星人の中でもリーダー的な存在のようですね。

彼らの故郷である星団は戦乱がありそこから逃れて地球に来たのがこの888万人であり

ラッシュデュエルが新たな世界へ導くという伝説が伝えられているものの

どう導くか、そもそもラッシュデュエルが何かが分からなかった様子です。

しかしユウディアスはラッシュデュエルこそが戦乱を終わらせ平和を導く鍵だと信じていました。

 

なお遊歩はここまでかなりユウディアスに対して親切にしていますが

腹の中ではユウディアスをどう利用しようかを考えていました。

遊歩はユウディアスと遊飛のラッシュデュエルを促し

ユウディアスが勝てばラッシュデュエルについて色々教えるといい

もし負ければUTSでタダ働きをするように提案します。

遊飛と遊歩は有限会社UTS(宇宙人トラブル相談所)を設立しており、遊歩はその社長です。

このやりとりからして遊歩はかなり守銭奴の様子ですね。

 

攻撃力1500の下級ライン

そんなわけで改めてユウディアスVS遊飛のデュエルが開始されます。

ちなみにユウディアスのデュエルディスクを2人は見たことないと言います。

ユウディアスのデュエルディスクがSEVENSでお馴染みの赤色なのに対して

遊飛と遊歩のは青色、これは時代の違いなのかそれとも・・・。

 

先行は遊飛、ドロー。

攻撃力200のタマボットを攻撃表示で出してカードを3枚出してターンエンドです。

多少手札事故があるのはそうですが相手が初心者という事もあり

手心を加えて大逆転を考えていると遊歩は見抜いています。

守備表示でない辺りはそうなのでしょう。

 

ユウディアスのターン、ドロー。

まずはヴォルテクス・シューターを召喚、

モンスターゾーンの限り召喚してもいいという遊歩のアドバイスを聞いて

さらにインターステライムとジャイアント・バルジも召喚します。

そしてタマボットを戦闘破壊しつつ他2体で直接攻撃を仕掛け

一気に遊飛のライフを削っていきます。

ユウディアスはこれでターンエンドです。

 

遊飛のターン、4枚ドロー!・・・した所でまたユウディアスに磔にされます。

なんで4枚もドローしてるんだインチキするなっていい分です。

どうやら「ドローは1枚まで」というルールはどこかで知識としてあったようです。

というわけで5枚になるまでドローできると遊歩に教えてもらって遊飛を開放、

ちゃんと第1話らしいチュートリアルしていますね。

遊飛はここからは本気だと言わんばかりにジョインテック・エース、

カーペンドラ、クラフトロルを召喚し総攻撃、ユウディアスのモンスターを全滅させます。

こうしてピンチになっても逆転できるのがラッシュデュエルだと教えつつ。

 

ユウディアスのターン、ドロー。

遊飛は下級モンスターの打点ではライフが0にならないと判断しつつ

相手がアドバンス召喚してきた場合の備えを用意していました。

しかしユウディアスが召喚したのは攻撃力1600の下級モンスター、トランザム・ライナック。

1500打点を上回るモンスターに遊飛は驚愕しています。

このライナック、ユウディアスは自分にそっくりなモンスターだと感動していますが

遊飛と遊歩は言う程にてないなと思っています。うんまあそんなに似てないかな・・・。

それはともかくとして1600打点のライナックの攻撃により

遊飛のライフは0となってしまいました、ユウディアスの勝利です。

ところでこの状況、別段ライナックが出てこなくとも

1500打点が2体出て来てもそれで負けていたんじゃないでしょうか。

 

ユウディアスが勝ったという事で王道兄妹は約束通りに彼について色々協力を約束します。

そしてユウディアスの方も色々と教えてくれた2人に対して何かあれば力を貸すと言います。

というわけでユウディアス君、UTSに入社しました。

何気に遊歩の机が社長という事で他2人よりちょっと豪華なのがコマかいですね。

ユウディアスのお仕事は電話応対です。

未来の話に見えるのにこの時代に黒電話あるんだなぁ・・・。

早速警報・・・もとい電話が鳴ったのでユウディアスに対処を求めます。

ユウディアスは目からビームを出して黒電話を破壊しました。

そっかぁ・・・ビーム出せるのかぁユウディアス君・・・。

新たにベルギャー星人を新入社員に迎えた宇宙人トラブル相談所、

その前途は多難の様子です。

所で他の888万の同胞はどうしたのでしょう?

 

 

 

 

 

というわけで新番組ゴーラッシュ!!の待望の第1話でした。

やはり第1話という事でかなり初心者を考慮したチュートリアルでしたが

まさかパックの開封から始めるとはさすがに予想GUYでした。

ユウディアスはやや侍風の離し方でありつつも大分天然入ってて面白いキャラですね。

全体的に右も左も分からないユウディアスに遊飛と遊歩が色々教えるという

異文化交流、異星間交流の王道を行ってる感じです。

遊飛は色々と弄られ役なポジションが板についてきそうな印象ですね。

今後も体を張った活躍をしそうです。

遊歩は全体的に優等生かつ腹黒そうな印象ですが

今後ユウディアスに対する態度がどうなるかが気になる所ですね。

この手の話は異星間恋愛もテンプレの1つですからね。

 

ちなみにエンディングにおいて眼鏡をはずしている遊歩の姿が見れます。

遊歩の眼鏡、視力の矯正というよりもスカウター的な機能でつけてる感じなので

もしかしたら眼鏡をはずしている姿もたびたび出てくるかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

次回予告 第2話 「迷惑異星人監視機構」

公式予告

 

ユウディアスを迎え入れたUTSの前に

「迷惑異星人監視機構」、通称UTSのエージェントである蒼月マナブがやってきます。

どうやらユウディアスは不法滞在異星人扱いされるようでデュエルするようですね。

まああからさまに蒼月ガクトの子孫と思われる感じですね。

 

大人のUTSスタッフの姿として前作の面影のあるキャラが出て来てます。

これだけ似てるという事は本人が成長した姿である可能性が高いですね。

 

 

コメント