【ラビュリンス】遊戯王OCGテーマ考察 テーマ内からもテーマ外からも通常罠を一杯用意して自分だけのダンジョンを!

綺麗な城には罠がある?
姫の仕掛けはいつも完璧!

 

そんないかにも罠カードを主軸にしますというキャッチコピーで紹介された

罠だらけの迷宮を作り上げて対戦相手と言う名の侵入者を迎え撃つ

デッキビルドパック タクティカル・マスターズに登場する新テーマ、

その名も【ラビュリンス】について紹介したいと思います。

 

 

 

テーマ特徴

テーマの特徴を挙げると以下の通りです。

・罠を設置した城で侵入者を迎え撃つお姫様のテーマである

・闇属性悪魔族のテーマでありEXデッキにはあまり依存しない

・テーマ用の通常罠とテーマ外の通常罠の両方を積極的に活用していく

・通常罠によってモンスターを除去する事で大きなアドバンテージが得られる

・フロアひとつ借り切った完璧な工房だ。結界24層、魔力炉3基、猟犬代わりの悪霊、魍魎数十体、無数のトラップ、廊下の一部は異界化させている空間もある。

 

お城の主たる姫に召使となる侍女、

それからお城を守る魔神像や家具に扮したモンスターと中々バリエーション豊かなラインナップです。

イメージ的にはお城にたくさん罠を設置して侵入者を迎え撃とうという感じなのでしょう。

恐らくはゲームジャンルにおけるタワーディフェンス、

もしくは刻命館シリーズがモチーフになっていると思われます。

 

なお侵入者たるヘラヘラスマイリーめいた騎士は滅茶苦茶強いようで

城に仕掛けられた罠を無表情のまま淡々と突破していっています。

 

テーマ名は迷宮を意味する「ラビリンス」の語源にもなった

ギリシャ神話におけるミノタウロスを閉じ込める為の迷宮である

「ラビュリントス」から来ているものと思われます。

白銀の城のラビュリンスも角があり巨大な斧を持っている事から

ミノタウロスがモチーフなのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

テーマ外の汎用的な通常罠を積極的に活用する

このテーマの特徴はなんといっても通常罠の運用能力でしょう。

例えば白銀の城のラビュリンスは墓地から通常罠をセットが可能であり

さらに通常罠で相手モンスターがフィールドから離れた時に

追加で相手のフィールドや手札のモンスターを破壊してしまう事が可能です。

その他にも通常罠によって相手モンスターを除去した時に

墓地から蘇生したり手札に戻ったりする白銀の城の火吹炉や白銀の城の竜飾灯、

専用の通常罠に除去効果を付与するフィールド魔法である白銀の迷宮城など

テーマに属するモンスターや魔法罠が全て何かしら通常罠に関する効果を持っています。

 

同時に白銀の迷宮城やラビュリンス・セッティング、

フェアーウェルカム・ラビュリンスなどの魔法罠は

「ラビュリンス以外の通常罠」というテーマ以外のカードを参照する効果を持っています。

これによりテーマ用の通常罠だけでなく

様々な通常罠を積極的に駆使して戦っていく事を求められます。

単純に罠カードを主体とするテーマとしては

【蟲惑魔】や【オルターガイスト】、【ダイノルフィア】などが存在していますが

これらはある程度テーマに沿った罠カードを主軸にしているのに対して

テーマ外の汎用的な通常罠を主軸とするのが【ラビュリンス】の特色と言えます。

まさに様々な通常罠を自由にセッティングして

自分だけのお城(デッキ)を作り出すダンジョンメーカー的な側面を持ったテーマだと言えるでしょう。

 

様々な通常罠を組み合わせられるテーマですが

白銀の城のラビュリンスをはじめとして多くのモンスターは

「通常罠の効果によって相手モンスターがフィールドを離れた場合」

という発動条件の効果を持っています。

その為に強制脱出装置や激流葬、奈落の落とし穴といった

モンスターを除去する罠カードが特に組み込む通常罠の主流となってくるでしょう。

他にも白銀の城の狂時計は手札コストが必要な通常罠をサポートする効果を持ち

白銀の城の魔神像は攻撃反応系の罠をサポートする効果を持っているので

これらの条件を満たす通常罠も採用したい所です。

勿論他の通常罠を組み込んでも全然よく

悪魔族のテーマなので悪魔の嘆きなどの悪魔族サポートとも高相性です。

 

他の悪魔族も混ぜてみよう

通常罠による妨害が主流となってくるテーマですがエース的な存在もいます。

それが白銀の城の魔神像であり元々の攻撃力が2000とやや控えめながらも

墓地に通常罠の種類に応じて攻撃力が上昇する効果を持っており

積極的に通常罠を活用して墓地を肥やす事で強烈な打点を確保する事が可能となっています。

罠カードを発動する事で簡単に自己展開が可能な上に

ウェルカム・ラビュリンスでデッキから直接特殊召喚もできるので

簡単に出せる優秀なアタッカーとして活躍してくれるでしょう。

 

闇属性悪魔族で統一されている悪魔族に関係する効果を持つカードもいくつかあるので

他の悪魔族をデッキに混ぜる選択肢も存在します。

特に各種悪魔嬢は通常罠に関係する効果持ち同士という事でデッキに混ぜやすいでしょう。

 

 

何はともかく汎用の通常罠を強力にサポートするテーマであり

同時に様々な通常罠をデッキに組み込んでいく楽しさがあるテーマです。

現在1000種類を超える通常罠から好きなものをセッティングして

自分だけの素敵なお城を作り対戦相手を丁重におもてなしいたしましょう。

今後新しい汎用通常罠が出る度に拡張性が広がっていくのも魅力です。

 

個人的に相性がいいと思うカード

トリック・デーモン

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが効果で墓地へ送られた場合、
または戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「トリック・デーモン」以外の「デーモン」カード1枚を手札に加える。

効果で墓地へ送られた場合か戦闘破壊された場合に

デーモンと名の付くカードをサーチできる悪魔族です。

悪魔の技と極めて相性がよくあちらの効果でデッキから直接このカードを墓地へ送る事で

2枚目以降の悪魔の技や白銀の城の魔神像をサーチ可能です。

白銀の城の竜飾灯と同じくレベル3の悪魔族なので

一緒に採用する事で魔界発現世行きデスガイドを混ぜやすくなる利点もあります。

 

 

絶対王 バック・ジャック

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手ターンに墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくり、そのカードが通常罠カードだった場合、
自分フィールドにセットする。
違った場合、そのカードを墓地へ送る。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。

墓地に送られる事でデッキトップ3枚を好きな順番で戻しつつ

相手ターンに墓地から除外する事でデッキトップをめくり

それが通常罠であればセットできるレベル1悪魔族です。

①の効果が通常罠を主体とする【ラビュリンス】にとってはありがたく

通常罠の比率が高めになるので②の効果で安定して通常罠をデッキトップに置きやすいです。

こちらも悪魔の技でデッキから直接墓地へ送る事ができるのもポイントで

手札に来た場合にも白銀の城の火吹炉などで手札コストにする事で発動条件を満たせます。

 

 

絶対不可侵領域

通常罠
自分のスタンバイフェイズに発動する事ができる。
手札からカードを1枚捨てる。
相手は次の相手ターンに通常召喚・特殊召喚ができない。

手札コスト1枚で次の相手ターンの通常召喚、特殊召喚を封じる通常罠です。

強力なロック効果を持っていながらも発動タイミングの関係で使いづらさのあったこのカードですが

【ラビュリンス】であればフリーチェーンでセットができる

白銀の城の火吹炉や白銀の城の竜飾灯により大幅に使い勝手が改善されます。

 

 

心太砲式

通常罠
①:自分または相手のモンスターの攻撃宣言時、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

自分か相手の攻撃宣言時にフィールドのモンスターをデッキに戻せる通常罠です。

白銀の城の魔神像が持つ

「攻撃宣言時にのみカードの発動ができる通常罠をデッキからセット」

に対応する攻撃反応罠の1枚でありその中でも

自分の攻撃でも発動させられるカードの1枚となっています。

相手の攻撃を待つ事なく効果の発動が狙えるので攻撃反応罠の中でも使い勝手は高いです。

白銀の城の狂時計によってセットしたターンでも使えるのもポイントです。

 

スポンサーリンク

 

カードリスト

白銀の城の狂時計(ラビュリンス・クックロック)
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
このターン、自分フィールドに「ラビュリンス」モンスターが存在する場合、
自分は通常罠カード1枚をセットしたターンでも発動できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
「白銀の城の狂時計」以外の「ラビュリンス」カードの効果または通常罠カードを自分が発動するために、
手札のカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札に加えるか特殊召喚する。
白銀の城の火吹炉(ラビュリンス・ストービー)
効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 0/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「ラビュリンス」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
白銀の城の竜飾灯(ラビュリンス・シャンドラ)
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1500/守 0
このカード名の①②効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「ラビュリンス」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを手札に加える。
白銀の城の召使い アリアンナ(ラビュリンス・サーバンツ アリアンナ)
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守2100
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「白銀の城の召使い アリアンナ」以外の「ラビュリンス」カード1枚を手札に加える。
②:自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
その後、以下の効果を適用できる。
●手札から、悪魔族モンスター1体を特殊召喚するか、魔法・罠カード1枚をセットする。

wiki

 

白銀の城の魔神像(ラビュリンス・デーモン)
効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2000/守2800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:罠カードが発動した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
攻撃宣言時にのみカードの発動ができる通常罠カード1枚を
デッキから選んで自分フィールドにセットする。
③:このカードの攻撃力は自分の墓地の通常罠カードの種類×400アップし、
相手は「白銀の城の魔神像」以外の悪魔族モンスターを攻撃対象に選択できない。
白銀の城のラビュリンス
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2900/守1900
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の通常罠カードの発動に対して、相手はモンスターの効果を発動できない。
②:自分の墓地の通常罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードは、
自分フィールドに悪魔族モンスターが存在しない場合には発動できない。
③:自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
相手の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊する(手札からはランダムに選ぶ)。
白銀の迷宮城(ラビュリンス・ラビリンス)
フィールド魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:セットされた「ウェルカム・ラビュリンス」通常罠カードを自分が発動した場合、
その効果に以下の効果を加える事ができる。
●フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
②:自分が「ラビュリンス」カード以外の通常罠カードを発動した場合に発動できる。
自分の手札・墓地から悪魔族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
ラビュリンス・セッティング
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、
「ラビュリンス・セッティング」以外の「ラビュリンス」魔法・罠カード2枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
さらに、自分フィールドに悪魔族モンスターが存在する場合、
戻した数だけデッキから「ラビュリンス」カード以外の通常罠カードを選んで
自分フィールドにセットできる(同名カードは1枚まで)。
ウェルカム・ラビュリンス
通常罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:デッキから「ラビュリンス」モンスター1体を特殊召喚する。
このカードの発動後、次のターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしかデッキ・EXデッキから特殊召喚できない。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
フェアーウェルカム・ラビュリンス
通常罠
①:自分フィールドに悪魔族モンスターが存在する場合、
自分または相手モンスターの攻撃宣言時に、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その攻撃を無効にし、対象のカードを破壊する。
その後、手札・デッキから「ラビュリンス」カード以外の
通常罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。
ラビュリンス・バラージュ
通常罠
①:「ラビュリンス・バラージュ」以外のセットされた通常罠カードを自分が発動した時に発動できる。
このカードの効果は、その通常罠カード発動時の効果と同じになる。
このカードの発動後、次の相手ターンの終了時まで自分の効果で発生する相手への効果ダメージは0になる。
悪魔の技(デーモン・グリッチ)
通常罠
①:自分フィールドに悪魔族モンスターが存在する場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、デッキから悪魔族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

wiki

 

コメント

  1. 匿名 より:

    FPS(神碑)、ボードゲーム(ヴァリアンツ)、タワーディフェンス(ラビュリンス)

    他のゲームがモチーフなのは初期の原作遊戯王らしい

タイトルとURLをコピーしました